創楽トップ
souraku.jp

『創楽・車』
JA11 ジムニー ターボ・ドレンホース交換
床に出来た油じみ、正体はターボ・ドレンホースからのオイル漏れ!ドレンホースの交換方法をご紹介!

JA11 ジムニー カスタム
ターボ・ドレンホース交換

JA11ジムニー カスタム(ターボ・ドレンホース交換)
SUZUKI Jimny JA11

製造から数十年経過しているJA11ジムニー!
ある日クルマに乗ろうと近づくと、床に点々と
油じみが?!その正体はターボ・ドレンホース
パイプからのオイル漏れ
でした!

このページでは、ターボからオイルパンに繋が
るドレンホースパイプの交換方法
を、写真を交
えてご紹介していきます。


SUZUKI JA11ジムニー カスタム
カテゴリー

整備・修理
ターボ・ドレンホース交換 エアフィルター交換  マフラー交換(HKSリーガル)
外装
フロントバンパー交換 H4バルブからHIDに交換 ドア・アウターパネル装着
給油キャップ カスタマイズ リアバックランプ交換 LED化 フロント車幅灯交換 LED化
内装
ルームランプ交換 LED化 ドアロックノブ カスタマイズ ドリンクホルダー取り付け
インナードアベゼル塗装 ATシフトカバー塗装 ATシフトノブ交換(他車流用)
タニグチ リアシートスライドレール取り付け    
エンジン廻り
     
足廻り
JA22トランスファー搭載    
その他
カスタム小技集    
ジムニー・ホーム 創楽・車カスタム(ホーム) 創楽ホーム



素人が作業している内容です。くれぐれも参考
程度で、自己責任の作業にてお願い致します。





コンテンツ

ジムニー JA11V オイル漏れ修理(ターボ・ドレンホース交換)
ある日、クルマに乗ろうと近づくと、床にポタ
ポタと出来た油じみが?!車体の下に潜って確
認してみると、ターボからオイルパンに繋がる
ドレンホースパイプ(写真赤丸部)からのオイ
ル漏れ
が原因でした。

ネットで情報を探すと、ここはジムニーのオイ
ル漏れ箇所としては定番らしい…。そして、ド
レンホースの交換により直るとの情報も入手!
原因特定ができたので早速修理に掛かります。


ジムニー JA11V オイル漏れ修理(ターボ・ドレンホース交換)
必要部品の入手
純正のドレンホースを注文しました。

注文したのはこちら

純正番号「13946-81050」
(ホース・取付クリップ付き)


部品はヤフオフで販売中です。


100均 台所用アルミテープ
先ず、オイルパンに繋がる下側から外します。
クリップをペンチなどで挟んで緩めずらし、ホ
ースを引っこ抜きます。このホースはタービン
に送られたオイルをオイルパンに戻す役割をし
てますが、タービンに送られるオイル量は少な
いので、ホースを抜いてもオイルがドバっと出
てくることは無いようです。


ジムニー JA11V オイル漏れ修理(ターボ・ドレンホース交換)
次に上部タービン側のクリップを緩めてずらし
ホースを下に引っ張って抜きます。こちらは隙
間が狭いので作業がしづらく、なかなか抜けて
きません。実際、無理やり引っ張ったので根本
がちぎれてしまいました。注意が必要です!


ジムニー JA11V オイル漏れ修理(ターボ・ドレンホース交換)
こちらが古いドレンホースパイプです。左が上
(ターボ側)右が下(オイルパン側)です。熱
の影響か、とても硬く硬化していました。


ジムニー JA11V オイル漏れ修理(ターボ・ドレンホース交換)
新しいホースは少し長めになっています。取り
外した古い物に合わせてカットする
との指示が
説明書にありました。今回は約1cmカット
寸法が合いました。


ジムニー JA11V オイル漏れ修理(ターボ・ドレンホース交換)
上部タービン側です。先ほども言いましたがエ
ンジンマウント等の間にあり隙間が狭いです。


ジムニー JA11V オイル漏れ修理(ターボ・ドレンホース交換)
新しいホースの取り付けです。上部から取り付
けます。ホースを真っ直ぐに押し込むのがコツ
です。根元までしっかりと差し込みます。

取り付けが不十分だとホース抜けや油漏れの
原因にもなりますので十分注意してください。


この時はまだクリップは付けていません。


ジムニー JA11V オイル漏れ修理(ターボ・ドレンホース交換)
ホース上部のクリップを取り付けます。ここで
難儀しました!このクリップは取り付け前は
丸の部品で開いた状態
になっています。ホース
の止める場所で赤丸の部品を外しクリップを閉
める
ようになっています。ホース上部は狭い空
間の為、なかなか赤丸の部品がとれません!!


ジムニー JA11V オイル漏れ修理(ターボ・ドレンホース交換)
ここでのコツは・・・

赤丸の部品をあらかじめずらしておく!

事です。これにより狭い箇所で少し部品をずら
して外しクリップを固定する事が出来ました。


ジムニー JA11V オイル漏れ修理(ターボ・ドレンホース交換)
下側はクリップを入れてからホースを差し込み
取り付けます。こちらはスペースがあり楽に取
り付け出来ます。最後にエンジンを掛け、各部
のチェックをして作業終了です。



ジムニー JA11V オイル漏れ修理(ターボ・ドレンホース交換)
その後オイル漏れも無く順調に走っています。
JA11型ジムニーは古い車ですので、時々各部
をチェックしてあげるのが良いと思います。




まとめ


【1】
JA11ジムニーのターボからオイルパンまでの
ホースは劣化にてオイル漏れが発生しやすい。
交換する場合は、純正番号「13946-81050」
が必要です。(ホースと取付クリップ付き)


【2】
交換の際は、ホースが長いので適切な長さに切
っから取付けて下さい。今回は1cm程度カッ
トしました。


【3】
取付の際、上部のターボ側がホースがしっかり
はめ込まれてのが確認してからクリップで固定
して下さい。


【4】
基本的にホース交換で内容的に簡単な作業と
思われるが、ターボ側が狭く上部にあるので
意外と時間を要した。ジャッキアップでの作
業では難しいと思われるので、しっかりした
プロショップなのでリフトアップしての
作業が望ましいと感じる。


皆さんの快適なジムニーカスタムライフを
応援しております!!





スポンサーリンク




SUZUKI JA11ジムニー カスタム
カテゴリー

整備・修理
ターボ・ドレンホース交換 エアフィルター交換  マフラー交換(HKSリーガル)
外装
フロントバンパー交換 H4バルブからHIDに交換 ドア・アウターパネル装着
給油キャップ カスタマイズ リアバックランプ交換 LED化 フロント車幅灯交換 LED化
内装
ルームランプ交換 LED化 ドアロックノブ カスタマイズ ドリンクホルダー取り付け
インナードアベゼル塗装 ATシフトカバー塗装 ATシフトノブ交換(他車流用)
タニグチ リアシートスライドレール取り付け    
エンジン廻り
     
足廻り
JA22トランスファー搭載    
その他
カスタム小技集    
ジムニー・ホーム 創楽・車カスタム(ホーム) 創楽ホーム






創楽 ジムニー・ホーム

創楽 車カスタム ホーム

創楽 登山

創楽トップ


ページのトップへ戻る