富山の山(富山の百山) 医王山・登山
菱広峠(夕霧峠)→奥医王山




奥医王山 登山コース序盤288段の階段


医王山・登山カテゴリー

富山の山ホーム   ①はじめに・アクセス ②堂辻・登山口→沢の分岐 ③沢の分岐→鳶岩 
 サイトマップ ④鳶岩→白兀山→菱広峠 ⑤菱広峠→奥医王山  



このページでは
医王山・登山

菱広峠(夕霧峠)→奥医王山
までを紹介致します!

写真が多いので、やや重たいです。


コース概要

医王山
最高峰である
奥医王山は
現在、
イオックス・アローザスキー場
百万石道路が整備され
スキーリフトの終点地
菱広峠(夕霧峠とも呼ばれる)
から、容易に登る事が出来ます。

(尖山より標高差が少ない)

山群の中央部で景勝地の多い
白ハゲ山・トンビ岩・三蛇ヶ滝一帯
の開発が進むにつれ

「手つかずの山」

として評価が高まってます。


コースは、
序盤より、いきなり
288段の急な階段を登ります。
(この288段の階段を登れば後は容易です。)

階段を登ると
見返りの杉のある地点に到着

その昔
医王山を開山した

泰澄大師

が、ここで
足元に広がる
砺波平野や加賀の
景色を振り返ったそうです。

泰澄大師(たいちょう)は
白山も開山しております。

泰澄大師については

 こちらへ



見返りの杉
を過ぎると
今度は、
年中涸れる事がない
竜神池に到着します。

竜神池より
しばらくアップダウンを
繰り返し、一等三角点の
ある医王山
最高峰 奥医王山
に到着します。

沿面距離は1km未満
累積標高差 130m

勝負は序盤の288段の階段です。






カシミール軌跡地図より
このページで紹介する区間

菱広峠(夕霧峠)→奥医王山





カシミール標高グラフより
このページで紹介する区間









写真による
コース紹介






15:10

菱広峠(夕霧峠)より奥医王山を目指し
舗装路を下ります。








舗装路を下ると

奥医王山の登山口に到着

登山口より
いきなり288段の急な
階段(浄土坂)が始まります。





登山口より
288段の階段数が
表示されてます。






登山口の掲示されている
コース紹介図








一般的なコースと時間

距離2km・35分



カシミール標高グラフでは
沿面距離は889mです。





288段の階段
浄土坂の様子






階段途中には

現在の段数が所々に
表示され目安に良いです。






後、もう少しだ!






ペース配分
早く登ると
顎がでる
ので、ゆっくり登って下さい!






15:16

288段の浄土坂
終了地点







笑顔の
お地蔵さんが
迎えてくれます!






正面には、
泰澄大師が、足元に
広がった砺波平野や加賀の
景色を振り返った地点

見返りの大杉
が有ります。




奥医王山
積雪期の写真

(写真提供 野中さん)



積雪期 奥医王山
288段 階段がある
浄土坂の様子

急勾配の直登の
様子が伺えます。





厳冬期、シベリア寒気団が日本海で
いっぱいに水蒸気を含ませ直接
医王山腹に吹きつける。

菱池谷を上昇して夕霧峠、析出する氷晶が
ブナの枝に霧氷の華を結ぶ。

高山ではありふれた現象
であるが、850mぶ過ぎない
この地点では珍しい。


(富山県山名録 桂書房より)















15:20

見返り大杉を過ぎ
緩い起伏の尾根になり、
途中の鞍部に龍神池がある。






竜神池

春にはモリアオガエルの卵の白い泡が木々に
ぶら下がります。

竜神池は、山腹に有りながら
年中水の涸れる事がなく

伝説に成りました。







竜神池付近より
倒れてましたが、
竜神池について

その昔
無事平穏を祈ったそうです。






コースより
イワウチワが綺麗!


竜神池より、
しばらく歩くと
医王山の最高峰でる
奥医王山(939.1m)に到着
します。





15:32

奥医王山
山頂

山頂はノッポの展望台とケルンの石地蔵、
大型の三角点(一等三角点)の標石が
混在しております。





山頂より
一等三角点地点
木製の標識があります。












山頂より
鉄製の展望台

この日は、生憎の天気でしたので

展望台からの
景観は
カシミール3Dにて
描写します。




奥医王山からの景観
カシミール3D



富山市側




積雪期 奥医王山 展望台より
北アルプス立山連峰

(写真提供 野中さん)





五箇山側






白山側






積雪期 奥医王山 展望台より
白山方面
大門山・大笠山が綺麗です!

(写真提供 野中さん)






下山は往路を戻ります



奥医王山 山頂より
菱池小原 ・ 栃尾集落跡
方面に進む場合は
案内もしっかり表示されてます!


今回は
奥医王山の山頂を満喫して
往路(菱広峠)に戻ります。

菱広峠から、登山開始地点
国見ヒュッテまでは、予め
準備した自動車にて、戻ります。






今回の医王山・登山ルートの
概要は、

 ①はじめに・アクセス










医王山・登山カテゴリー

富山の山ホーム   ①はじめに・アクセス ②堂辻・登山口→沢の分岐 ③沢の分岐→鳶岩 
 サイトマップ ④鳶岩→白兀山→菱広峠 ⑤菱広峠→奥医王山  















最新情報はこちらが便利です。




 
医王山 観光
医王山日帰り温泉