八郎坂から登る 弥陀ヶ原・室堂
天狗平→地獄谷



八郎坂 弥陀ヶ原・室堂 登山

 創楽・登山ホーム  ①八郎坂・弘法  ②八郎坂からの景観  ③弘法~弥陀ヶ原
 サイト・マップ   ④獅子ヶ鼻→天狗平   ⑤天狗平→
地獄谷歩道
 ⑥地獄谷→
室堂・総括





注意

2012年

地獄谷は有毒ガズより
地獄谷歩道の周辺は、噴気活動が拡大活発化しており、
火山ガス中毒の事故発生リスクが高まっているため、
平成24年度より当面の間、通行止めとなりました。

詳細情報は
こちらへ








前のページより、高原バス道路を徒歩で行き、
ソーメン滝展望台より立山を写しました。











ソーメン滝展望台より撮影したソーメン滝です。
バックには別山が美しい










このページで紹介する区間
ソーメン滝 展望台に位置を描写しました。




天狗平から再び歩道に入ります。歩道には所々ベンチが有り、
食事など楽しんでいる方が多い!
写真にも中央少し右側に高原を楽しんでいるグループが見える。
ここから目指す地獄谷までまだ90分です。









歩道入口にあった案内図です。散策など参考に成ると思います。






歩道に写真家達が大勢、正面の立山に目もくれず、
左側にファインダー向けています。一体何を写しているのか?







何と剱岳であった!前ページの天狗平では、
山頂しか見えなかったが、
ここでは見事に見える。

自分も感動して写真を取りまくる。
時間的に12時を過ぎるとガスが掛り見えない
ことが多いと聞いてるが、とてもラッキーでした。

八郎坂から歩いた甲斐があったと感じる。
三脚を立て熱心に撮影している方に、どちらから来られましたか?と尋ねると
 近くだよ!と返事が返って来る。

よくよく聞くと何と京都からこの剱岳を撮りに来ておられました。
写真家は凄すぎる!










剱岳UP













写真家の大勢が剱岳を撮影していた場所です。
○で囲んでいる所です。剱岳は1時の方向です。










歩道は木道から整備された道と成ります。
風景は岩場と榛松・紅葉が調和する。正面の立山が綺麗です。
室堂ターミナルが見えてきます。






室堂ターミナル付近では、整備された歩道から、小石の道と成ります。
岩が多い、浄土山も目の前です。この後、コースは地獄谷を
目指し左に折れます。直進は室堂ターミナルです。











地獄谷にコースを変えた分岐点の地図です。



注意

2012年


地獄谷は有毒ガズより
地獄谷歩道の周辺は、噴気活動が拡大活発化しており、
火山ガス中毒の事故発生リスクが高まっているため、
平成24年度より当面の間、通行止めとなりました。

詳細情報は
こちらへ






地獄谷歩道 通行止め案内あります。
行かれる方は参照して下さい!





2008.10.4 室堂周辺の紅葉は終わっていたが、
ここ地獄谷 歩道はまだ所々紅葉している。









地獄谷歩道から見た剱岳です。天狗平付近とは、
また違った角度です。下から上がってくるガスと剱岳の調和が素晴らしい!!







カシミール地図にて地獄谷歩道を描写したものです。






地獄谷に近づくにつれ、硫黄の臭いが濃くなります。












⑥地獄谷~室堂へ



八郎坂 弥陀ヶ原・室堂 登山

 創楽・登山ホーム  ①八郎坂・弘法  ②八郎坂からの景観  ③弘法~弥陀ヶ原
 サイト・マップ   ④獅子ヶ鼻→天狗平   ⑤天狗平→
地獄谷歩道
 ⑥地獄谷→
室堂・総括