富山の山(富山の百山) 医王山・登山
堂辻(金山峠登山口)→沢の分岐





梯子坂を下る様子


医王山・登山カテゴリ

富山の山ホーム   ①はじめに・アクセス ②堂辻・登山口→沢の分岐 ③沢の分岐→鳶岩 
 サイトマップ ④鳶岩→白兀山→菱広峠 ⑤菱広峠→奥医王山  



このページでは
医王山・登山

堂辻登山口→沢の分岐まで
を紹介致します!


写真が多いので、やや重たいですが
ご了承下されば幸いです。


コース概要

国見ヒュッテより
車道にて登山口である
堂辻に向かいます。

堂辻は金山峠登山口とも
呼ばれてます。

堂辻より、水平路にて梯子坂を
目指します。梯子坂より
ロープが整備された
急勾配を下ると
沢の分岐に到着します。

このコースに見所は
梯子坂の途中からみえる
鳶岩の全容です!

お見逃しなく!!







カシミール軌跡地図より
このページで紹介する区間

堂辻・登山口→梯子坂→沢の分岐






カシミール標高グラフより
このページで紹介する区間







写真による
コース紹介




登山基地
国見ヒュッテに立ち寄ります。







国見ヒュッテ
室内の様子


室内は休憩所となっております。
自動販売機設置カップ麺などが販売されてます。

医王山のパンフレットも
多数有ります。

とても親切な管理人の方が居られますので
医王山は複雑なコースなので、不明な点がある方は
相談してから入山する事をオススメします!






国見ヒュッテの営業時間

詳細は公式ページへ
こちらへ






国見ヒュッテ付近の案内板より
医王山コースマップ

やや文字が薄いが
他に紹介されているマップより分かり易い

このマップにて
今回登山したコースを
黄色い線で描きました。


このページでは
沢の分岐

までを紹介します!









国見ヒュッテより
砺波平野が美しい






国見ヒュッテより
舗装された百万石道路を
菱広峠(奥医王山)方面に進みます。






しばらく(5分程度)歩くと
広場(駐車場)が有ります。

この広場が堂辻

標識には、この地点を
金山峠登山口と表示されてます。

ただでさえ複雑なコースに
呼び名まで色々あると困惑する。

統一して頂きたいものだ。

このページでは
この地点を堂辻と記載します。

登山者の車が多く
駐車されてました。









10:04

堂辻
登山口には標識があります。

矢印方面
鳶岩・三蛇ヶ滝へ

進みます。








登山口は
左端にもコースが
有ります。
このコースは金山峠を経て
梯子坂に行くコースです。

今回は、直進して
金山峠を迂回する水平道からスタートです。







登山道には
金山峠を迂回し水平道と
表示されてます。






水平道の様子

とても歩きやすい
ハイキング気分でルンルンで歩くが
この後に・・・・・・

いきなりの難所が
想像も付かない







4月末
周囲は白い
コブシの花が目を楽しませくれる。





10:19

三千坊分岐を通り過ぎる

この標識には、
登山開始した堂辻が
金山峠登山口と表示

鳶岩方面が大池平と表示されてます。

はじめて来たら
訳わからん





地点名
表示を統一して頂きいものだ。

(写真 登山口より)











三千坊分岐を過ぎると

梯子坂の下りが開始

ロープが整備されているが
急勾配

今までの水平路が何だったと感じる程、急展開
殆ど、崖を下るイメージ








10:30

途中、このコースの
メインである鳶岩が見える地点に到着







写真は
ズームで撮影しましたが、
鋭く突き出した鳶岩が見えます

そして
その下界には






これから、登る
斜面の全容が見える

写真でも表示しましたが、
この約100mの標高差がある
急斜面を登り、鳶岩に到着します。












これから、待ち構える
鳶岩までの難路・急勾配を見て
ドキドキ・ワクワクしながら
急勾配である梯子坂を慎重に下ります。


の梯子坂
登山ガイド本などでは、それ程大きく
取り上げられてないが、
結構危険と感じました。
雨天など、濡れている場合は
細心の注意!






10:43

急勾配の
梯子坂を下ると
沢に到着します。
山と渓谷社
富山県の山
では、この地点を

沢の分岐と
表示されてます。


沢は、写真より
黄色い矢印でしめしたルー
トを通過します。




こんな、感じです。
増水時はヤバイかも?





沢の分岐には
滝が有ります。
マイナスイオン最高!






沢を通過している
様子

滑らなよう注意して下さい!



山と渓谷社
富山県の山で紹介
されているコースプランは
鳶岩に到着後、来たコース
先程紹介した標高差100mの急勾配では
戻らず(とても危険なので)
そのまま鳶岩を通過して
途中の分岐より、この
沢の分岐に戻ります。

写真より、白兀山コースから
戻って来ます。



次のページでは、
このコースのメインイベント

カニのヨコバイ・鳶岩のクサリ場を
紹介致します!








③沢の分岐→鳶岩


医王山・登山カテゴリ

富山の山ホーム   ①はじめに・アクセス ②堂辻・登山口→沢の分岐 ③沢の分岐→鳶岩 
 サイトマップ ④鳶岩→白兀山→菱広峠 ⑤菱広峠→奥医王山  
















最新情報はこちらが便利です。




 
医王山 観光
医王山日帰り温泉














newpage168.htmlへのリンク

newpage169.htmlへのリンク

newpage170.htmlへのリンク