簡単・わかりやすい古事記あらすじ



このページでは、水木しげるさん著者
古代出雲を基日本三霊山の神様などをプラスした
簡単で分り易い


古事記のあらすじ
(大国主神 国譲りまで)

を紹介致します



パワースポット
はじめに→天の岩戸

ヤマタノオロチ・
因幡の白兎・大国主の試練



登山ホーム




最初のページは
天の岩戸まで








第一章
イザナギ・イザナミ国生みまで



宇宙の初めは混沌としていた。

やかて、天と地は元々一つだったが、
やがて分かれる。

すると
最初の神

天(高天原)に

アメノミナカヌシの神

タカミムスビの神
カミムスビの神

の三柱の神が生れ

その後
姿を消し

天地がまだ固まらない状態であった時に

ウマシアシカビヒコジの神
アメノトコタチの神

が現れた

これらの
五柱の神を
別天神
と言います



その後

十ニ柱
最初の二代は一柱で一代
その後は二柱で一代と数え
七代とし



1・国之常立神(くにのとこたちのかみ)

2・豊雲野神(とよぐもぬのかみ)

3・宇比邇神(うひぢにのかみ)・須比智邇神(すひぢにのかみ)

4・角杙神(つぬぐいのかみ)・活杙神(いくぐいのかみ)

5・意富斗能地神(おおとのじのかみ)・ 大斗乃弁神(おおとのべのかみ)

6・淤母陀琉神(おもだるのかみ) ・阿夜訶志古泥神(あやかしこねのかみ)

7・伊邪那岐神(いざなぎのかみ)・伊邪那美神(いざなみのかみ)





これらを

神世七代
(かみよななよ)

と呼びます

やがて

神世七代の
七代目

イザナギ・イザナミは

天の浮橋から
矛を海水にさしおろし





海水から島を引き上げます。

その島が後の日本です。
因みに、最初は淡路島です


御嶽山

御嶽神社は
神世七代 最初の神

国之常立神を祀ってます。



御嶽山・登山へ




古事記より
古代を記した竹内文書では


神世七代 最初の神
国之常立神

は50万年以前
飛騨・位山

世界中を治めて
世界中から五色人が集まり
位山へお参りに来てたそうです。










古事記
あらすじ


第二章



その後

イザナギ・イザナミは

山・川・水などの自然や住居・穀物の神
を次々と生む

すなわち
陰と陽が合わさり
全てのモノの生みの親となりました。

しかし
神生み最後に火の神

ヒノカグツチ

を生んだイザナミは下腹部に大火傷を負い
死んでしまった


イザナギは
イザナミの死を悲しみ
イザナミを追って死者の住む

黄泉の国

に行く

しかし
そこで見たのが
醜い姿に変った
イザナミの姿であった


イザナミ
(見たわね〜よくも私に恥をかかせてくれましたね・・・・・・)


追いかけてきます


黄泉の国
現世の境にある


黄泉比良坂

まで来ると
そこにあった桃の木の実を投げ
やっと逃げ切ります。




そしてイザナギが
死の穢(けがれ)を祓う(はらう)ため

全身を洗い清めると
様々な神が生まれ

その後
左目を洗うと

天照(アマテラス)

右目を洗うと
ツクヨミ

最後に鼻を洗うと
スサノオ

が生まれました。


そして

アマテラスは
高天原

ツキヨミは
夜の国

スサノオは
海原(地上)

を治める事になります。



ここで重要に成るのが、

アマテラスをはじめ高天原の神を天津神

スサノオをはじめ海原(地上)の神を国津神

神様でも大きく二系統に分かれます。

因みに出雲大社の
大国大神はスサノオの子孫なので
国津神となります。



両神山

両神神社は

イザナギ・イザナミを祀ってます。



両神山・登山




日本書紀より

イザナギを追ったイザナミは
黄泉比良坂で追いつき 口論となります。

その仲裁に入ったのが
菊理媛神(ククリヒメのカミ)

その後、イザナギとイザナミは仲直りをされたそうです。
この事より、菊理媛神は縁結びの神とされてます。
菊理媛神は白山比盗_社に祀られ

総本山は

日本三霊山の一つ
白山です。




白山 登山












古事記
あらすじ


第三章

スサノオ・アマテラス
そして天の岩戸



しかし、スサノオは、亡き母を慕って

泣きわめくばかりで
一向に海原を治めない

そして
亡き母のいる

根の国

に行きたいが、

その前に
姉アマテラスに別れを告げる為

高天原に向います。


その頃、高天原のアマテラスは
わがままなスサノオが来るのを警戒し
男の装いをして待ち構えます。

そして

スサノオは
アマテラスに

身の潔白を証明する為、

誓約
(うけい)


「誓いをたて神に祈って天の判断を仰ぐこと」

に委ねる事を
申し入れます。

そして

先ず
アマテラスが
スサノオの剣を折って
噛み砕くと

三女神が生まれ


次に
スサノオが
アマテラスの勾玉を
噛み砕て吹くと

五男神が生まれました。

(やがて、この五男神の子孫が初代天皇神武天皇と成り、現代の天皇に繋がります。)


勝敗のルールを決めずに
誓約をした事より

スサノオは
自分の剣から
(しぶんの心から)

清らかな
女神が生まれたので

自分の勝と訴える


高天原で暴れだす


そして
とうとう
その果てに
神衣を織っていた
織女が

死んでしまいます。



そして
アマテラスはスサノオの乱暴な振舞いを
恐れて

天の岩戸

に身を隠してしまします・・・・・


そして世界は
真っ暗闇になってしましった。


困り果てた
八百万の神々は

天の安の河原に集まり
対策を協議しました。

そこで
意見が出たのが、

一章で紹介した
最初の三柱神

カミムスビの神

の子である
オモイカネが、

アマテラスが
隠れた

岩戸の前で
祭りをする事を提案します。


そして

岩戸の
前で、明るい陽気な性格


アメノウズメ

が踊りだす

踊る内にのってきた
アメノウズメの上着の前をはだけて

豊かな、胸が丸出し!

それを見た
八百万の神々は

「いいぞ いいぞ」

と祭りは大盛り上がり


そして

その様子が気に成った
アマテラスが
岩戸を開け
顔をのぞかせた時

力自慢の

アメノタヂカラオ

がアマテラスを引きずり出し

そてにより
世界の明るさが戻りました。




戸隠神社

天の岩戸が飛来し、現在の姿になっと言われる
戸隠山を中心に発達、
祭神は「天の岩戸開きの神事」
の功績のあった神々を祀ってます。




戸隠神社はこちらへ




天の岩戸で大活躍した
アメノタヂカラオ



を祀る神社は
雄山神社が有名です。総本山は

日本三霊山の一つ
立山です。






アマテラスを祀る
日本を代表する神宮は

伊勢神宮

です。








神宮と大社の違い

「神宮」とは本来、伊勢神宮をはじめ
皇室とかかわる神社も神宮というようになります。

神宮とついた場合は、
天照大御神さまの系統の神々、
もしくは皇室にかかわる神々を祭っています。


「大社」とは本来、出雲大社(島根県)のことであり
後に、国津神を主に祭る有力な神社が
大社を称するようになります。


住吉大社(大阪府) 熊野大社(和歌山県)
 諏訪大社(長野県) 宗像大社(福岡県)  
などありますが、
神威のある偉大な神社を示してます。


ただ、名称と本来の意味とは違っている場合もあり
                          












ヤマタノオロチ→因幡の白兎


パワースポット
はじめに→天の岩戸

ヤマタノオロチ・
因幡の白兎・大国主の試練



登山ホーム











































































































newpage345.htmlへのリンク