創楽トップ
souraku.jp

創楽『富士山須走口登山道(須走ルート)から登る富士山』
このページでは、富士山の登山ルートの一つ須走ルート(須走口登山道)について初心者でも分かり易く紹介します!(1泊2日プラン)
⑤須走下山「砂走」ルート紹介
このページでは須走口登山道の下山ルート「砂走」について紹介致します。吉田口登山道との分岐など掲載しました。また須走口登山道全体の「まとめ」を掲載します。

須走口登山道から登る富士山・登山(1泊2日)
(⑤須走下山ルート紹介・まとめ)


富士山山頂・剣ヶ峰より大内院の景観

須走ルート富士山・登山カテゴリー

①各富士山コース紹介 ②はじめに・ルートデーター・登山口→六合目ルート紹介 ③六合目→見晴館ルート紹介
④見晴館→富士山剣ヶ峰
(お鉢めぐり・御来光)
⑤下山ルート・砂走り・まとめ・ヤマレコ
吉田ルートより
御来光・お鉢めぐり
朝霧高原上空より富士山の景観
富士山・登山ホーム 創楽・登山ホーム 創楽トップ



  

須走ルート下山はじめに


このページでは
富士山・最高峰の剣ヶ峰より須走コース
下山ルートを紹介します!
なお、近年は7月に入っても残雪が多く、剣
ヶ峰から時計周り側は残雪のため通行止めに
なる年が多い。この場合は一周できず、吉田
口山頂~富士宮口山頂~剣ヶ峰の往復となり
ます。基本的に下山は山頂から胸突江戸屋(
上江戸屋)付近までは上りと共有のコースで
有るが、略、ここから先は下り専用コースと
成ります。先ほど、山頂から胸突江戸屋(上
江戸屋)までは上りコースと共有と書きまし
たが、ブルドーザー道を通るとこの区間も下
り専用と成ります。その場合通行できる時間
が制限させてます。

ここからは略、上り・下りコースは分かれ
ますが、吉田口コースとの分岐点が有りま
すので標識には十分注意して歩きます。ま
た各コースには色指定がされており

赤色 ⇒ 須走コース
黄色 ⇒ 吉田コース


分かれており標識にも色が付けられているので分
りやすい!そして太陽館まで下りるといよいよ
そこからの下山道は砂走り砂払五合目までの約
3km殆ど真っ直ぐに下る豪快な下山道!須走口
ならではの後酸味を味わえる!

1歩で2mほど進むことができ山頂から120分
ほどで砂払五合目の「吉野屋」に着く事が出
来ます。但し「この砂走コース」ホントに走
ってしまうと勢いが付き過ぎて止まる事が出
来ず頭から転倒しそのままマンガの様にクル
クル回りながら落ちていく方を多数見受けら
れましたので「調子に乗りすぎて走らないよ
うに!」ときどき岩塊も点在しましのでそこ
で頭などを打つと笑い事では済まない事に・
注意


砂払五合目からは樹林帯で上りコースと合流し
登山口に戻ります。




コースデータの紹介




須走口登山道の全体図
青線が下山の軌跡です。太陽館から別ルート砂走
が直線的に伸びている様子が伺えます。



頂上付近の拡大地図
下江戸屋を過ぎた辺りで下山専用ルートに別れ
ている。その後再び上りルートと合流して太陽
館へ、そして再び太陽館から下山専用路「砂走
」に入って行きます。



富士山・山頂(下山)⇒須走登山口
下山ルートカシミール標高グラフ

沿面距離 6,696m
累積標高差 +111m
累積標高差 -1860m

標準所要時間 2時間40分

今回 視覚障害者(全盲者)太陽館より同行
所要時間 4時間05分
6:40山頂⇒10:45登山口到着





須走口登山道・下山ルート紹介




6:04
前ページより2001年にドームが取り外され
た富士山観測所を後にします。今回このまま
時計回りで須走ルートに戻りますが、季節(
残雪量に応じて)この区間が通行止めになり
ます。その場合は来たルートを戻る事に成り
ます。



残雪区間を通過します。正直 アイゼン無し
の為大変滑りやすく注意しながら慎重に歩き
ました。一度滑ると大内院に吸い込まそうな
フインキです!写真では分りませんが結構斜
度があります!



残雪区間通過後しばらして後ろを振り向き
残雪区間を撮影した写真です。
偶然・登山者の2名滑りコースから外れて
いる様子が伺えます。注意・注意



基本的には剣ヶ峰から須走・吉田ルート
下山口(久須志神社)までのコースは

内院コース
外院コース


の2コースに分かれる。一般的には金明水のある
内院コースを通りますが、残雪の影響で外院コー
スを利用しました。





剣ヶ峰・白山間のコースより毛無山付近を撮影



同地点よりカシミール3Dにて描写



6:35
須走・吉田ルート下山口に到着



先ほども記載しましたが、
ルートは色指定されており
黄色 ⇒ 吉田ルート
赤色 ⇒ 須走ルート
で案内されてます!



鳥居を潜り、狛犬付近を通過中



この時間になると早朝に比べると(上り)の登山
者は減ってますがそれでも多い。下山中は上りの
方との擦れ違いに注意



9合目付近のコースの様子
9合目の鳥居と御来光館が見える
コースは急勾配のジグザグコース



6:55
9合目 標高3600mに到着



9合目迎久須志神社を通過する。



上りの状態を撮影しました!
結構 急勾配!!標高が高く空気が薄いのか
皆さんゆっくり登ってました。



7:16
御来光館に到着



御来光館を過ぎてからのコースの状態
ジグザグに下りる
本八合目胸突江戸屋富士屋ホテルが見える。



7:26
上(胸突)江戸屋
吉田ルート案内標識が有りますので
間違えて行かないように!



今回は本道から下山しましたが、ブルドーザー
道側を見ると沢山の方が下山されてました。

今回は、本道で下山しましたが、下山専用の
ブルドーザー道を通った方が無難と思います。

ブルドーザー道の様子はこちらへ



上(胸突)江戸屋付近より
下山専用道を下山します。



7:34
しばらく進むと100m先吉田ルートとの分岐あり!
の案内板が有ります。



下江戸屋付近にも
吉田ルートの分岐案内が有ります。



7:35
吉田ルートとの分岐地点(下江戸屋分岐)
に到着右側・須走口五合目側に進みます。



カシミール3Dより吉田ルートとの分岐地点を描写






8:58
太陽館に到着!ここより全盲者と同行します。



太陽館よりいよいよ下山道のメイン
「砂走」略直線的なコース写真を見えても
分ると思いますが、岩の点在しております。

走って転その際に頭を岩で強打・・・・・・
と言った事に成らない様、注意区間です

この日若者が走って転倒その後、回転しながら
落ちていくシーンを見ました!

正直
笑い事でない状況である


砂走の様子
動画有りましたので共有しました。
イメージが掴めると思います。



全盲者の砂走 下山の様子
一列に並び中央に全盲者を挟み込むスタイルで
ゆっくり一歩一歩慎重に下る。



砂走コースの斜面の様子
靴は結構沈み込んでいます!ブーツ内に砂が
入る恐れが有るのでゲイターが有れば便利か
も知れません!



下山は、複数のグループにわかれ視覚障害者を
安全に誘導します。自分らのグループが休憩し
ている間に後から出発した中崎グループに先を
越されました。皆さん良い笑顔で楽しそうです!



10:19
<標高2230m
砂払い五合の吉野屋(売店のみ)に到着します!
ここで休憩を取ります。



結構スペースが広く休憩しやすい!



下山道の鳥居を通過します



その後、樹林帯で上りコースと合流し
10:45に須走口五合目に到着
登山を無事終える事が出来ました。



まとめ


【1】
登山予定日のマイカー規制情報を先ず確認


【2】
富士山の登山シーズンは7月・8月の夏場で
あるが、山頂の気温が最暖月の8月でも平均
気温が6℃しかありません。

7月 8月 9月
平均温度 4.9 6.2 3.2
平均最高温度 7.5 9.3 6.1
平均最低温度 2.4 3.6 0.4

夏場で有っても冬と同等の装備が必要です(雨具
手袋も)兎に角、山頂では風も吹いてますので体
感温度は更に低下します。


【3】
日差しが強いので帽子等(風が強いので顎ひも付
き)や日焼け止めクリームを忘れずに!


【4】
御来光目的の方は宿泊の予約は早めに行い今回我
々が宿泊した7合目(太陽館や見晴館)から御来
光を山頂で望むならば、今回早朝1:30見晴館出
発では吉田ルート合流地点から渋滞が酷く間に合
わなかった事より、それより早く出発する事をオ
ススメします。ヘッドライト
を忘れずに!


【5】
下山時は砂走での靴に砂が入るのを防止する為
ゲイターも有れば便利です。絶対に走らない様
に!!


【6】
富士山では各山小屋等にトイレが設置されてますが
有料(大体200円位)なので小銭を忘れないように!<装備について分りやすいサイト有り



【7】
また富士山頂上の酸素濃度は海抜0mより約60%な
ので十分注意して下さい!高山病対策については
こちらへ


富士山の山行記録
最新情報はヤマレコが参考に
なります。





(参考)吉田ルートより
御来光・お鉢めぐり

須走ルート富士山・登山カテゴリー

①各富士山コース紹介 ②はじめに・ルートデーター・登山口→六合目ルート紹介 ③六合目→見晴館ルート紹介
④見晴館→富士山剣ヶ峰
(お鉢めぐり・御来光)
⑤下山ルート・砂走り・まとめ・ヤマレコ
吉田ルートより
御来光・お鉢めぐり
朝霧高原上空より富士山の景観
富士山・登山ホーム 創楽・登山ホーム 創楽トップ

富士山・登山カテゴリ

吉田ルート 須走ルート 御殿場ルート
富士宮ルート ご来光 富士山・知っておく事
富士山・事故例 富士山を眺める低山 お鉢めぐり




  

創楽 登山

立山連邦ギャラリー
富山に遊びに来られ!

山と自然 安全のための知識と技術

山一覧(もくじ)

創楽トップ


ページのトップへ戻る