富山の滝37選 岩室の滝
アクセス・滝の全容



富山(とやま)の滝37選
岩室の滝





由来

白岩川の支流である虫谷川にかかる滝
落差24m 幅6mの直爆で
滝つぼにめがけて
まっすくに落下してます。

滝壺の直径は10m
水深は5mほどです。

滝に向かって右側に横穴があるが、
これは軟弱な泥岩が
逆巻きながら落下する水や、
滝の飛沫で削らて出来たもので

「岩室の滝」

の名がついたと思われてます。

滝の両側が、高さ40mの
集塊岩
の岩壁になっており
長い年月の間に
これらの岩石が水の力で浸食されてできた
滝であることがよく分かります。

また天然記念物の指定されており
とやまの滝37選にも選定されている。




富山(とやま)の滝37選


冨山県が県民の
自然保護意識の
高揚を図ると共に、
自然と親しめる場の創造に
資することを目的として、

平成3年4月に


[とやまの滝]

37ヵ所を選定されました。









アクセス





立山町
郷土資料館
付近の交差点より紹介します。




ヤフー地図より
交差点の位置







案内板UP

スーパー農道から来ているので
この十字路を直進します。







しばらく進むと

直進 岩室の滝100m
左折 大観峯 2.3km


の案内板がある

ここを直進する。






案内板より
岩室の滝について
記載あります。











案内板より
約100m進むと 道路右側に
岩室の滝の標識が見えてくる。

標識の手前に車が1~2台程度
駐車できる
スペースがある。







岩室の滝
標識

とやまの滝37選と書かれている。



グーグルマップより
岩室の滝







岩室の滝 標識
の隣には

岩室の滝 由来など
紹介プレートが有ります。







岩室の滝 標識より
舗装された歩道を下ります。







しばらく進むと
写真の様な橋を通過します。







橋からも岩室の滝を見る事が出来るが
橋を通過して左にある階段を登り

滝の展望台に進みます。












展望台より

岩室の滝

ひんやり、美しい光景である。


写真より左下に手摺が見えるが
ここも展望台(第二)


先程の橋に戻り
右折して、第二の展望台に進みます。







ページ最初に紹介した

滝の両側が、
高さ40mの集塊岩の岩壁

長い年月の間に
これらの岩石が水の力で
浸食されてできた
様子がよく伺える。










岩室の滝
由来でもある

軟弱な泥岩が飛沫で削られた
横穴が神秘的である。









第二展望台より

上部の展望台・橋の様子

富山市中心街より40分程度の位置とは
思えない程、緑の覆われ
自然を感じる空間

称名滝とは違い
観光客も少なく
ひっそり、滝の音しか聞こえない

癒しを求める方には
最適な場所と感じます。