創楽・登山
souraku.jp

『創楽 登山』
富山の山より南砺市にある医王山・登山について紹介します。アクセス、駐車場や登山ルート、見所である鳶岩(トンビ岩・白ハゲ山)等を沢山の写真より詳細に紹介致します。
④鳶岩→白兀山→菱広峠(夕霧峠)
ルート紹介

富山の山 医王山・登山
④鳶岩→白ハゲ山→菱広峠(夕霧峠)
ルート紹介


鳶岩付近の登山ルートより白ハゲ山

富山の山 医王山・登山カテゴリー

      
①はじめに・アクセス ②堂辻登山口→沢の分岐 ③沢の分岐→鳶岩
④鳶岩→白兀山→菱広峠 ⑤菱広峠→奥医王山・ヤマレコ
創楽・登山ホーム サイトマップ(もくじ) 富山の山

はじめに


このページでは
医王山・登山

鳶岩→白ハゲ山→菱広峠(夕霧峠)
までを紹介致します!

コース概要

鳶岩より、コースは、鳶ヶ峰を目指し登ります
が、僅かな距離です。鳶ヶ峰より、一旦下り
金山峠登山口の標識地点に到着します。堂辻
(金山峠登山口)戻る場合この地点で左折し
ます。標識には上級者向けと書かれているの
で注意して下さい。


金山峠登山口分岐を過ぎるとコースは尾根
道となり

ナカオ新道分岐・大池平分岐・覗乗越

を通過し丸太階段が整備したコースを登り
ます。しばらく登りが続きT字路に到着し
ます。そしてT字路を左に進めば白ハゲ山
に到着します。

白ハゲ山はお地蔵さまが安置されベンチ
や展望台などが整備され沢山の登山者が
賑わってます!白ハゲ山より夕霧峠の標
識があるコース入口より夕霧峠を目指し
ます。この夕霧峠を菱広峠とも呼びます。

コース標識は、呼び名の統一性がないの
で注意して下さい。はじめて、登る方(
自分を含め)混乱しました・・・・・




コースデータの紹介



【鳶岩】
標高656m 12:00出発

白ハゲ山 標高896m 13:12着
登山時間1時間12分 距離1,812m
堂辻登山口より登山時間3時間09分
距離4,591m


【白ハゲ山】
標高896m 14:31出発

菱広峠 標高833m 15:05着
登山時間34分 距離1,173m
堂辻登山口より登山時間3時間43分
距離5,764m



カシミール軌跡地図より
このページで紹介する区間
鳶岩→白兀山



カシミール標高グラフより
このページで紹介する区間



カシミール標高グラフより
このページで紹介する区間

白兀山→菱広峠(夕霧峠)





医王山・登山
鳶岩→白ハゲ山→菱広峠
ルート紹介




鳶岩よりコースは一旦下り再び上る。
前方には、これから目指す白兀山(白
ハゲ山)が見えます。



12:13
祠(鳶ヶ峰)に到着



コースはピンク色のツツジが美しい



12:17
祠より尾根道を林の入った地点に金山峠登山口
が有ります。金山峠(堂辻)に戻る際はここか
ら戻ります。2ページ目に紹介した沢の分岐地
点に合流します。



金山峠登山口・全容



金山峠登山口を後にして、白兀山を目指し
ます。樹林帯の尾根道と成ります。



12:20
金山峠登山口を後にして次は、ナカオ新道入口
に到着します。ナカオ新道は初心者不向き約標
高差120m下り再び、それ以上に上り返す過激
なコースです。このコースからも白兀山に行く
ことが出来ます。



夕霧峠に設置されたコース案内図より
ナカオ新道入口地点





12:28
次に大池平分岐に到着



夕霧峠に設置されたコース案内図より
大池平分岐 地点



大池平分岐を過ぎるとコースは、丸太階段が
整備された上りとなります。



12:35
次に覗乗越に到着



夕霧峠に設置されたコース案内図より
覗乗越 地点



コースさらに丸太階段が整備された
上りが続く



コースで見かけた
ショウジョウバカマ





グングン標高を上げると木階段が整備されて
いる。コースは権現山を通過し白兀山を目指
しますが、すみません 権現山 気がつかず
そのまま通過しました。



13:07
木階段を登りきるとコースはT字路となり
白兀・夕霧峠方面に進みます。



左側に進みます。



夕霧峠に設置されたコース案内図より

T字路
(←白兀 夕霧峠方面 ・ 金沢→)
地点



13:12
T字路よりしばらく進むと標高896m白兀山に到着

白兀山

医王山とは山塊の総称であり石川県側では普段、
白兀山(しらはげやま)
を医王山と言っています。

医王山にある国土地理院の地図上で名前が付けら
れている山としては奥医王山(標高939.1m)に
次いで二番目に高い山ですが、地図上で名前が付
いてない、白兀山から夕霧峠(菱広峠)へ向かう
途中にある蛇尾山(ダオ山)が標高920メートル
あり医王山で2番目に高い山となっています。

カシミール地図では蛇尾山を医王山と
記載されてました。

白兀山の山頂は、お地蔵さんが安置された祠のある
広場になっています。医王山の中では最も登られて
おり、山上の一部の岩石が露出し、草木が生えない
ので、この名がつきました。頂上からは360度の眺
望が楽しめます。



白兀山からの景観


白兀山には、展望台が有りますが、
この日は生憎の天気なので展望は×

展望に付いては、カシミール3Dにて
紹介致します。



富山県 方面
立山連邦 北アルプスが一望



富山県 利賀・八尾方面
金剛堂山や人形山などが見える。
赤い線が登山軌跡線白兀山から菱広峠間です。
コースは途中の蛇尾山を迂回している様子が伺
える。

蛇尾山
地図上で名前が付いてない、白兀山から夕霧峠
(菱広峠)へ向かう途中にある蛇尾山(ダオ山
)が標高920メートルあり医王山で2番目に高
い山となっています。



奥医王山のバックには大笠山そして
その後ろに白山が見える。



展望台より



金沢市街地も一望出来る。




14:32
大展望を満喫して菱広峠に向かいます。
菱広峠は、夕霧峠とも呼び標識は、夕霧
峠と記載されてます。登山口 堂辻でも
書きましたが、標識(呼び名)は統一し
て頂きたいものだ。地元の人しか、分か
らんと思います。



ブナの樹林帯を下り菱広峠(夕霧峠)を目指
します。途中、蛇尾山を巻くために一旦登り
再び下ると菱広峠に到着します。



15:04
菱広峠(夕霧峠)付近の車道(百万石道路)
に到着



全容



車道をにて菱広峠(夕霧峠)に下れば、



15:05
菱広峠(夕霧峠)白兀平ヒュッテに到着


このページのまとめ


【1】
鳶岩から白ハゲ山区間のルートは分岐が多いので
よく確認して進むことをオススメします。


【2】
白ハゲ山にはお地蔵さまが安置され、展望台まで
設置されております。とても親切です。


【3】
帰路用に車を事前に停車させ、奥医王山の上り口
である菱広峠は夕霧峠とも呼びますので、混同し
ないようにする。





⑤菱広峠→奥医王山
ルート紹介・ヤマコレ

富山の山 医王山・登山カテゴリー

      
①はじめに・アクセス ②堂辻登山口→沢の分岐 ③沢の分岐→鳶岩
④鳶岩→白兀山→菱広峠 ⑤菱広峠→奥医王山・ヤマレコ
創楽・登山ホーム サイトマップ(もくじ) 富山の山






    

創楽 富山の山

創楽 登山

山一覧(もくじ)

山と自然 安全のための知識と技術

創楽トップ


ページのトップへ戻る