創楽・登山
souraku.jp

富山県道67号宇奈月大沢野線」の中でも最も人気がある「寺家トンネル」について掲載します。「寺家トンネル」とは三つのトンネルの総称であり各トンネルには「池原一~三号隧道」と言う名前が付けらております。このページでは寺家トンネルの中でも道幅が狭い「池原一号隧道」について詳細に紹介します。尚この区間は心霊現象の噂がある区間なので注意願います。

富山県道67号宇奈月大沢野線
完全制覇
②寺家トンネル(池原一号隧道)

創楽TOP > 富山の魅力> 県道67号線②池原一号隧道

県道67号線 寺家トンネル池原一号隧道タイトル
富山県道67号線より
池原一号隧道の様子


富山県道67号線・カテゴリー

①はじめに・大沢野
国道41号線→寺家公園区間
②寺家トンネル「池原一号隧道」区間 ②寺家トンネル「池原二~三号号隧道」区間
④「小佐波」→「東福沢」→「文珠寺」区間 ⑤「文珠寺」→ ⑥上市→魚津区間
⑦魚津区間→宇奈月区間
関連 富山の山歩き 創楽・富山の魅力ホーム 創楽トップ



県道67号線
池原隧道について


このページでは富山県道67号線(宇奈月・大沢野線)
の中でも人気がるルート「寺家トンネル」区間を紹介
します。「寺家トンネル」とは三つのトンネルの総称
であり各トンネルには「池原一~三号隧道」と言う名
前が付けらております。

このページでは寺家トンネルの中でも道幅が狭い
「池原一号隧道」について詳細に紹介します。


「富山県道67号宇奈月大沢野線」について気になる
方は、トップページを参照して下さい!!
こちらへ

このページで紹介する「寺家トンネル」区間は道幅
が狭く「軽自動車」のみ通行可能なので十分に注意
して下さい。アクア・フィットクラスなら行けるの
では?と思われた方!ダメです。



県道67号線 寺家トンネル区間マップ
寺家トンネル周辺マップ

概要
先に紹介しましたが、「寺家トンネル」とは
池原一号~三号隧道の総称であり、三本のトンネ
ル(隧道)があります。

ルートは道幅が狭く軽自動車のみ通行可能です。
すれ違いも困難な区間です。
雨量の多い日や
冬期は通行止になりますので注意して下さい。


ルートは寺家公園より狭い道路をしばらく進む
と正面に「池原一号隧道」が見えてきます。一
号隧道を過ぎてしばらく走ると「林道」に合流
し、ルートはその林道を右折して直ぐに左折し
ます。(この区間は詳しい紹介あり後半に!)

林道を左折して道なりに進むと「池原二号隧道」
に到着します。二号隧道を慎重に通過すると立
派なお墓と記念碑を右手に見え、そのまま車を進
めると「廃村地帯」に入ります。そこには「観音
堂」があり今でもこの地帯を守って下さっており
ます。


「廃村地帯」を過ぎると「池原三号隧道」に進
みます。この三号隧道は一号・二号よりもやや
道幅が広く通行しやすく感じます。
そしてこの
三号隧道の出口(小佐波側)の脇には「お地蔵
さま」が安置されておりますので、頭を下げて
通行する事をオススメします。


この先は狭いクネクネした県道(険道)67号線
を進むと「小佐波」のバス停に到着します。

注意事項
絶対に読んで下さい!!

このページでは県道67号線全線を可能な限り詳しく
紹介しますが、一部路面の状態が悪い区間・軽四で
ないと進めない区間・また心霊スポットも通過しま
す。県道と言っても普通の幹線道路では全くの別物
です。安易に近づけない区間もありますので、くれ
ぐれも自己責任にてお願いします。



この区間は有名な心霊スポットである事を
忘れないように願います。


富山県道67号線「池原一号隧道」
このページの目次
このページの注意事項
写真によるルート紹介
寺家公園 → 池原一号隧道区間
動画にて紹介
このページの
まとめ
富山県道67号線
カテゴリ



写真による寺家トンネル
「池原一号隧道」の紹介



県道67号線 富山 寺家公園駐車場
前ページの続きより県道67号線「寺家公園」
の駐車場の前を通過します。写真は駐車場に
車「ジムニー」を駐車して撮影しました。



グーグルマップより「寺家公園」の位置


県道67号線 富山 寺家公園駐車場トイレ
「寺家公園」の駐車場にはトイレがあります。
これからの険道に備えて予め済ましておく
事をオススメします。笑


県道67号線 富山 寺家公園遊歩道三十三観音
前ページにも紹介しましたが、県道67号線の
目的は「富山県東南部の山麓沿いに点在する
観光拠点を結ぶ重要な幹線道路」
なので観光拠点は紹介させて頂きます。

寺家公園には遊歩道が設置されており三十三観音
巡拝できます。ありがたい霊場です。また
実際にこのルートを辿ったページがあり
ました。

「富山山歩記」
船峅山西国三十三観音霊場


県道67号線 富山 車幅、車高制限標識
寺家公園を後にして県道67号線に戻ります。

「寺家公園」からの「県道67号線・寺家トンネル
区間」は
「高さ2m以下・幅1.48m以下」

の車両!つまり軽自動車のみ通行可能
区間となります。


県道67号線 富山 通行止
しかも「雨量」の多い日は

「通行止」
となりますので十分に注意して下さい!

また「冬期も通行止」です。


県道67号線 富山 実際の道路幅の様子
実際の寺家公園から池原一号隧道までの区間の
道路の様子をジムニーを使用して撮影しました。

道幅が狭い様子が伺えると思います!!


県道67号線 富山 道路の様子
道路には落石の跡が・・・・・
正に「険道」「酷道」と呼ばれる理由が
頷けます!軽自動車でも新車とか?オススメ
出来ません。これが県道67号線です!!


県道67号線 富山 池原一号隧道の外観
落石など狭い道路を進むと遂に正面に
ひと気が静かな「池原一号隧道」が姿を現し
ます。初めて見る方はその異様な様子に
戸惑うかもしれません。


県道67号線 富山 池原一号隧道の拡大写真
何やら不気味な雰囲気の「池原一号隧道」
先に紹介しましたが、
心霊スポットでもあります。


県道67号線 富山 池原一号隧道プレート
隧道の入口の上部には
「池原一号隧道」と表示されてます。




県道67号線 富山 池原一号隧道と車との比較
ジムニーと池原一号隧道の大きさを
比較してました。

道の入口に掲載されていた
「高さ2m以下・幅1.48m以下」
頷けると思います。

このページ序盤にアクア・フィットクラスなら
行けるのでは?の考えはダメと書きましたが、
この隧道の通過があるからです!!


他のブログなどでは普通車で通過している様子
が紹介されてますが、超ノロノロでギリギリの
勝負をしていたと思います。


県道67号線 富山 池原一号隧道の中の様子1
それでは「池原一号隧道」に入ってみます。
先ずは広い空間となります。
安心・安心区間です。


県道67号線 富山 池原一号隧道の中の様子2
広い空間を過ぎると周囲がコンクリートで
固められた狭いトンネルの変貌です。

ゆっくりこの狭い周囲がコンクリートで固め
られたトンネル部に入って行きます。


県道67号線 富山 池原一号隧道の中の様子3
狭いコンクリート部を通過すると
今度は更に道幅が狭くなり手掘りトンネル
に変貌します。ここまで来たらトンネルでは
なく洞窟感覚だ・・・・笑


トンネルの上部にはコーモリの集団が居ます!!
車が近づくとバタバタ飛び出しまので
慌てないように!!


県道67号線 富山 池原一号隧道の中の様子4
池原一号隧道の手掘り区間より道幅の様子
が伺えると思いますが、ドアミラーと
トンネル側面との距離を見て下さい!

10cm程度です。


県道67号線 富山 池原一号隧道出口より林道と合流1
何とか池原一号隧道を通過してしばらく
すれ違いが困難なクネクネした道を進むと
正面に「まともな林道」にぶち当たります。

この「まともな林道」を右折します。

正直「池原一号隧道」を通過したら
どの道もまともに見えてしまう・・・汗

隧道や道路の様子は動画を添付しますので
そちらを観て下さいね!!


県道67号線 富山 池原一号隧道出口より林道と合流2
「まともな林道」を右折して直ぐに

今度は左折して

また狭い道路「県道67号線」となります。


県道67号線 富山 池原二号隧道手前の道の様子
「まともな林道」を左折して道幅が狭い区間を
走ると道路の脇にお地蔵さまを見かける様に
なります。このまま先に進むと
「池原二号隧道」に到着します。

次のページに続きます


県道67号線
「池原一号隧道」周辺
動画紹介



このページで紹介した区間を動画にて
分かり易く楽しくまとめました。
良かったら見て下さいね!


このページの
まとめ


【1】
寺家公園の先の「寺家トンネル」区間
は道幅が狭く軽自動車のみ通行可能と
なります。


【2】
「寺家トンネル」区間は雨量が多い場合
通行止となります。また冬期通行止です。


【3】
「寺家トンネル」区間は心霊スポットなので
敏感な方は近寄らな事をオススメします。


【4】
「寺家トンネル」池原一号隧道の内部の手掘り
区間にはコウモリが生息しております。






③寺家トンネル
「池原二号隧道~三号隧道」
の紹介

富山県道67号線・カテゴリー

①はじめに・大沢野
国道41号線→寺家公園区間
②寺家トンネル「池原一号隧道」区間 ②寺家トンネル「池原二~三号号隧道」区間
④「小佐波」→「東福沢」→「文珠寺」区間 ⑤「文珠寺」→ ⑥上市→魚津区間
⑦魚津区間→宇奈月区間
関連 富山の山歩き 創楽・富山の魅力ホーム 創楽トップ




  

創楽 富山の魅力
富山の魅了

  

創楽 富山の山
富山の山

創楽トップ
創楽 -souraku.jp-


ページのトップへ戻る