八方尾根・唐松岳から行く不帰ノ嶮・鑓温泉縦走
八方尾根・唐松岳



上ノ樺付近より鹿島槍ヶ岳・五竜岳

八方尾根・唐松岳から登る不帰ノ嶮 カテゴリー



八方尾根 五龍岳・日帰り登山カテゴリー

 創楽・登山ホーム  ①はじめに・アクセス ②八方尾根(前半)  ③八方尾根(後半)
 サイトマップ ④唐松山荘→五龍岳 ⑤白馬五竜アルプス平 
紅葉・景観


前ページでは、八方池山荘から八方池までを紹介し、
このページではその後続く、八方池から唐松岳までを紹介します。




八方池までは、とても広い整備されたコースですが、
ここからは次第にコースの幅も狭くなり、一般的な
登山道となる感じがします。

沢山居た登山者(観光客)もここから次第に少なく成ります。

自分的には、八方池まではハイキングコース・八方池から、
いよいよ登山開始と言った所でしょうか!


コースは見放しの良い所から、ダケカンバの巨木が有る下ノ華・上ノ樺と
呼ばれるダケカンバを中心とした灌木帯に入ります


この周辺では、シラネアオイが群生しており、
秋(10月初旬頃)には紅葉が楽しめると有ります。

このポイントより、しばらく行くと、扇ノ雪渓に到着します。
雪渓付近では、休憩して居られる登山者も見かけます。

この周辺のコースは主稜線の左側(五竜側)を歩くので、
五竜岳はもちろん鹿島槍ヶ岳の展望を楽しめます。

ここからのコースは次第に傾斜が増し、
ペースに注意しながら登ります。
辺りにはダケカンバ・ナナカマドなど目を楽しませ
てくれ恐らく紅葉時期は最高と思います。

ここから灌木帯を抜けチングルマが咲くハイマツ帯を登ると、
ケルンが立つ丸山に到着します。

この丸山での360度景観はとても素晴らしいもので鋭い、
不帰ノ嶮がとても迫力あります。Ⅰ峰やその奥
の天狗の大登りもここからだととても近くに見える程です。

高妻山・妙高山・火打山なども見えます。

また、空気が澄んでいれば、中央アルプス・南アルプスの
山脈や富士山も見えるそうです。
今回は残念ながら、富士山は、カスかに見えた程度でしたが、
以前にこのコースを歩いた友人が富士山の
撮影に成功しましたので、この景観も紹介します。


この丸山から唐松岳山荘までは、1時間足らづで到着しますが、
コースが次第に痩せてきて主稜線の左側
を巻きながら、次第にガレ沢が多くネットが
張られている区間も出てきます。

落石に注意しながら、クサリ場を慎重に通過すると唐松岳山荘に到着です。

ここからの景観は黒部渓谷越しに鋭い剱岳を
中心とした立山連峰が綺麗に見えます!


山荘の先には唐松岳が目と鼻の感じで見えてます。
ここから20分程度で唐松岳の頂に到着です
頂だでは、槍ヶ岳・穂高岳・吊尾根・前穂高岳
までの展望が綺麗に見え

北アルプス一望と言った所でしょうか!!
最高の景観が待ってます。

では、出発!!








このページで紹介する区間です。





このページで紹介する標高グラフ









八方池 標高2060m →  唐松岳 標高2699m

標高差 639m


登山口・標高1870m 7:45出発→八方池標高2060m 8:30着
登山時間45分 距離1900m 標高差190mm

八方池・標高2060m 8:30出発→丸山ケルン標高2442m 9:20着
登山時間50分 距離2000m 標高差382mm
登山口より時間 時間1:35 距離3900m 標高差572m

丸山ケルン 標高2442m 9:25出発→
唐松山荘・標高2630m 10:00着
登山時間35分 距離1500m 標高差188m  
登山口より時間 時間2:15 距離5400m 標高差715m

唐松山荘 標高2630m 10:05出発→唐松岳(頂)・標高2699m 10:23
登山時間18分 距離630m 標高差69m 
 
登山口より時間2:38 距離6030m 標高差784m


八方池 →  唐松岳

距離 4130m






写真による
コース紹介





八方池から唐松岳のルート

足元が悪く、
勾配が出て来ます。

ここからは、登山靴は必須と成ります。







コースは見放しの良い所から、
ダケカンバの巨木が有る

下ノ華・上ノ樺

と呼ばれるダケカンバを中心とした灌木帯に入ります








灌木帯を抜けると
八方尾根斜面の南側にコースが
移動します。


八方池では、白馬三山の大展望でしたが、
ここからは、五竜岳・鹿島槍ヶ岳の大展望台と成ります!


素晴らしいコースである。







別の時期に撮影
雲海に浮かぶ五龍、鹿島槍ヶ岳






トリカブト




ミヤマトウキ
などの高山植物が咲いている


八方尾根
高山植物については
こちらへ






紫色のオニアザミが綺麗
五龍・鹿島槍のコントラストが素晴らしい










五龍岳・鹿島槍ヶ岳そして
高山植物を堪能しながら歩くと

扇ノ雪渓

と呼ばれる雪渓に到着

標高は約2300m地点です。






登山道より
扇ノ雪渓

近くまで行く事が出来ます。





扇ノ雪渓より
登山道は榛松帯登り

中継点 丸山ケルン

を目指します。




丸山ケルン付近のコースより

道幅が広くなり
ジグザグに登ります。








9:22

標高2442m
丸山ケルンに到着






丸山ケルンからは

不帰ノ嶮が大きく見える


不帰ノ嶮について
詳細は
こちらへ





丸山ケルンより
五龍岳・鹿島槍ヶ岳

前ページで紹介した
八方池から、ここまで進むと
鹿島槍ヶ岳が五竜岳の
影に隠れる。










白馬三山も絶景です!




同地点よりカシミール3D 白馬三山






白馬三山UP
白馬鑓ヶ岳の登山ルートが見えてます!






条件が良ければ富士山も見る事が出来ます!
(友人 豊岡さん写真提供)



同地点よりカシミール3D 富士山





富士山・登山は
こちらへ






丸山ケルンから唐松岳山荘まで
距離約1500m・標高差188m

約1時間程度で着きますが

ここからのコースはガレ場となり、落石注意地帯と成ります。





今まで快適だった
登山道だが、丸山ケルンからは
ガラリと変わり
岩が多いコートとなります。






不帰ノ嶮も近くなり
迫力を増します!

写真は不帰ノ嶮Ⅲ峰











登山道は、木道・クサリが整備された
細いトラバース地帯を通過

慎重に渡ります。







尾根の左斜面に付けられた登山道

慎重に通過
ふざけると滑落する恐れもあります。

ここまで来ると
唐松岳頂上山荘まで
後、もう少しです。

慌てない 慌てない







唐松岳頂上山荘が見てきます。







10:00

唐松岳頂上山荘に到着





唐松岳頂上山荘より

北アルプス立山連峰が一望!

素晴らしい大展望が待ってます!







唐松山荘付近より

剱岳・立山を中心とした
立山連邦

(立山とは、雄山・大汝山・富士ノ折立を合わせた総称)







唐松山荘より
穏やかな唐松岳

唐松岳の左側には
毛勝三山が見える






毛勝三山UP






唐松山荘から
真っ直ぐに延びる唐松岳ルート

重たい荷物を下ろして
カメラを片手に身軽で行こう!







唐松山荘をから
少し進み
ルート右前方より
険しい不帰ノ嶮が見える









気持ちが良い
唐松岳ルート

歩きやすい!








唐松岳ルート
より唐松岳頂上山荘の全容






不帰ノ嶮の後ろには
白馬鑓ヶ岳が見えてます。








妙高方面







唐松岳の頂きに近づくと
五龍岳から槍ヶ岳が
恥ずかしそうに顔を出す!

気分が高まる!







10:23

唐松岳
標高2656m

到着






唐松岳からは
立山連邦の大パノラマ

剱岳や立山が美しい



剱岳に登られる方は
こちらへ






劔岳UP







健脚者に人気が高い
毛勝山も美しい




唐松山荘からが見えなかった
槍穂高連邦が見える!






カシミール3Dより

毛勝山 大窓 剱岳 立山 薬師岳 槍ヶ岳

の位置を確認




槍・穂高連邦UP







唐松岳より
白馬岳・不帰ノ剣方面
















八方尾根・唐松岳から登る不帰ノ嶮 カテゴリー



八方尾根 五龍岳・日帰り登山カテゴリー

 創楽・登山ホーム  ①はじめに・アクセス ②八方尾根(前半)  ③八方尾根(後半)
 サイトマップ ④唐松山荘→五龍岳 ⑤白馬五竜アルプス平 
紅葉・景観



アルプス平からの八方尾根の全容を見る!