創楽・登山
souraku.jp

『創楽 登山』
富山県魚津市の山
僧ヶ岳には3本の登山ルートがあるが、その中で最も厳しい東又ルートを紹介します。
①はじめに・アクセス

富山の山 僧ヶ岳・登山
①東又ルートはじめに・アクセス


毛勝谷より僧ヶ岳の景観


僧ヶ岳 登山・カテゴリ

        
①はじめに・アクセス ②登山口→成谷山ルート紹介 ③成谷山→僧ヶ岳ルート紹介
④6月東又ルートで見かけた花 関連 烏帽子尾根ルート僧ヶ岳 関連 残雪期 毛勝山・登山
創楽・登山ホーム サイトマップ(もくじ) 富山の山



はじめに


僧ヶ岳は、北アルプス
立山連峰の最北端に有る大きな山である。

富山県・魚津市からは、その大きな山容を見る
ことが出来ます。地元では、登山をしない人々
にも、その名は広く知られて下ります!
山名は、5月中旬の雪形が「僧が尺八を吹き、
馬を引く姿」に似ている所からきていますが
昔は、「仏ヶ岳」と呼ばれ山岳宗教に縁が深
い。詳細はこちらへ


登山コース
僧ヶ岳の基本的はコースは3本有ります。

宇奈月町から登る・宇奈月尾根コース
黒部市から登る・烏帽子尾根コース
魚津市から登る・東又コース



その昔、戦時中は北駒ヶ岳からモリブデン鉱
石を運び出していた宇奈月尾根が登山道とし
ては最もし親しまれていたが、最近では登山
口が標高1280mで有り最短で僧ヶ岳に登れる
「烏帽子尾根コース」が最も人気が有ります

「東又コース」は、登山開始後、いきなりの急
勾配にて一般登山者には人気が無いと有りま
す。今回の登山は、トレーニングも兼ねてま
すので、「東又コース」を選んでの僧ヶ岳登
山となります。



3本の登山コース図




登山データ

     
山名 僧ヶ岳(そうがだけ) 標高 1,855m
場所 富山県 魚津市 宇奈月町
ルート 東又ルート
東又谷登山口→成谷山→僧ヶ岳


標高差 約1,128m(東又ルート)
累積標高+1,255m
累積標高-127m

所要時間 2時間20分
     (標準1.5~2.0倍)
下り
所要時間 約1時間51分

 東又谷登山口→僧ヶ岳 沿面距離 5,203m
 往路ピストン 沿面距離10,406m
コース時間等、詳細

上り
東又谷登山口 標高713m 6:10出発

伊折山 標高1350m 7:10着
登山時間1時間00分 距離1,267m 標高差637m


伊折山 標高1,350m 7:10出発

成谷山 標高1,600m 7:40着
登山時間30分 距離1,577m 標高差250m
東又谷登山口より
登山時間1時間30分 距離2,844m 標高差887m



成谷山 標高1,600m 7:40出発

僧ヶ岳 標高1,855m 8:30着
登山時間50分 距離2,259m 標高差255m
東又谷登山口より
登山時間2時間20分 距離5,203m 標高差1,128m



下山
僧ヶ岳 8:40

成谷山 9:23

東又谷駐車場駐車場 10:38
関連 山小屋 片貝山荘
登山・水場 06月12日(晴れ→曇) 単独
水場 なし
登山ルート



カシミール軌跡地図より東又ルート

東又コースは、「東又谷登山口」から「伊折山」
まで、いきなりの急坂から始まります。カシミー
ルにで調べた結果「登山口」標高713mから「伊
折山」標高1350mまでは標高差637m沿面距離
1,267mでした。この区間は、至るところに固定
ロープが張られており急勾配です。

ペースはゆっくり登りますが、ここからの景観は
「毛勝山」の景観がとても綺麗に見えます。絶好
の「毛勝山」のビュースポットと言った所でしょ
うか?樹林帯が多いコースも傾斜が緩やかになり
だんだん視界が開け、「駒ヶ岳」も見え始め、
「伊折山」から30分程度で三角点がある「成谷
山」に到着します。ここからは、目指す「僧ヶ
岳」がとても綺麗に見え、高い樹林も無いので
とても歩きやすく「僧ヶ岳」に頂に到着します
が、今回の登山は6月中旬なので、残雪があり
スリップや道迷いに注意と感じました。


登山ルート・カシミール標高グラフ


カシミール標高グラフ
東又ルート

沿面距離 5,203m

標高差 1,128m
累積標高差 プラス1,255m
累積標高差 マイナス127m

所要時間 2時間21分

登山開始より伊折山までの斜面が急勾配である
事が伺えます。


登山道3Dイメージ


登山コース3Dイメージ


関連
消費カロリー 上り1,352kcal 下り944kcal
合計2,296kcal 体重60kg



僧ヶ岳・登山
登山口までのアクセス


アクセスは、先ず
片貝川上流を目指します

片貝川より、上流の「僧ヶ岳登山口」の駐車場を
目指しますが、6月には残雪が多く、「片貝第四発
電所」に車を駐車して登山口まで車道を歩きまし
た。大体、「片貝第四発電所」から「東又谷登山
口」まで約2,800mあります。登山口まで車の
乗入れは、最新のヤマレコ等で確認することを
オススします。



僧ヶ岳の山行記録



先ずは片貝川沿いの道路にて「片貝第四発電所」を
目指します。



「片貝第四発電所」には大きな
駐車場があります。



「片貝第四発電所」の先が車の乗入れが出来な
い場合は、この駐車場に車を駐車します。
残雪期の毛勝山もここで駐車します。



グーグルマップより
片貝第四発電所の位置



「片貝第四発電所」から「東又谷登山口」までの
車道区間地図です。この区間を今回歩きました。



片貝第四発電所に車を駐車して片貝川沿いを歩
きます。大体35~40分程度歩くと「片貝東又発電
所」が見えてきます。この発電所のそばに無人の
「片貝山荘」があります。



「片貝東又発電所」を横目にしてそのまま
直進します。道はとても狭いです。もし
この地点まで車が乗り入れる事が出来ても
小型車をオススメします。



しばらく歩くと「僧ヶ岳登山口」の
プレート地点に到着します。ここが
登山口です。所要時間は「片貝第四発電所」
から「登山口」まで大体50分程度だと思いま
す。



登山口には「僧ヶ岳」まで
6km・5時間と記載されておりました。



グーグルマップより「東又谷登山口」の位置



登山口付近に駐車場がありました。
今回は、ここまで乗入れは出来ませんでしたが・・・


次のページでは
登山口→成谷山までのルートを紹介します。




このページのまとめ


【1】
残雪期など「登山口付近の駐車場」まで車の
乗入れが出来ない場合がある。その場合は、
「片貝第四駐車場」に車と駐車する。その場合
「東又谷登山口」まで大体距離で2,800m 
徒歩だと所要時間50分程度掛かると思われ
ます。車の乗入れはヤマレコ等、最新情報を
確認して下さい。


【2】
登山道は、登山開始直後から急勾配となります。
ペース配分に注意して下さい。登山道には水場
は確認できませんでした。十分持参する事を
オススメします。







②登山口→成谷山ルート紹介

僧ヶ岳 登山・カテゴリ

        
①はじめに・アクセス ②登山口→成谷山ルート紹介 ③成谷山→僧ヶ岳ルート紹介
④6月東又ルートで見かけた花 関連 烏帽子尾根ルート僧ヶ岳 関連 残雪期 毛勝山・登山
創楽・登山ホーム サイトマップ(もくじ) 富山の山



  

創楽 富山の山

創楽 登山

山一覧(もくじ)

山と自然 安全のための知識と技術

創楽トップ


ページのトップへ戻る