富山の滝37選 (井波)不動滝・不動滝の霊水
アクセス・滝の全容


富山(とやま)の滝37選
井波・不動滝
不動滝の霊水



赤祖父林道より不動滝の霊水


井波 不動滝


木彫りと寺の町、井波の町並み
の背後に覆いかぶさる
そびえる八乙女山(標高756m)

そこから東と西へと、
東大谷川ち西大谷川
の二つの川が流れ下っている。

不動滝は
西大谷川の支流である

赤岩川

にかかる。

里に近く、すぐ近くを
赤祖父林道が通り、
車で訪れる事が出来る。

落差40m、流下の様子が
白布(はふく)に
包まれた不動尊を想起
されることから
この名がある。





不動滝の霊水

この滝から岩山を一つ越した
北斜面に岩壁から清水が
噴出している。
これが古来から里人に語り継がれている

「不動滝の霊水」

である。

江戸時代の天保のころ
百日もの干天が続き作物
が枯れ、井戸水も枯れて
疫病が広がった。

その時
この清水を
飲んで蘇ったという。


命の水である。

井波の常永寺の住職
が、この霊水を捧げ
21日間、不動滝に祈ると
満願の日の夕刻に
雨が降って山野を潤し
万物が蘇ったと伝えられている。


今も、四季を通じ冷たく澄んだ
岩清水が湧き出している。

 なお、この一帯は、複雑な水脈が交差する断崖渓谷
が連なり、多くの場所から水が湧き出ているため、

古来から竜神が棲む神秘の場所と伝えられている。
(環境省の「平成〉の名水百選」選定名水)


また8月に
この故事に習い
不動滝祭りとして続いている。

最近の水ブームでポリタンクにもって訪れる
人が列をなすほどの賑わいを
みせている。

冬場は積雪により林道が
閉鎖されるため車では行くことが出来ません。









不動滝・案内板より

読みづらいが、
不動滝・不動滝の霊水について
記されている。










写真による
アクセス・滝案内






井波・不動滝 不動滝の霊水は
林道 赤祖父線にある。

赤祖父線の入り口は
下記のヤフー地図を参照して下さい。



林道 赤祖父線
入口の位置です。


注意
不動滝・不動滝の霊水などの
案内標識は有りません







林道 赤祖父線は
すれ違いが、困難な程の
狭い道ですので注意してい下さい。






細い林道が、開け
不動滝・不動滝の霊水に到着する。

平日だが、とても賑わっている。




ヤフー地図より
不動滝・不動滝の霊水
の位置






駐車場が整備されている。
5台程度、駐車可能





休憩スポット(憩いの広場)も
整備されている。












不動滝





不動滝は
不動滝の霊水より遊歩道が整備されている。


10~15分程度
歩けば不動滝に到着します!






不動滝 遊歩道は
林道 赤祖父線より整備された階段からスタートします。







赤岩川沿いに付けられた林道を歩きます。





滝見橋を通過






滝見橋より
不動滝

緑の茂みの中央に
不動滝が見える!





階段状のコースを登ります。







階段を登ると
前方に不動滝が見えて来ます。








不動滝
に到着

ベンチが整備され
ゆっくり滝見物が出来ます!















ベンチが整備された地点より
滝壺に下る事が出来ます。

足元が悪いので注意です!








滝壺地点より

井波 不動滝の全容


周囲が緑の覆われ
大自然が残る。


落差40m、流下の様子が
白布(はふく)に
包まれた不動尊を想起
されることから
不動滝と呼ぶ














不動滝
遊歩道・滝の様子
動画











とやまの名水

不動滝の霊水




とやまの名水とは


富山の水がもつ

“きれいさ・ゆたかさ・すばらしい水環境”

を、県内だけでなく、全国の人たちに知ってもらうために、
富山県が専門家の意見をもとにえらんだ場所のこと。

昭和61年2月に選ばれた55件と、
そのあと平成18年に選ばれた11件を
合わせた66件を

「とやまの名水」

と呼んでいます。


とやまの名水
詳細は
こちらへ






不動滝の霊水


この滝から岩山を一つ越した
北斜面に岩壁から清水が
噴出している。
これが古来から里人に語り継がれている

「不動滝の霊水」

である。

江戸時代の天保のころ
百日もの干天が続き作物
が枯れ、井戸水も枯れて
疫病が広がった。

その時
この清水を
飲んで蘇ったという。


命の水である。

井波の常永寺の住職
が、この霊水を捧げ
21日間、不動滝に祈ると
満願の日の夕刻に
雨が降って山野を潤し
万物が蘇ったと伝えられている。


今も、四季を通じ冷たく澄んだ
岩清水が湧き出している。

 なお、この一帯は、複雑な水脈が交差する断崖渓谷
が連なり、多くの場所から水が湧き出ているため、

古来から竜神が棲む神秘の場所と伝えられている。
(環境省の「平成〉の名水百選」選定名水)


また8月に
この故事に習い
不動滝祭りとして続いている。

最近の水ブームでポリタンクにもって訪れる
人が列をなすほどの賑わいを
みせている。









環境省は、
2008年7月の北海道洞爺湖サミットの開催にちなみ、
水環境保全の一層の推進を図ることを目的に、
昭和60年に選定した「名水百選」に加え、
新たな名水として「平成の名水百選」を選定しました。

 富山県からは次の4件が
「平成の名水百選」として選定されました。

 県内で選定された「平成の名水百選」

 全国で100件選定された「平成の名水百選」のうち、
県内で選定された4件の名水は以下のとおり

 昭和60年に環境庁により選定された
「名水百選」とあわせると、選定数は8件となり、
熊本県と並んで全国最多となります。

名 称 所在地
いたち川の水辺と清水
(いたちがわのみずべとしみず)
富山市大泉本町
~今木町
弓の清水
(ゆみのしょうず)
高岡市常国
行田の沢清水
(ぎょうでんのさわしみず)
滑川市上小泉
不動滝の霊水
(ふどうだきのれいすい)
南砺市大谷








水量は多く

水質はアルカリ性・上市、穴の谷霊水とよく似ており、
腐らない水として有名である。







平日にも
関わらすおおくの方が、水を汲んでました。

リピーターが多い様です!




不動滝の霊水
動画案内
分かり易い



自然に抱かれる
不動滝は迫力がある。

遊歩道は、歩きやすい

不動滝の霊水は
ポリタンクで持ち帰りました。
とても美味し!!


滝見物の際は
ポリタンク持参をオススメします。


















 
井波の観光
井波周辺の日帰り温泉