創楽トップ
souraku.jp

『創楽 登山』
富山の山 尖山・登山
登山口までのアクセス方法や超常現象について紹介致します!

富山の山 尖山・登山(コース詳細説明)
①はじめに・アクセス
超常現象

夏椿峠ルートより尖山
夏椿峠ルートより尖山


富山の山 尖山 登山カテゴリー

①はじめに・アクセス・超常現象・登山道(前編) ②登山道(後編)まとめ ③頂きからの景観
④残雪期 登山道について ⑤夏椿峠ルート ⑥UFOゆかりの地
創楽・登山ホーム サイトマップ(もくじ) 富山の山 一覧

不思議スポットめぐりカテゴリー

①尖山 GPS超常現象 ②五箇山 天柱石 輝く ③モーゼパーク天空浮舟
④位山 GPS超常現象 ⑤剣山 アーク伝説 ラエリアンムーブメント
公式ホームページ
創楽・登山ホーム サイトマップ(もくじ) パワースポットホーム



尖山・登山 はじめに


不思議な円錐の山(尖山)この山付近でUFO
を見た!またはピラミッドでは無いか?
など超常現象にまつわる話しが多い
尖山に登山します

尖山で検索すると面白いサイトが沢山ありました。
一部興味があるサイトをリンクして置きます。
古代祭祀場トガリ

標高500mクラスの低山とは思えないほど、
興味深い話しが多く、とてもロマンを感じさ
せられます。この尖山は一般的には「とんが
りやま」と呼ばれているが、地元では

「とがりやま」

と呼ばれています。またその昔、この山に布倉
姫という神様がいたとの伝説より「布倉山
と呼ばれておりました。尖山を色々調べると、
凄いページを見つけました。この見解を読むと
何れのパワーースポットより尖山こそ本当のパ
ワースポットと思えてならない!

UFO=プレアデス星団=神々=越中・尖山

こちらへ


尖山・登山1
剱岳の玄関口である馬場島よりプレアデス
更に興味がある方は
こちらへ

竹内文書では富山県(越の国が世界発祥の地・呉
羽山で有るような事が書かれている。そして、そ
の事に深く関わるのが尖山です。竹内文書が面白
が、偽りである話もある。個人的には、とても
壮大な話でありロマンを感じます。

UFO・宇宙人・自然
を想像しながら、登るのも楽しい!

尖山は年中、登ることが出来る山このページでは
積雪期などの状態、山頂からの景観など、色々掲
載しますので、楽しんで頂ければ、幸いです。

また最後に冒頭にも書きましたが竹内文書に云わ
れがある。呉羽にある皇祖皇太神宮も掲載した
ので興味がある方は、
こちらへ

では、よろしくお願い致します。




登山データ

山名 尖山(とんがりやま)又(とがりやま) 標高 559m(二等三角点)
場所 富山県・立山町
ルート 本道ルート

高度差 約224m
累積標高+ 258m
累積標高- 34m

所要時間上り 約40分

下り 約35分
駐車場→尖山頂 沿面距離1,293m
歩数 2378歩(片道)
登山 毎年恒例
天候 晴れ
登山ルート

尖山・登山1
カシミール地図より、登山コース紹介です。


登山ルート・カシミール標高グラフ

尖山・登山1
登山口→尖山
カシミール標高グラフ

尖山パワーで狂っているのか?
軌跡データ(赤線)もジャンプ
している様に、跳ねてます・・・・


登山道3Dイメージ

尖山・登山1
カシミール3Dに寄る尖山・登山ルート

赤い線が登山ルートです。

カシミール3Dで軌跡データを表示したが、
出鱈目なデータ
(軌跡データが宙に舞っている)

尖山 不思議なパワーなのか?
登山コースとしては、全く参考に成らないが
尖山パワーの証拠として掲載します。


付近の施設

尖山・超常現象について





カシミール3Dより夏椿ルートに行った際
登録された軌跡データー
標高1600m付近より軌跡が始まってます。
実際は標高287m
幾らなんでも誤差が大きい
GPSの狂い過ぎ



カシミール標高グラフより

映し出させた軌跡データ(歩いた軌跡)幾らなん
でも、空は歩けないぞ!どうして、こんな奇妙な
事が・・
その後、尖山に深い係わりを持つ五箇山
・天柱石、岐阜県・位山でも不思議な現象が・・

天柱石については
こちらへ

位山については
こちらへ


スポンサーリンク



尖山・アクセス(通常)


尖山・登山1
立山アルペン村を過ぎ、しばらく進むと
尖山登山道 入口30mの案内板が有ります。

尖山登山道の看板より
やや進んだ地点に黄色い建物
立山サンダーバード)が見えます。


尖山・登山1
尖山登山道 入口30mの案内板より
30m進み横江集落に車を進めます。


登山口の入口の位置です。
ヤフー地図より

尖山・登山1
集落を過ぎると、林道へ


尖山・登山1
林道はジグザグしながら、擦れ違いが出来ない
悪路です。大きな車は、恐らく切り返しをしな
いと曲れないと思います。


尖山・登山1
しばらく進むと、Y字路に到着
とんがり山2kmの案内板があり
ますので案内通り右側に進みます!


尖山・登山1
右側に曲ったら、こんな感じ
道成りに進みます。


尖山・登山1
しばらく、砂利道を進み
やや右側に折れますが、
正面、丁度車が駐車してますが
その車の左側に夏椿峠登山道が有ります


尖山・登山1
夏椿峠コースから尖山を
目指す場合、ここから登ります。


尖山・登山1
夏椿峠登山口を過ぎ、砂利道を進めると
尖山が正面に見えてきます。
まさに富山のピラミッド!!


尖山・登山1

道はやがて駐車場に到着します。
駐車場は、車が5台程度駐車できる感じで
舗装され整備されています。




尖山・アクセス(冬季)


冬の場合(残雪シーズン)は、
先ほど紹介した2アクセスルートは
車の乗り入れが出来ませんので
別駐車場に駐車する事になります。

尖山・登山1
尚、冬季以外でも、横江集落以降
道の崩落などで車が乗り入れない
場合も一緒で冬季用の駐車場に
駐車する事になります。


尖山・登山1
駐車場の位置は
尖山登山道 入口(横江集落)より
約500m程進んだ地点に設置されてます。


尖山・登山1

駐車場付近の道の様子
左側に尖山入口の案内有ります!

目印は付近に横江頭首工の
標識があります。


尖山・登山1
駐車場は車5~6台は駐車できるスペースです!


尖山・登山1
駐車場よりトイレなどに
ついて掲載されてます。

ゴミはお持ち帰り下さい


尖山・登山1
駐車場より横江集落に進み突当たりを左折します
案内板有ります!


尖山・登山1
しばらく進むと沢を渡り右折します。


尖山・登山1
沢を渡ると、通常の尖山アクセス
ルートの合流します!
そのまま道成り(標識に従い)
に歩き尖山を目指します。



スポンサーリンク



尖山・本道(前編)


はじめに、必ず読んで下さい。
2017年5月 尖山ルート下山時にて
滑落死亡事故が発生しております。低山
だからと言って侮ってはダメです。登山
の際は、足元など十分に注意して行動す
る事をオススメします。


尖山・登山1
さあ、車を降りいよいよ登山開始ですが、
登山道の入り口には、クマ出没につき
注意願いますの標識が立っていました。

くれぐれも鈴を忘れないように!!


尖山・登山1

登山口にある登山道案内

登り60分
下り40分


尖山・登山1
登山道スタート直後は、道が開け、
若い杉が多い茂っている感じがします。
道の右側は沢が流れています。


尖山・登山1
沢沿いを歩く感じです!


尖山・登山1
しばらく歩くと、正面左側に水場がありました。


尖山・登山1
道は、斜度だ少なく歩き易い
状態が続きます。右横に沢が見えてます。


尖山・登山1
登山口の案内板では
清らかな沢のながれ
と紹介されてます!


尖山・登山1
道の横の沢は時には、写真の様な、
滝らしき所も有り何か称名滝の
ミニチュアを感じさせられ、
目を楽しませてくれます。
滑滝と言います。


尖山・登山1
登山口にある案内板より滑滝の写真


尖山・登山1
登山道はやがて、沢を横断します。
この橋(鉄パン)を通りますが、
この橋はただ置いてあるだけで有り、
動きますので注意して渡ってください!


尖山・登山1
登山口にある案内板では
石わたり
と紹介されてます。


尖山・登山1
ルートデータ


このページのまとめ


【1】
尖山には、磁気が生じるのか、GPSの利用が
困難となる。(超常現象)


【2】
通常は登山口まで車で行けるが、冬季は離れた
場所に駐車場が設けられている。


【3】
登山道が熊が出る恐れがあるので、熊鈴を忘れな
いように!また足元が悪いので、泥跳ね対策も忘
れないように!


【4】
登山道入口付近の立山サンダーバードのサンドイ
ッチやオニギリが手作りで美味しい!立ち寄りス
ポットである。

尖山・登山1
立山サンダーバード


尖山・登山1
美味しいサンドイッチやオニギリ




スポンサーリンク



②登山道(後編)まとめ

富山の山 尖山 登山カテゴリー

①はじめに・アクセス・超常現象・登山道(前編) ②登山道(後編)まとめ ③頂きからの景観
④残雪期 登山道について ⑤夏椿峠ルート ⑥UFOゆかりの地
創楽・登山ホーム サイトマップ(もくじ) 富山の山 一覧

不思議スポットめぐりカテゴリー

①尖山 GPS超常現象 ②五箇山 天柱石 輝く ③モーゼパーク天空浮舟
④位山 GPS超常現象 ⑤剣山 アーク伝説 ラエリアンムーブメント
公式ホームページ
創楽・登山ホーム サイトマップ(もくじ) パワースポットホーム



創楽 富山の山

創楽パワースポット

創楽 登山

山と自然 安全のための知識と技術

創楽トップ




ページのトップへ戻る