創楽トップ
souraku.jp

創楽『富山(とやま)の滝 37選』
魚津市・沌滝
このページでは富山の滝37選より魚津市に沌滝を紹介します。片貝川の支流である沌滝川ある岩苔の鮮やかな緑の中を流れ3段約25メートルの段瀑

創楽『富山の滝 37選』
魚津市・沌滝


魚津市 沌滝

「富山の滝37選」
冨山県が県民の自然保護意識の高揚を
図ると共に、自然と親しめる場の創造に
資することを目的として、平成3年4月に
「とやまの滝」37ヵ所を選定されました。

富山の魅力

富山の山 富山の滝37選 富山のご利益・パワースポット 富山のマラソン・トレラン大会一覧
立山連峰・ギャラリー B級グルメ 名水 マラソン大会
  山一覧(目次・サイトマップ) 創楽・登山ホーム 創楽トップ



 

魚津市 沌滝
はじめに


魚津市 沌滝
富山県が選定した「富山の滝」にも選定され
ている滝片貝川支流の沌滝川にある岩苔の鮮
やかな緑の中を流れ3段約25メートルの段瀑
(段々に分かれて落下する滝)
で周囲の緑に囲まれている。滝の落下地点よ
りその後も幾筋にも別れ滝状に流れ落ちる。
自然美を感じさせれられます!

この沌滝の周辺は、樹齢数百年に達するトチ
ノキ林に覆われ、気軽なハイキングコースと
して訪れる人も多い場所


今回の訪問


沌滝の歩道は滝の展望台手前に沌滝川を渡りま
すが、水量が多く渡れない状態でした。

その為、展望台より離れた地点からの撮影と成
ります。沌滝に訪れる際は水量が少ない時期
長靴を履いて行くことをオススメします!




魚津市 沌滝
アクセス・滝案内


沌滝は、片貝川上流に位置する。
アクセスは片貝川 平沢橋から沌滝駐車場まで
紹介致します。


片貝川 平沢橋


ヤフー地図より平沢橋の位置



平沢橋を左折します。



平沢橋を通過すると
沌滝駐車場までのアクセスマップ
が有ります。橋から沌滝駐車場まで
黄色い線を記載しました。



平沢橋を通過して左折した道の様子
左川に片貝川が流れてます。
車幅は一車線です。



しばらく進むと沌滝まで0.7kmと表示した
案内板が有ります。



案内板に従い鋭角に曲がります。
大きい車は切り返しが必要だと思います。





鋭角に曲がって沌滝までの道幅も
狭いです。車が一台通れる程度



しばらく進むと
沌滝の案内板がある
沌滝 入口に到着します。



沌滝 案内板
付近に駐車場が有ります。
殆ど道の路肩です。



沌滝案内板より遊歩道にて沌滝
滝見台まで行きますが

途中、沌滝川を渡りますが、
増水時は渡れません大変危険です。
水量が少ない時期でも出来れば長靴を
オススメします。





案内板より沌滝川の左側の
木階段を登ります。



砂防ダムの脇を通過コースは左に折れる。
階段状のコースジグザグに急勾配を登ります。



遊歩道より脇に流れる「沌滝川」川と言よりも
沌滝川その物が「滝」と感じる。
急斜面を流れてます。幾つも別れ滝状に流れる
沌滝川がとても美しい



ジグザグの木階段を登ると



道はY字路となる
正面に右側「滝見台」の標識があるので
Y字路より右側に進みます。



滝見台 標識UP



しばらく進むと
正面に大岩が見えてくる。



その大岩の脇が「沌滝川」
大岩より向こう岸に渡りたいが増水にて
渡れない状況・・・この状況より滝見台から
の撮影は次回の楽しみとした。



今回、大岩付近から
沌滝を撮影、殆ど三段に見えませんが、
何とか撮影しました。滝の落下地点より
その後も幾筋にも別れ滝状に流れ落ちる
沌滝川が美しい!





沌滝は
3段約25メートルの段瀑
(段々に分かれて落下する滝)
です。

次回滝見台からの沌滝を撮影予定


<
帰路より平沢橋から見た毛勝山
片貝川が美しい



魚津インターより平沢橋までの道中より
正面に毛勝山



同じく魚津インターから平沢橋までの
道中より僧ヶ岳

僧ヶ岳・登山は
こちらへ



魚津 片貝川上流
沌滝付近の観光案内






創楽 富山の滝37選


富山の魅力

    
富山の山 富山の滝37選 富山のご利益・パワースポット 富山のマラソン・トレラン大会一覧
立山連峰・ギャラリー B級グルメ 名水 マラソン大会
  山一覧(目次・サイトマップ) 創楽・登山ホーム 創楽トップ



富山の情報発信サイト|いいまち富山
富山の情報発信サイト|いいまち富山

創楽 富山の山歩き

立山連邦ギャラリー
富山に遊びに来られ!

創楽 登山

創楽ホーム



ページのトップへ戻る