富山の山 城ヶ平山(茗荷谷山)登山
大岩→城ヶ平山→ハゲ山



最初のベンチより富山平野

富山の山 城ヶ平山 ハゲ山 縦走カテゴリー

 富山の山ホーム @はじめに・アクセス A大岩→城ヶ平山
→峠山
 
 サイトマップ B峠山→ハゲ山
(ハゲ山ページより)
 C冬コースより城ヶ平山
剱岳景観




このページでは
城ヶ平山(茗荷谷山)を紹介します。

アクセス・山に付いては

(はじめに・アクセス)
ページを参照して下さい

こちらへ

このページでは
大岩日石寺駐車場より城ヶ平山を経て
その先にあるハゲ山までのコースを紹介

下山は、中浅生分岐から正男新道で
下山し大岩を目指すのも面白い、
後で分った事だが、正男新道で下り大岩
西種道にて大岩に戻る道中

2012ブレイクした映画

「おおかみこどもの雨と雪」
にて舞台と成った

「花の家」

が有る。下山時に立ち寄るのも良いかも?

確かに今思い出すと、下山時に金龍辺りの商店に
今まで感じたことが無い位、若者で賑わっていました。
最近ではアニメ(聖地巡礼)が流行っているらしい

行かれる方は

こちらへ





今回はトレーニング目的なので
この正男新道からの下山は次回の楽しみとして
ハゲ山からの下山は城ヶ平山経由でピストンとしました。

城ヶ平山までは
標高差も手頃です。
しかし、後半には岩場ロープ地帯など
やや急斜面も有り

楽しく登れる山を感じます。


城ヶ平山からハゲ山までの区間は
ややアップ・ダウンが多い

しかし、そのアップもダウンもそれ程
大きな物では無い

コース上から、ちらりと見える
日本海や町並みが綺麗

またこの城ヶ平山・ハゲ山からの
最大の魅力は
やはり剱岳の展望ではなかろうか?

残念ながら、今回の登山では、日頃の行いが悪いのか
登山開始に見えていた剱岳が、城ヶ平山に到着した事にはガスの中

この素晴らしい景観は
今度の楽しみに取っておきます

それではスタート











大岩駐車場より大岩を目指す
金龍のお土産屋の手前を左折そのまま直進し金龍橋を渡ります。
その地点には、山の云われなどか紹介されている。

コースは
しばらく平坦なコース
やがて、樫の老木に包まれたジグザグに登る明るい尾根にでると、
ベンチが二つ並んでいます。
地図では
「最初のベンチと表示

その後しばらくY字路に差し掛かるそこは、左側を直進

左側に建物が見えるので目安に良い

辺りには、壊れた様な民家を目にします
この地点が
「上平集落跡地」です

Y字路より、しばらく行くとT字路に差し掛かるが

この地点の左折

左折後、水場と城ヶ平山まで0.8kmの標識があります。
2012.9月は水は出てませんでした・・・・

そのまま道成り(一定区間にコースプレート有り)

コースは
勾配を上げ茗荷の群生地へ
平坦な道は太丸木の階段状に変り標高差を稼ぎます辺りは、気持ち良い杉林

杉林を過ぎしばらく行くと視界が開け所にベンチが有る

ここからは富山平野が綺麗!

この辺りくに来ると、周囲は杉林からコナラ・ホオノキ林に変ります。


ガイド本 富山の25山・25湯によると
このベンチを過ぎと奥行きが2メートルほどの
人が入れる位の洞窟があるらしい
今回早歩きで移動した為、気が付かず
通過したが、探すのも面白いかも?






この後、再び急勾配の階段状のコースに変り
途中、岩場のロープ地帯をクリア

再び、階段状のコースを登ると
城ヶ平山に到着です。





カシミール標高グラフ
駐車場→城ヶ平山

累積標高差プラス 369m
累積標高差マイナス -56m

沿面距離 2,186m


所要時間 34分(早歩きです)
標準は1時間弱






カシミール標高グラフ
城ヶ平山→ハゲ山


累積標高差プラス 197m
累積標高差マイナス -173m

沿面距離 1,958m


所要時間 32分(早歩きです)
標準は1時間弱


小さなアップ・ダウンが続く水平コース

途中
中浅生分岐や西種分岐よりバリエーションコースで楽しめる





カシミール標高グラフ
ハゲ山→大岩 駐車場


所要時間は58分だが、途中小走りしており
全部歩いた場合1:30位掛かると思われます




コース・ギャラリー
9月22日




10:30
登山開始より


金龍橋を渡ると、この様な景観と成ります
結構、道幅は広いコース

左側に緩やかに曲ってます。

ガイド本 富山の25山・25湯によると
この一体の山腹に伝いにはエゾアジサイ・
道端には黄色いハナニガナと花達のラッシュにぶつかり
なかなか先に進めないと有ります

残念ながら9月は、花には出会えなかった・・・




その後
樫の老木に包まれたコースをジグザグに登る
コースの状態は広く歩き易い






10:38
最初のベンチに到着










最初のベンチより

左側に富山平野が見える

この先しばらく尾根から外れ山腹伝いに水平路を歩く







水平路より杉林を過ぎると







コースはY字路に到着
ここは、Y字路を左側に歩きます






の地点には
このような標識が有りますので迷うことないと思いますが
足元に有るので、見落とし注意






Y字路付近のコースには
左側に民家(納屋)が見えます

この辺り周辺が
上平集落跡地






コースはT字路に差し掛かり
そこを左側に折れます。





10:42

水場に到着
しかし、水は出てませんでした・・・・・・(9月)





同地点
4月に訪れた時は、水は豊富でした。







この水場には
この様な標識が有ります。


←大岩バス停0.8km ・ 城ヶ平山頂上0.8km→





地図より水場の場所確認









上平集落跡地を過ぎると
コースは丸太の階段状のコースとなり
勾配が増します

またこの辺り周辺は杉林となり
茗荷が群生する地帯に成ります。

城ヶ平山
又の名は茗荷谷山
この一帯が茗荷が群生する事より
その名はついたとか?







杉林を過ぎるとコースはやや左側に旋回する
景観も杉林からコナラ林に変わる。







10:53

コースをやや下った所にベンチがある






ベンチがらは水橋辺りの平野が見えます


富山の25山・25湯では
このベンチの直ぐ先には奥行き2メートルほどに
人が1人入れる位の洞窟があるらしい

探してみるのも面白いかも?






ベンチを過ぎ、コースは
球階段の坂と成ります。

ここはペースを乱さず
ゆっくり行きます。








10:59

今度は、岩場

この区間にはロープが整備
ロープの強度を確認してから
慎重に登ります!











岩場ロープを登ると
一息つける平な場所に出て
そこら、再び急階段を登ると








11:04

とても広い広場に到着
そうです城ヶ平山の山頂に到着です。






城ヶ平山 山頂より
本来ならば素晴らしい剱岳を堪能できるはずが・・・・・

家より車で移動中は見えていたのに・・・・・

雲に覆われる。




城ヶ平山の頂より
山名の案内板





おまけ写真

若干 撮影位置が違うがハゲ山より12月の剱岳




天候次第で城ヶ平山からも
この様な剱岳が拝めるだろう!




剱岳UP










大日岳より右側より、お椀を返した様な山が鍋冠山





鍋冠山より更に右側に鉢伏山・来拝山が見えます。(撮影時期が違います4月)


各山々・頂からの景観比較
中山 細蔵山 クズバ山
赤谷山

大猫山

大熊山
大倉山 大辻山 剱岳
ハゲ山 城ヶ平山 尖山
富山平野 呉羽山より立山連峰 低山紹介

烏帽子山 負釣山 南保富士
大地山 大鷲山 白木峰
祖父岳  金剛堂山  袴腰山 
碁石ヶ峰     








勿論 富山平野も一望








おすすめ!

冬コースより城ヶ平山・剱岳景観






城ヶ平山よりハゲ山へ






城ヶ平山からはハゲ山へ
縦走する事が出来ます。


城ヶ平山の頂より
そのまま直進(写真矢印)します





11:12

この様な看板に出会います

看板に従い直進します





黄色い線のイメージでコースが付けられます。
この先は下ります。


その後は、小さなアップ・ダウンを繰り返しハゲ山に向かいます







城ヶ平山→ハゲ山

カシミール標高グラフ



累積標高差プラス 197m
累積標高差マイナス -173m

沿面距離 1,958m


所要時間 32分(早歩きです)
標準は1時間弱





展望の良い気持が良いコース
遠くに大倉山・毛勝三山が見える








森林浴も最高

途中





11:25

中浅生分岐に到着

ハゲ山を頂き
下山時は
ここから正男新道を経て
西種・大岩林道に出て大岩に下るのも良い


兎に角
標識はしっかり整備されているコースである








分岐地点よりしばらく歩き
階段状のコースを登れば







11:34

峠山に到着


ハゲ山に到着は
11:42















B峠山→ハゲ山
(ハゲ山ページより)



富山の山 城ヶ平山 ハゲ山 縦走カテゴリー

 富山の山ホーム @はじめに・アクセス A大岩→城ヶ平山
→峠山
 
 サイトマップ B峠山→ハゲ山
(ハゲ山ページより)
 C冬コースより城ヶ平山
剱岳景観



















newpage295html.htmlへのリンク