創楽 西鎌尾根から登る槍ヶ岳・登山1泊2日 詳細(④西鎌尾根ルート紹介)|創楽・登山

創楽トップ
souraku.jp

『創楽 登山』
小池新道・西鎌尾根から登る1泊2日槍ヶ岳・登山を紹介致します。登山口までのアクセスや登山道ルートを沢山の写真にて紹介致します。
④双六小屋→槍ヶ岳山荘・西鎌尾根ルート紹介
このページでは双六小屋から槍ヶ岳山荘までの区間(西鎌尾根)ルートについて紹介致します。

小池新道・西鎌尾根から登る槍ヶ岳・登山(1泊2日)
④双六小屋→槍ヶ岳山荘
西鎌尾根ルート紹介


西鎌尾根より槍ヶ岳


西鎌尾根より槍ヶ岳・登山カテゴリー

①はじめに・ルートデーター・
アクセス
②わさび平→鏡平・
左俣林道ルート紹介
③鏡平→双六
ルート紹介
④西鎌尾根
ルート紹介
⑤槍ヶ岳・穂先
ルート紹介
⑥槍ヶ岳からの景観
⑦槍ヶ岳山荘→新穂高・右俣林道
ルート紹介・ヤマレコ
(関連)東鎌尾根
ルートページ
(関連)上高地トレッキング
関連 白出沢より奥穂高岳 関連 笠新道より笠ヶ岳
創楽・登山ホーム サイトマップ(もくじ) 富山の山 一覧



はじめに


燕岳から東鎌尾根を槍ヶ岳へ向かう表銀座コース
に対して烏帽子岳や双六岳を経て槍ヶ岳に向うコ
ースは裏銀座コース今回このページで紹介するコ
ースはこんな裏銀座コースの最後を飾るのが「西
鎌尾根」<幸い効天候に恵まれましたので
出来るだけ沢山の写真にてコースを紹介
したいと思います!

簡単なコース概要
先ず基本的に水場は有りませんので十分な水分を
持参する事をオススメします。
コースは双六小屋
から樅沢岳西峰へ急な登りの石屑ルートから始ま
る樅沢岳に到着すると、これから向う西鎌尾根や
雄大な槍・穂高連峰が望む事が出来ます!
恐らく、この景観こそ本コースの後賛美と感じら
れる位絶景である!その後、ハイマツの尾根をい
ったん下り樅沢岳東峰の山頂直下の南側を回り込
んで行きます。ガイド本では、この周辺ではミネ
ウスユキソウの群生が広がりイブキジャコウソウ
などが見られると紹介されてます!コースはザラ
ザラした滑りやすい斜面を大きく下り、鞍部にで
る。尾根の東側を進むようになると小さなアップ
ダウンを繰り返し硫黄乗越に着きます。源頭部か
ら硫黄沢にかけての斜面に広がるコバイケイソウ
の群落がみごとで、奥に見える硫黄尾根の赤褐色
の荒々しい岩肌をの対比が印象的である。ここか
らは西鎌尾根に入りハエマツに覆われた稜線右側
のゆるやかな道を進むと細かいアップダウンルー
ト。硫黄尾根に近づくとを硫黄ノ頭を越え小鞍部
に出る。ここから左俣岳の登りと成ります。30m
程の古いクサリがあるが使わずに行けるほど2,67
4mの左俣岳は山頂を踏まず山頂直下の蒲田川側を
巻きます。左俣岳を過ぎると蛇紋岩のザクザクし
た滑りやすい道を下り鞍部に出る。コースは蒲田
川側の背丈の低いハイマツの稜線から千丈沢側に
入り気持が良い縦走路となりその後、再び蒲田川
側に入ると足場の悪い痩せ尾根!いよいよ足場の
悪い狭い溝を登って行くと7~8人は休憩可能な広
場にでるが、まだこの先、足場の悪い悪路が続き
ます。頑張って核心部を終えると稜線の左側に入
り槍ヶ岳が大きく見えてくると千丈沢乗越!ここ
では、中崎尾根からの道と合流点エスケープルー
トとして飛騨沢に下りる事も出来る。


千丈沢乗越を過ぎるといよいよ槍ヶ岳の肩までの
急登がはじまる。みるみる標高を稼ぎ、振り返る
と歩てきた西鎌尾根が足下に長く延びているのが
伺える。ルートは稜線から離れ右手のガレ場の斜
面に入り浮石のガレ場の斜面に入り、浮石に気を
付けながらジグザグに登ると小槍が間近に見える
とように成り槍の肩(槍ヶ岳山荘)に到着します


(このコース概要は、ヤマタケアルペンカイド7
北アルプス槍・穂高連峰を参考にして下ります)

 



コースデータの紹介



【双六小屋】
標高2,600m 4:40出発

槍ヶ岳山荘標高3,060m 8:51着
登山時間4時間11分 距離7,154m
標高差 460m

登山時間は標準は1.5~2.0倍


カシミール地図より双六小屋→槍ヶ岳



カシミール標高グラフより双六小屋→槍ヶ岳
双六小屋→槍ヶ岳 

沿面距離 7,427m
標高差 621m
累積標高差プラス 1,266m
累積標高差マイナス ー659m
登山時間 4時間36分

槍ヶ岳山荘から槍ヶ岳までの分を差し引
くと大体このページで紹介する双六小屋
→槍ヶ岳山荘までは

沿面距離 7,154m
高低差 487m
累積標高差プラス  1,146m
累積標高差マイナス ー659m
所要時間  4時間11分



カシミール3Dよりこのページで紹介する
双六小屋→槍ヶ岳
(西鎌尾根)





槍ヶ岳・登山
双六小屋→槍ヶ岳山荘
西鎌尾根ルート紹介



4:40
双六小屋より鷲羽岳が出迎えてくれる!



4:43
双六小屋より槍ヶ岳方面に出発
先ずは、正面の樅沢岳を目指します。
いきなりの急登からのスタートです。


4:47
樅沢岳に向う斜面より双六小屋



5:07
樅沢岳に到着



ここからの景観は燕岳方面は朝日が綺麗
大天井岳も見えている!



同景観カシミール3Dにて描写





同じく樅沢岳より槍・穂高連峰方面余りに
も絶景に思わず「凄げぇ」と囁く来て良か
ったと感じた瞬間である。



同アングル カシミール3Dにて描写
赤い線が軌跡データです。



樅沢岳よりしばらく進んだ地点より、これか
ら向う西鎌尾根と槍ヶ岳です。
硫黄ノ頭・左俣岳が見えてます!



<この地点より
焼岳その後に乗鞍岳、その右横に御嶽山が
見える。この景観も西鎌尾根ならではの
後賛美であろう!



同アングル カシミール3Dにて描写



樅沢岳を過ぎるとコースは一旦下り樅沢岳東峰の
山頂直下の南側を回りこんで行く。この写真は、
樅沢岳東峰を回り込んでいる所です。周辺には、
ミネウスユキソウの群生が広がる。
ここよりザラザラしら滑りやすい斜面を下り



小さなアップ・ダウンを繰り返す。



残雪地帯も有ります。この地点から槍ヶ岳・北鎌
尾根が綺麗に見えました。偶然にも、飛行機雲も
一緒に撮影!



硫黄乗越付近に到着!この地点からは硫黄尾根
・硫黄ノ頭そして槍ヶ岳がセンター見える地点
素晴らしい景観に絶句!正に、銀座コースと呼
ばれるに相応しい景観と感じる。



余り、綺麗な写真では無いが、この付近はお花畑
恐らく、コイワカガミ・チングルマであろう!



硫黄ノ頭付近に到着!登山道の脇にはミヤマ
キンバイ
が咲いている!正にこの周辺はお花畑



6:12
硫黄ノ頭に到着ここからは、一旦クサリが
整備されている下ります。



コースからの景観はこんな感じ左俣岳が見えて
ます!左俣岳へのコースも見え山頂直ぐ下、岐
阜県側を巻いている様子が伺える。



チシマギキョウが綺麗



6:20
左俣岳に到着
ここからは、蛇紋岩のザクザクした滑り
やすい道を下り鞍部に出る。



左俣岳を過ぎると一揆に下っている様子が
伺えます。この下りの鞍部が西鎌尾根の最
も低い地点ですここからが、槍ヶ岳への登
りの開始地点



笠ヶ岳が綺麗に見えてます!



しばらく、ハイマツ地帯の緩やかなコースを堪能



6:50
この気持が良い地点で朝メシ
双六小屋の弁当は最高に美味い!



朝食を食べながら景観を堪能
硫黄尾根の後には野口五郎岳
写真 左側には水晶岳が見えてます!




撮影方向です。





双六小屋の美味しい朝食と素晴らしい景観を
堪能し再び槍ヶ岳を目指します!コースは写
真の様に雪渓も有りますので十分注意です!



7:13
いよいよ西鎌尾根の核心部、岩稜地帯
最初はガレ場の急斜面を登ります。



急斜面には14mのクサリが整備されてます!




クサリ場を登ると
西鎌尾根の核心部の全容が見えます。
コースは、クサリが整備されている痩
せ尾根を進む

  


続いて30m以上の長いクサリ場を登る。



長いクサリ場を登り切ると、
7~8人は休憩可能な砂?の広場に出る。



その後、クサリが掛かる岩峰の右側の石屑を登
りきれば西鎌尾根の核心部は終わります。



核心部が終わると目の前には、大きな槍ヶ岳
が聳える!そして、西鎌尾根最後の大登の全
容が伺える。



8:00
千丈沢乗越に到着
目の前には槍ヶ岳が!小槍が美しい



ここからは、一揆の標高を稼ぎます!


カシミール標高グラフでも
一揆の標高を稼いでいる様子が伺えます。



後を振り返ると足下には今歩いた西鎌尾根が
長く延びてます鏡平山荘も見えてます!



急勾配の登山道は、ガレ場のジグザグしたコース
と成るここまで来ると、槍ノ肩が近い



ジグザグしたコースには
ペイントで印が付けられているで分りやすい



槍ヶ岳・小槍が、間近に見える



斜め後方を見ると
立山や白馬岳などが綺麗に見えてます!



カシミール3Dにて同ポイントを描写



撮影方向です。



8:51
槍ノ背に到着
いよいよ次のページでは
槍ヶ岳 穂先です
コースの全容を詳細に記載しました。




このページのまとめ


【1】
西鎌尾根には水場が無いので十分な水分を持参
する。

【2】
最初のピークである樅沢岳に登ると感動的な槍・
穂高連峰の山並を見る事ができる。その他笠ヶ岳
や焼岳など美しい景観が広がる。

【3】
西鎌尾根の中腹である硫黄乗越・水俣岳区間は
アップ・ダウンを繰り返す。一部雪渓が残る区間
もあります。

【4】
水俣岳を過ぎると下りとなる。この下りの鞍部が
西鎌尾根の最も低い地点であり槍ヶ岳への登りの
開始地点である。最初に岩稜ルートがあるので、
十分注意して行動する。

【5】
岩稜ルートを過ぎると千丈沢乗越に到着する。
ここからの登りは、辛いものになるのでペース
配分に注意!後半はガレ場のジグザクルートで
す。






⑤槍ヶ岳・穂先
ルート紹介

西鎌尾根より槍ヶ岳・登山カテゴリー

               
①はじめに・ルートデーター・
アクセス
②わさび平→鏡平・左俣林道
ルート紹介
③鏡平→双六
ルート紹介
④西鎌尾根
ルート紹介
⑤槍ヶ岳・穂先
ルート紹介
⑥槍ヶ岳からの景観
⑦槍ヶ岳山荘→新穂高・右俣林道
ルート紹介・ヤマレコ
(関連)東鎌尾根ルートページ (関連)上高地トレッキング
関連 白出沢より奥穂高岳 関連 笠新道より笠ヶ岳
創楽・登山ホーム サイトマップ(もくじ) 富山の山 一覧

岩場地帯の紹介リンク

甲斐駒ヶ岳・花崗岩 槍ヶ岳・穂先 剱岳・別山尾根
戸隠山・蟻の塔渡り 五龍岳 不帰ノ嶮




創楽 登山

山と自然 安全のための知識と技術

創楽 富山の山

創楽トップ


ページのトップへ戻る