富山の山 大鷲山・登山
烏帽子林道→大鷲山
創楽・登山ホーム
はじめに・アクセス

登山口→烏帽子林道

烏帽子山林道→大鷲山
富山の低山ホーム

大鷲山・登山コースより 頂付近より日本海



前ページより烏帽子山林道合流より大鷲山・頂までを紹介します



烏帽子林道・標高460m 7:38出発→大鷲山標高817m 8:25
登山時間47分 距離2054m 標高差357m

登山口より時間 時間1:57分 距離4288m


烏帽子林道から大鷲山は
略1時間弱で登れます。

コースは
一旦最初に小ピークを目指し
ここから右側に折れ稜線伝いに歩くと大鷲山に到着です。
烏帽子林道から沿面距離は約2kmです。

コースはとても整備されているが
最初の小ピークまでは
これも略、直登なのでペース配分に注意して登ります。
まぁ距離は大した事ないが・・・・

小ピークを過ぎ
ここでコースは一旦右側に折れ
稜線伝いに歩きますが、

この小ピークから大鷲山までの区間から
見える日本海を中心とした景観が
何とも言えない位


美しい

海・山のコラボレーションと言った所か!

このページにも
一部掲載致しましたのでお楽しみに!









カシミール地図より
このページで紹介する区間






カシミール標高グラフより
このページで紹介する区間




写真によるコース紹介




烏帽子林道 合流地点からのコースは
ブナや杉が茂る

これも直登コース

いきなり大鷲山を目指す物では無く
一旦大鷲山の左側に有る小ピークを目指します

写真で最初に目指す小ピークが見えますので
その位置を掲載しました。







コース上より
右側前方に目指す大鷲山が見えてます。






コースの状態

直登の様子が良く伺える。






小ピーク 直下の様子

やはり直登!



コースは小ピークに到着
この地点から右側に折れます!




カシミール地図にて確認








小ピークからは
平坦なコース

視界が開けます!




小ピークから大鷲山までの区間で撮影した
日本海・親不知方面です

この様な絶景に
出会えるのが大鷲山・登山の後賛美か!

兎に角・圧倒される景観で有る事は
間違い無い







コースはやや左に折れ
大鷲山の頂を目指す!






大鷲山・頂付近のコースより親不知側を撮影

遠くは米山まで見える

この日本海と雪山(一部紅葉)を一度に撮影出来るとは
素晴らしい!!







朝日町・大鷲山・頂からの景観


2011.11.27(日)晴れAM8:30頃より




各山々・頂からの景観比較
中山 細蔵山 クズバ山
赤谷山 大猫山 大熊山
大倉山 大辻山 剱岳
ハゲ山 城ヶ平山 尖山
富山平野 呉羽山より立山連峰 低山紹介

烏帽子山 負釣山 南保富士
大地山 大鷲山 白木峰


各山々からの景観を比較するのも面白い








大鷲山・頂
2011.11.27は積雪が20cm程有りました。







白鳥山・犬ヶ岳が見える
その稜線が恐らく栂海新道であろう





樹木などが邪魔に成り観る事が出来ませんでしたが
無ければ、この様な景観が観られます。






朝日町が見える、平野中央に見えるのか北陸自動車道
日本海が、とても綺麗・写真左側に白山連邦が見えてます!







再度、日本海を撮影
遠くは能登半島まで見える







南保富士・二王山が見える
その後 白山連邦





望遠レンズ使用

新港・その後 二上山が見える
富山が湾状に成っている様子が良く伺える







立山連峰は(剱岳〜鋲ヶ岳)まで一望





同方向
カシミール3Dにて描写

白木峰などの位置が分る













剱岳〜僧ヶ岳までをUP








更に剱岳・毛勝山をUP




まとめ

・このコースには水場が無いので注意
・コースは整備されているが直登なので、秋など落ち葉が多い時期は
スリップなで注意

ハイキング気分でこの景観い出会える大鷲山
地元ではポピラーな大辻山などとは
違ったフインキを醸し出す。

帰りは、地元の
日帰り温泉・タラ汁を堪能するもの
良いと感じる


朝日町 観光情報

富山日帰り温泉情報

小川温泉オススメ

たら汁はこちらへ



最新情報はこちらが便利です。


各山々・頂からの景観比較
中山 細蔵山 クズバ山
赤谷山 大猫山 大熊山
大倉山 大辻山 剱岳
ハゲ山 城ヶ平山 尖山
富山平野 呉羽山より立山連峰 低山紹介

烏帽子山 負釣山 南保富士
大地山 大鷲山 白木峰


各山々からの景観を比較するのも面白い



創楽・登山ホーム
はじめに・アクセス

登山口→烏帽子林道

烏帽子山林道→大鷲山
富山の低山ホーム