創楽トップ
souraku.jp

創楽『富山(とやま)の滝 37選』
山田村・四十ヶ滝
このページでは富山の滝37選より山田村にある四十ヶ滝を紹介します。滝の由来なども掲載しました。

創楽『富山の滝 37選』
山田村・四十ヶ滝

創楽TOP > 富山の魅力 > 富山の滝37選 > 山田村・四十ヶ滝


四十ヶ滝

「富山の滝37選」
冨山県が県民の自然保護意識の高揚を
図ると共に、自然と親しめる場の創造に
資することを目的として、平成3年4月に
「とやまの滝」37ヵ所を選定されました。

富山の魅力

富山の山 富山の滝37選 富山のご利益・パワースポット
立山連峰・ギャラリー B級グルメ 名水 マラソン大会
関連 牛嶽 関連 三段の滝
  山一覧(目次・サイトマップ) 創楽・登山ホーム 創楽トップ



 

山田村 四十ヶ滝
はじめに


富山(とやま)の滝37選

四十ヶ滝
(よんじゅうがたき)

由来
四十ヶ滝は、鍋谷川上流左岸、牛岳トンネル
下方500mの地点にあり牛岳中腹を四段に流
れ「幅7m・落差50m」の大滝です。

昔、この辺りで岩魚が一度に40匹捕れたとも、
又滝が四段に落下していることから「四十ヶ滝」
を名付けられてます。

春先には雪解け水を集め、豪壮に流れ落ち、秋
には、紅葉の中を岩肌をぬうように幾筋にも別
れて落下する。美しいさまは遠くから眺めると、

まるで白い大蛇が急峻な崖にへばりついている
様子が見えます。平成三年には、景観、歴史性、
規模などに優れふるさとの名瀑として、とやまの
滝三十七選に選定されてます。
(滝付近の案内板より)

富山(とやま)の滝37選
冨山県が県民の自然保護意識の高揚を図ると
共に、自然と親しめる場の創造に資すること
を目的として、平成3年4月に「とやまの滝」
37ヵ所を選定されました。




四十ヶ滝
アクセス・滝の全容



山田村より59号線 「鎌倉 若土」
牛岳温泉スキー場方面に進みます。



59号線より牛岳温泉スキー場には曲がらず
そのまま直進して若土ダム方面に進みます。





「山田村谷」より
鍋谷方面に右折します。



鋭角に右折します。



「山田村谷 交差点」を鋭角に曲がる様子
黄色い矢印です。



グーグルマップより「山田村谷」の位置です。




道は狭く成ります。



山田村鍋谷より四十ヶ滝まで2kmの
表示有ります。



道路の様子です。左側の道を進んで下さい!



山田村鍋谷よりしばらく進んだY字路を
右側に進みます。



「牛岳方面・庄川方面」分岐を
庄川方面に進みます。



牛岳・庄川分岐の地点
庄川方面「牛岳トンネル側」を進んで
下さい。





牛岳・庄川方面分岐から、しばらす進むと
ベンチと四十ヶ滝の案内板がある
四十ヶ滝の展望台と思われる地点に到着
します。



四十ヶ滝について案内板

しかし、このポイントからは滝の音が聞こえる
が、季節によると思いますが、目的の滝が見え
ません。

そしてしばらく、道なりに進むと



道路右側に歩道が有り
歩道を下ります。



しばらく進むと
写真の様なポイントに到着



ここから、四十ヶ滝が見えますが、
分かりますか?



答えは
四十ヶ滝は正面でした。
探すの大変でした(笑)



四十ヶ滝 UP
紅葉の時期が最高のコントラスト
期待できそうです!



四十ヶ滝・案内板から、滝がよく
見えるポイントまで



四十ヶ滝を堪能してからドライブ気分で牛岳
トンネルを通過して庄川側に抜けます。

この区間は道の状態が悪く
通行止めに成っている時期が有りますので
十分に注意して下さい。

くれぐれも自己責任でお願いします。



牛岳トンネルは一車線

トンネル内に対向車を待つ
待避所が有ります。

牛岳トンネル
トンネル内には照明が無く真っ暗である。

また牛岳トンネルの先には「三段の滝」が
あるので、合わせて見学する事ができます。
三段の滝については

こちらへ



真っ暗で不気味なトンネル内
早く通過したい物だ。



牛岳トンネル通過後
しばらく林道を進んだ
「小牧側牛岳登山口」にある案内板

牛岳登山については
こちらへ



庄川側
林道 牛岳線入口にある
案内板



牛岳線は工事中で通行止め
の期間が多いので改めて十分に
注意して下さい。






創楽 富山の滝37選


富山の魅力

    
富山の山 富山の滝37選 富山のご利益・パワースポット
立山連峰・ギャラリー B級グルメ 名水 マラソン大会
関連 牛嶽 関連 三段の滝
  山一覧(目次・サイトマップ) 創楽・登山ホーム 創楽トップ



富山の情報発信サイト|いいまち富山
富山の情報発信サイト|いいまち富山

創楽 富山の山歩き

立山連邦ギャラリー
富山に遊びに来られ!

創楽 登山

創楽ホーム



ページのトップへ戻る