日本三大パワースポット 聖域の岬
空中展望台・聖域の岬







このページでは、日本三大パワースポットの
一つである石川県能登半島の最北端にある

聖域の岬

を紹介致します。



ちなみに
自然系
日本三大パワースホットは

静岡県・富士山(活火山・断層地帯)
長野県・分杭峠(ゼロ地場地帯)
石川県・珠洲岬 聖域の岬(気流融合地帯)



概要

石川県能登半島の最北端に聖域の岬と
よばれる珠洲岬(すずみさき)があります。

(珠洲岬は石川県能登半島の北東端の
禄剛崎、金剛崎、長手崎などの岬の総称
その中の、金剛崎が
【聖域の岬】と呼ばれています。)



パワースポット
の理由


日本海に大きく突出している能登半島は、
独特な地層構造の為、



気象的には
寒帯ジェット気流と、
亜熱帯ジェット気流が
合流する場所(日本独自の
気候・四季を形成する元)


海洋的には
海面での卓越風を含む
暖流、寒流が能登先端で
合流し表層循環・熱塩循環等の
海洋循環が行われている場所




このことから、
能登半島最先端部には、
気流、海流、大地の気流が
複合的に凝縮され、
世界的にも稀な波動集積地
となっている。

言い換えれば

地球規模のサイクルで岬に
集まる『大地の気流』と、

南からの海流(対馬暖流)、
北からの海流(リマン寒流)が
波状的に集結して交わる

「自然界のパワー」

が集中する場所です。



特に、
海流が交じり合い”気”がある場所として、
数々の伝説が残されており、
500万年のときを経てできた
青いブルーのパワーホールは必見とあります。


最初小さな石ころが溝に入り、
それがやがて波に転がり約500万年
かかって出来たと言うパワーホール
をいくつかあるそうです




パワーホール


現存する伝説で、一番最初に
パワースポットのご利益に
あずかった人は「源義経」で
はないかと推測されています。

また、古くは出雲の国の神話“
国引き神話”にも登場した由緒が
あるそうです。






よしが浦温泉
ランプの宿






この聖域の岬には
約450年前から続く温泉宿がある。

昔は船で入った海辺ギリギリ に
建つ奥能登最先端の秘湯でした。


「ランプの宿」とは、
ほんの30年ほど前までは
本当に電気も通っていなくて
ランプの灯りが頼りの温泉たった
ところからきているそうです。

昔は道路の整備も今ほどではなく、
秘境の宿でした。


噂では

歌では都はるみの「北の宿から」、
石川さゆりの「みさき隠れの旅の宿」、
川中美幸の「らんぷの宿」など
阿久悠氏が作詞した曲が、
この場所で書かれているそうです。


松任谷由実さんの「真夏の夜の夢」も、
ここ「ランプの宿」で書かれた歌とあります。

静かな佇まいで
ゆっくり過ごすのも
良いと感じるが、

「ランプの宿」は予約半年待ち・・・
倍率30倍と言われるほど、
人気スポットとなっています。


ランプの宿
公式ページは
こちらへ







日本三大パワースポットについて
サイトがありました。


日本全土に多数点在する
有名なパワースポットは

「波動の融合地」、「磁場の変動地」、
「地殻エネルギーの放出地」

の三つのタイプに分類し、
その有力候補値を案内するもの

選定条件としては、
1:単にパワースポット的な
場所や建築等に捉われないこと。
2:地球規模で、人や植物等に多様な好影響を
与えている広域エリアであること。
3:日本の歴史・文化・風習に伝統的に順応した、
実績指数の高いエリアであること。
以上三点の項目を重視し、
厳選・選出したそうです。



日本三大パワースポットの
詳細については
こちらへ











写真による
日本三大パワースポット
聖域の岬を紹介



ここでは
自分が歩いたコースにて
聖域の岬を紹介致します。

大まかなイメージを感じて
頂ければ幸いです。






聖域の岬
駐車場の様子

駐車料金は
無料です。




聖域の岬
グーグルマップより

アクセスは
車を使用するのが
望ましい。

道には、案内板が
あり、複雑な道がないので
迷う事は無いと思います。



バスを利用される方は
こちらへ








聖域の岬
入口付近より

写真より
左側に、名物
聖域の岬・ランプの宿が
一望できる

空中展望台
スカイバード


です。

写真より
右側に入場券売場と見えますが、

空中展望台
スカイバードを含め
聖域の岬エリアに入るには
有料です。






聖域の岬
入口付近より
聖域の岬エリアの紹介図が
あります。







聖域の岬には
12のスポットが有ります。

見所は、
有料ゾーンである

案内図より

①日本三大パワースポット聖域の岬

⑨空中展望台スカイバード

⑩青の洞窟


の3箇所です。




   
   


案内図より
聖域の岬
12箇所の見所の紹介文











入口より
聖域の岬ゾーンに入ります。







入場券は、入口に入って
直ぐの所に、自動販売機が有ります。

空中展望台
スカイバードの場合

500円


空中展望台と青の洞窟を
希望する場合

1500円



です。

ここで注意したのは
青の洞窟はヘルメットを装着しないと
入れません。

そこで、入場券は
入口付近の
自動販売機で購入するのでは
なく

直ぐ横にある
自然環境保護センターで
購入する事をオススメします。

係員からヘルメットを受け取り
コースの説明を
聞く事が出来ます!









係員から受け取っと
ヘルメットを持参して
いよいよ、聖域の岬ゾーンに入ります。

入場券は


空中展望台と青の洞窟

1500円


を購入しました。

入口にあるゲートに
入場券のバーコードを
近づけると、ゲートが開きます。








入口にある案内図より
空中展望台・青の洞窟コースを
黄色の○で囲みました。

青の洞窟はヘルメット着用です。







ゲートより
先ず、最初に行くのが

空中展望台
スカイバード

海抜30メートルからの
展望が望めます!







空中展望台の見所は
2箇所あり、

1階には崖から突き出した
空中展望台がメインであり
その長さは 9.5m

世界ベスト3にランクされてます。

2階にも展望台が有ります。











出典:suzukankou.exblog.jp

崖から突き出た空中展望台は9.5m!!!
世界ベスト3にランクイン









空中展望台スカイバード
2階からの景観


聖域の岬 そして
ランプの宿(よしが浦温泉)
が見える。



下の方に見える黒い屋根。
これがランプの宿です。
このランプの宿の周辺が聖地の岬であり、
能登半島の先端になります。
“最果ての聖地”
として知られるパワースポットです。


この珠洲岬にある「ランプの宿」は、
約450年前から続いている海辺
ぎりぎりに建つ奥能登先端にある秘湯

館内には約50個のランプが灯り、
幻想的でロマンチックな
ひとときを過ごすことができます。
ここはなかなか予約がとれ
ない宿としても有名です。


 
※ 公式HPは
こちら


ランプの宿がある辺りが
「聖域の岬」であり、
古くは「最果ての聖地」として
知られ由緒あるパワースポット








大展望を堪能し
天空展望台を後にする。

展望台より
コースはその先である
聖域の岬
に向かいます。









コースはY字路となり、
Y字路を左側に進み

やぶ椿の原生林

に進みます。






案内板より
Y字路の位置

Y字を左側に進み

聖域の岬

を堪能し
再びこのY字路に戻ります。








やぶ椿の原生林を過ぎると
第一ループウォーク地帯

日本三大パワースポット
聖域の岬

に到着する。

この
聖域の岬は

「空飛ぶ仙人」伝説
があります。



天竺(てんじく)の摩詞陀国(まかだこく)からやってきて、
第九代開化天皇から第十一代垂仁天皇(すいにん)の世まで

聖域の岬(珠洲岬)に住んでいた方道(法道)仙人は、


垂仁天皇の皇子大玉彦忍代別尊
(おおたまひこしのよわけのみこと)がことばを

発せないでいるのを知って、仙法を用いて
治そうと石動山(せきどうさん)におもむいた。

まもなく効験(こうげん)があらわれ、
鶴が飛んでいるのを見た尊が
「何という鳥だ」と声を発した。

方道(法道)の名は高まり、舞台となった
石動山も宮中から厚く
保護されることになった。

この世おいて、なすべきことは
すべてなし終えた仙人は、この岬から
まもなく天へ登っていった。

すなわち、
「能く(天へ)登る」


天と通じる地であるところから、
能登の名が生じたそうです。

方道仙人の事跡は、播磨、但馬、丹波などの
両国三十三観音巡礼札所においても、
札所の発生由来とともに多く語られております。

参考資料
「能登のくに」半島の風土と歴史
北国新聞社より







聖域の岬は
出雲風土記(714年)の国引の神話に
韓国の新羅と共に登場しました。


参考資料は
こちらへ




聖域の岬には
ベンチが整備されております。

しばらく
ゆっくりこの地で
美しい景観を堪能しながら
滞在しておりました。










聖域の岬より
最北端の岩場

珠洲岬の地質は火山岩から成りたつ。


下川友子オフィシャルブログより
この岩辺りから
凄い気が、やってくる!

と有ります


正直、自分には
あまり感じませんでしたが、

分かる方には、分かるスポット
パワースポット
間違い無いと思います。


下川友子オフィシャルブログは
こちらへ






聖域の岬より

しばらく、この絶景を堪能しながら
何も考えず

ボーと過ごす
とても贅沢








案内図より

現在

①日本三大パワースポット
聖域の岬に居ます。


次のページでは、
縁結び 七つの願いが叶う
青の洞窟に行きます!

































newpage186.htmlへのリンク

newpage187.htmlへのリンク

newpage188.htmlへのリンク