創楽・登山
souraku.jp

『創楽 登山』
積雪期の八ヶ岳(赤岳)の登山ルートについて初心者でも分かり易く沢山の写真にて詳細に紹介致します。
①はじめに、ルート概要、アクセス)
このページでは積雪期の赤岳登山についての概要・登山口までのアクセス等を紹介します。

積雪期 美濃戸から登る八ヶ岳(赤岳)・登山
①はじめに・ルート概要・アクセス

冬、積雪期 八ヶ岳 赤岳登山
行者小屋より赤岳の景観

積雪期 八ヶ岳(赤岳)・登山カテゴリ

①はじめに・ルート概要・アクセス ②美濃戸→行者小屋ルート紹介 ③行者小屋→赤岳
(地蔵尾根)ルート紹介
④山頂からの景観 ⑤赤岳→行者小屋(文三郎尾根)ルート紹介・ヤマレコ
関連 無雪期 美濃戸より赤岳 日帰り登山
創楽・登山ホーム サイトマップ(もくじ) 南アルプスの山



積雪期 八ヶ岳(赤岳)
・登山 概要


雪山登山の代表格。雪稜を登り
冬の赤岳山頂へ

雪山登山を目指すなかで、最もスタン
ダードな指標ともされ、冬季も多くの
登山者に登れれている赤岳。通年で山小屋
が営業しており、比較的短時間で密度の
濃い雪山を楽しめが、けっして初級者向き
の山とは言えない。しっかりした装備と
技術を学んでから、憧れの冬の赤岳に挑戦
すことが望ましい。

「雪山登山ルート集」山と渓谷社より


今回の登山


今回の登山は冬山一般的なルートである
美濃戸からのアタックです。北沢ルート
を考えてましたが、過去に一度登った際
に南沢ルートが崩落しており通行が出来
なかった経験より、南沢ルートが気にな
り、南沢で登る事とした。
行者小屋で一
泊して後日、「地蔵尾根」にて赤岳を目
指します。

幸い天気が良かったので富士山を拝む事
が出来ました。様子は3ページ目に紹介
します。

下山は、文三郎尾根から行者小屋を目
指し再び「南沢ルート」で下山した。

このページでは、登山道の様子や注意点
など詳細に紹介していきます。

尚 素人が制作した内容なので、参考程度
に読んで頂き、自己責任にてよろしくお願
い致します。


日本山岳会永年会員
山想倶楽部代表 石原達夫さまより
このページ「地蔵尾根」についてアド
バイスを頂きましたので、添付しま
す。必ず読んで下さい。


冬の八ヶ岳は無雪期と異なり高度の登山技術を
要求されることがあります。ここにご紹介の地
蔵尾根は厳冬期には梯子、鎖がすっぽりと雪に
埋まっていて使えないことを前提にしてくださ
い。創楽さんもご指摘されていますが、2月末
から3月頃は、日中の日差しで雪が解け、夜半
の低温で氷化していることがあります。


きっちりとしたアイゼンワークとピッケルさば
きが要求され、場合によってはザイルが必要に
なります。また八ヶ岳ブルーと言いますが、こ
れは気温が低く風が強いためにそうなるので強
風による転落、あるいは凍傷には十分注意して
ください。


特に顔は吹かれるといっぺんで凍傷になります
以前救助隊に従事していたころ地蔵直下で凍
死された方の検死並びに収容に立ち会ったこと
があります。軽アイゼンを付けていました。





登山データ

     
山名 八ヶ岳(赤岳) 標高 2,899m
場所 長野県 山梨県
ルート 南沢・地蔵ルート

1日目
美濃戸口→美濃戸→南沢ルートにて行者小屋

2日目
行者小屋→赤岳→文三郎ルートにて行者小屋
→美濃戸→美濃戸口

ルートデータ
1日目
美濃戸口→行者小屋(南沢)
沿面距離 7,264m

標高差 854m
累積標高差プラス 952m
累積標高差マイナス -98m

所要時間
 約3時間31分(休憩含)


2日目
行者小屋→赤岳(地蔵尾根)
沿面距離 1,779m

標高差 530m
累積標高差プラス 550m
累積標高差マイナス -20m

所要時間
 約1時間51分(休憩含)


ルート全体
美濃戸口→赤岳(南沢・地蔵ルート)

沿面距離 9,043m

標高差 1384m
累積標高差プラス 1502m
累積標高差マイナス -118m

所要時間
 約5時間22分(休憩含)


下山
赤岳 8:52

行者小屋 10:40

美濃戸 12:05

美濃戸口 13:16


 
コース時間等、詳細

1日目
美濃戸口 標高1,495m 10:12出発

美濃戸  標高1,725m 11:25着
登山時間1時間13分 距離3,022m 標高差230m


美濃戸 標高1725m 11:32出発

行者小屋 標高2,350m 13:50着
登山時間2時間18分 距離4,242m 標高差625m
美濃戸口より距離7,264m 標高差855m
登山時間3時間31分


2日目
行者小屋 標高2,350m 07:01出発

赤岳 標高2,899m 8:52着
登山時間1時間51分 距離1,780m 標高差549m
美濃戸口より距離9,044m 標高差1,404m
登山時間5時間22分



関連 山小屋 美濃戸口高原ロッジ

赤岳山荘

美濃戸山荘

行者小屋

登山 2018年03月18日
石川さん 早崎さん
登山ルート


カシミール軌跡地図より今回のルート美濃戸口から
南沢ルート・地蔵尾根にて赤岳

ルート概要
「美濃戸口」に車を駐車して林道にて美濃戸山荘
がある「美濃戸」を目指します。

林道は緩やかな下りから始まるが、日影なの
で路面が凍結しており滑りやすいので注意して
下さい。林道は一部ショートカットできる区間
がありました。


美濃戸(美濃戸山荘)より「南沢ルート」にて
行者小屋を目指します。歩き易いルートである
が、ルートが凍結しており、大丈夫だと思って
も序盤からアイゼンを到着した方が無難である。


行者小屋にて一泊後、後日早朝より「地蔵尾根
にて「赤岳」を目指します。地蔵尾根は急勾配
なので序盤からアイゼンを装着する。
ダケカン
バ帯を出ると急な雪面となる。鎖が雪に埋まっ
ているので、しっかりアイゼンをきかせて登り
ます。主稜線手前で短いがナイフリッジになる
ところがある。雪が硬くなる3月頃は要注意で
す。
指導標のある主稜線に出ると「地蔵ノ頭」
に出ます。

地蔵ノ頭から「赤岳展望荘」を通り過ぎ赤岳の
登りは、稜線の西側が切れ落ちており、風も強
いの慎重に登ります。
山荘のある北峰に着き、
奥にあるのが南峰が山頂になります。

下山は、文三郎側を下ります。
山頂からの下りはじめは岩場の下降となるので
注意したい。次に鎖のかかる広いルンゼ状の長
い岩場を慎重に下り、西側に回り込むと「文三
郎道分岐」に到着します。
そこから文三郎道に
て行者小屋に戻るわけだが、文三郎道は鉄階段
が雪で埋まっている急勾配なので、ここも慎重
に行動して下さい。
樹林帯に入るとまもなく
「行者小屋」に到着し、再び「南沢」ルート
にて美濃戸を目指し登山完了です。


登山ルート・カシミール標高グラフ


美濃戸口から南沢ルート・地蔵尾根にて
赤岳カシミール標高グラフ

沿面距離 9,044m

標高差 1,386m
累積標高差プラス 1,504m
累積標高差マイナス -118m

所要時間
 約5時間23分



このデータはGARMIN eTrexを使用し
てます。GPS設定は新旧比較 検証へ
登山道3Dイメージ


登山コース3Dイメージ
美濃戸口→美濃戸→行者小屋
→地蔵尾根→赤岳→文三郎尾根→行者小屋


関連





登山口 美濃戸アクセス



7:46
富山県より安房峠トンネルにて長野県の
松本を目指します。



9:13
松本より高速に乗りました。
これは諏訪サービスエリアから
目指す八ヶ岳方面を撮影したものです。



八ヶ岳の登山口である美濃戸口は
中央高速「諏訪南」インターを降りて
425号線を利用しました。

道中、「中新田南交差点」付近では、
正面に美しい八ヶ岳を見る事が出来ました!





9:36
中央高速「諏訪南」インターを降りて425号線
より「中新田南 交差点」を付近の光景です。

正面に八ヶ岳が見えて、道が一直線です。ここは
日本なのか?と疑う様な光景です 。



美しい光景です。これから目指します。



北アルプスも綺麗に見えます!!



9:50
登山口である美濃戸口を目指します。



道中は樹林帯を進みます。
樹林の上部が白く凍っているが
放射冷却であろうか?!とても綺麗です。



青空に白く輝く樹林帯が美濃戸口で
出迎えてくれた。



10:15
美濃戸口には有料駐車場があります。
殆ど満車状態です。凄い人気です!



グーグルマップより
美濃戸口の位置です。



関東方面より観光バスで登山者が大勢
訪れてます!とにかく残雪期の山なのに
凄い賑わいです!



駐車料金を支払い登山開始です。

駐車場の情報は
こちらへ



美濃戸口にある登山マップです。
今回は、美濃戸口より美濃戸を通過
南沢にて行者小屋にて一泊して翌日
地蔵尾根にて赤岳を目指します。


美濃戸口→美濃戸(美濃戸山荘)
ルート紹介



10:21
美濃戸口より、美濃戸を目指します。
標識がしっかりしているで、分かり
やすい!林道歩きです。



美濃戸口→美濃戸(美濃戸山荘)
までのデータは

沿面距離 3,022m
標高差 230m
所要時間 1時間13分



ルート(林道)は緩やかな下り坂から
始まりますが、この下り坂が曲者

日陰なので、路面が凍結している。
大変滑り易いです。
写真でも分かると思いますが、前者が
転倒しております。


いきなり難所からの始まりです。



10:36
ショートカットありました!
ここは利用しました。



長閑な林道
とてもおしゃれな山ガールが多い
冬山とは思えない状況です。

富山とは違うなぁ



11:13
赤岳山荘に到着です。
ソフト食べたい。



赤岳山荘付近には駐車場がありました。
一応、この日は、ここまで車の乗り入れが
出来てました。しかし美濃戸口付近のあの
ツルツルロードは四駆かチェーンを装着
しないと進まないと思われます。歩行者
も多い区間なので、車の乗り入れは迷惑
になるかも?


ここは最新情報を確認して自己責任で
行動して下さい。


赤岳山荘ページは
こちらへ



そしてルートは赤岳山荘から美濃戸山荘
までの区間が、またまた日陰ゾーンにて
アイスバーン状態です。転倒注意!!



11:25
美濃戸口(美濃戸山荘)に到着です。
ここで小休憩をとり、南沢ルートにて
行者小屋を目指します。


次のページでは美濃戸山荘→行者小屋(南沢)
ルートを紹介します。




このページのまとめ


【1】
中央高速「諏訪南インター」を降りて425号線
「中新田南交差点」付近より美しい八ヶ岳の
景観を見ることができます。


【2】
美濃戸口の駐車場は積雪期であっても満車に近い
状態であり賑わっている。早朝到着をオススメし
ます。


【3】
美濃戸口から美濃戸まので林道は、序盤は下り
坂から始まるが、日影であり路面が凍結してお
り大変滑りやすいので注意して下さい。

一部ショートカットできる区間があるので、
時間を節約できる。


【4】
今回は美濃戸(赤岳山荘)まで車の乗り入れは
可能でしたが、林道は凍結しており特に美濃戸口
付近の坂が要注意です。チェーンを装備するな
ど装備する必要があると思われた。とても危険
です。出来るなら美濃戸口で駐車する事を
オススメします。





スポンサーリンク



②美濃戸→行者小屋
南沢ルート紹介

積雪期 八ヶ岳(赤岳)・登山カテゴリ

①はじめに・ルート概要・アクセス ②美濃戸→行者小屋ルート紹介 ③行者小屋→赤岳
(地蔵尾根)ルート紹介
④山頂からの景観 ⑤赤岳→行者小屋(文三郎尾根)ルート紹介・ヤマレコ
関連 無雪期 美濃戸より赤岳 日帰り登山
創楽・登山ホーム サイトマップ(もくじ) 南アルプスの山




創楽 登山

山と自然 安全のための知識と技術

創楽 富山・山歩き

創楽トップ


ページのトップへ戻る

akaf2.htmlへのリンク

akaf3.htmlへのリンク

akaf4.htmlへのリンク