創楽・登山
souraku.jp

『創楽 登山』
積雪期の八ヶ岳(赤岳)の登山ルートについて初心者でも分かり易く沢山の写真にて詳細に紹介致します。
③美濃戸→行者小屋 南沢ルート紹介
このページでは積雪期 美濃戸から行者小屋までのルート(南沢ルート)を紹介します。

積雪期 美濃戸から登る八ヶ岳(赤岳)・登山
③美濃戸→行者小屋(南沢)
ルート紹介

創楽TOP > 山一覧 > 冬期間 美濃戸から登る赤岳③美濃戸から行者小屋・南沢ルート紹介

美濃戸 南沢ルート
南沢ルート「白河原」より大同心・小同心

積雪期 八ヶ岳(赤岳)・登山カテゴリ

①はじめに・ルート概要・アクセス ②美濃戸口→美濃戸ルート紹介 ③美濃戸→行者小屋ルート紹介
④行者小屋→赤岳
(地蔵尾根)ルート紹介
⑤山頂からの景観 ⑥赤岳→行者小屋(文三郎尾根)ルート紹介
関連 無雪期 美濃戸より赤岳 日帰り登山
創楽・登山ホーム サイトマップ(もくじ) 南アルプスの山



はじめに


このページでは、積雪期の赤岳登山より
美濃戸→行者小屋(南沢ルート)を紹介します。


ルート概要(南沢)
美濃戸山荘の前でルートは二分する。
ここは右側に進み、堤防を越え南沢に入ります。
堤防を超えると正面には美しいシラビソの樹林帯
が広がり、足元はしっかり道があるものの凍結し
ているので、早めにアイゼンを装着しました。


ルートは橋を通り「布袋欄」が見えるポイントを
過ぎてしばらく進むと、正面に「砂防ダム」が見
えて来ます。

かつてこの「砂防ダム」の地点は洪水崩落した地
点なので、ルートはこの「砂防ダム」の左側に回
り込み新設されている。

この地点からルート勾配が若干キツくなりしばら
く進むと橋を何度か通過します。「沢を蛇行する
感じなので、橋が多いです。」

何度か橋を通過してシラビゾの樹林帯を抜けと「白
河原」と呼ばれる広場に到着!この広場から美しい
「大同心」「赤岳」などの展望を堪能することが出
来ます。


景観が美しい「白河原」より、しばらく平坦なルー
トを進むと「行者小屋」に到着します。


尚 素人が制作した内容なので、参考程度
に読んで頂き、自己責任にてよろしくお願
い致します。




コースデータの紹介



美濃戸
標高1725m 11:32出発

行者小屋 標高2,350m 13:50着
登山時間2時間18分 距離4,242m
標高差625m

美濃戸口より距離7,264m
標高差855m 登山時間3時間31分




カシミール軌跡地図よりこのページで
紹介する「美濃戸→行者小屋」南沢ルート


カシミール標高グラフよりこのページ
で紹介する区間「南沢ルート」


カシミール3Dよりこのページで
紹介する区間 「南沢ルート」





美濃戸→行者小屋
南沢ルート紹介




美濃戸山荘付近にある登山案内板です。
今回の登山ルートを→で示しました。



11:41
美濃戸山荘より「北沢」「南沢」
の分岐を南沢方面に進みます。



11:43
小さな堤防の階段を登り、堤防の反対側に
進みます。



堤防を過ぎるとシラビソ等の樹林帯となりま
す。登山ルートには、僅かに雪が積り凍って
ました。





大丈夫だと思いましが、早めにアイゼンを
装着しました。

正直、この判断は正解でした
この後は、殆ど雪面を歩く事になります。



南沢ルートには要所に
「赤リボン」があるので目安に良い。



11:58
橋を通過します。この後も紹介しますが、
南沢ルートは幾つか橋を通過しながら行者小屋
を目指します。



橋を渡ってから、この様な案内板がありま
した。「布袋欄」撮影推奨場所とあります。

高山植物が好きな方はオススメ?の場所か



12:06
ルートは木道等が整備されている。意外と
この様な木道が滑りやすい!注意



シラビソ等の美しい緑のルートを歩きます。
写真では分かりませんが、ルート状態は凍結
しております。



12:24
しばらく歩くと正面に「砂防ダム」が見えて来る。




この「砂防ダム」の地点は過去(2009年)に土砂崩
れにて南沢ルートが崩壊した地点です。






登山ルートはこの崩落して場所の左斜面に新たな
ルートが設置されておりました。

ルート脇にロープ等が設置されているので
分かりやすいを思いますが、確認して進んで
下さい。



ここもシラビソなどの樹林帯を
進みます。



12:50
橋を通過します。この後、橋が連続します。
沢を蛇行しながら進むイメージです。



沢の脇を進みます。標高が上がると積雪量が
増えている様子が伺えると思います。



12:53
再び沢渡りです。



12:56
また、また沢渡り



若干視界が開けて来た感じがする。



12:59
また、また、また沢渡りです。
これが最後です。

数えましたが、全部で六回ですかね!
よく沢を渡るルートです。



13:23
沢渡りを終えるとシラビソの樹林帯を通過
します。



13:28
樹林帯を通過すると、周囲は開け
「白河原」と呼ばれる地点に到着します。
正面に「大同心」「小同心」が見える。



「赤岳」も綺麗です。



13:50
景観が美しい「白河原」からルートは平坦となり
しばらく歩くと「行者小屋」に到着します。



行者小屋からは美しい「赤岳」を見る事が
出来ます。八ヶ岳ブルーが美しい!!



夕方になると赤く染まった「赤岳」もまた格別



行者小屋の晩飯は豪華です。

早く寝て明日に備えます。

次のページでは
行者小屋→地蔵尾根にて赤岳を紹介します。




このページのまとめ


【1】
美濃戸では雪が少なくアイゼン無しで登れる
感じがしますが、登山道に入ると凍結している
ので、早めにアイゼンを装着する事をオススメ
します。


【2】
ルートはとても整備されており、歩き易い。
砂防ダムが見える地点より、崩落地点を迂回
するルートより若干勾配がキツくなるので注意
しましょう。シラビソなどの樹林が美しいルー
トです。


【3】
ルート中盤より沢を何度が通過します。
ルートは沢を蛇行する感じで登ります。
また、積雪量も増えてきます。


【4】
ルート終盤は「白河原」と呼ばれる広場から
「大同心」「赤岳」などの展望を堪能する事が
出来ます。この辺りからルートは平坦となりま
す。

関連山小屋

美濃戸山荘

行者小屋




スポンサーリンク



④行者小屋→赤岳
(地蔵尾根)ルート紹介

積雪期 八ヶ岳(赤岳)・登山カテゴリ

①はじめに・ルート概要・アクセス ②美濃戸口→美濃戸ルート紹介 ③美濃戸→行者小屋ルート紹介
④行者小屋→赤岳
(地蔵尾根)ルート紹介
⑤山頂からの景観 ⑥赤岳→行者小屋(文三郎尾根)ルート紹介
関連 無雪期 美濃戸より赤岳 日帰り登山
創楽・登山ホーム サイトマップ(もくじ) 南アルプスの山



創楽 登山

山と自然 安全のための知識と技術

創楽 富山・山歩き

創楽トップ


ページのトップへ戻る