プラモデル誕生50周年記念
日本最初のプラモデル マルサン製 原子力潜水艦ノーチラス号 製作日誌

2008年は、国産プラモデルが誕生して50周年を迎える記念の年である。静岡ホビーショーを初め記念を祝う行事が数多くある年であった。今回製作するキットもこんな50周年記念のモデル日本が最初に誕生させたプラモデル・現在 鞄カ友社から復刻されたマルサン商店製・原子力潜水艦ノーチラス号である。復刻された箱には、完全保存版とあるが、キットを眺めているだけでは居られなくなり作成する事にした!!日本最初のプラモデルは、どんなキットか、楽しみです!!

模型プラモデル工業協同組合によるプラモデルの歴史は こちらへ







キットは、昭和33年(1958年)12月15日に発売された当時の金型でそのまま成型されています。

その当時マルサン商店から発売されたモデルは

7001  1/300 SSN 571 ノーチラス号  250円
7002  1/25  ダットサン1000        350円
7003  1/100 PT211 哨戒水雷艇        320円
7004  1/200 ボーイングB47 ストラトジェット  120円

であった。 その当時の大学初任給は約15000円であり、現代換算からすると、
SSN 571 ノーチラス号の価格は、約3500円位です。
大学初任給推移は
こちらを参照




早速、蓋を開けて見ると、組み立て説明書とプラモデル物語・船体パーツと部品類・飾り台に分けられていますが、
飾り台は今回の限定キットのみのオリジナルパーツです。







パーツ類を袋から出しパーツを確認する。写真下のイラストは、発売当時のパッケージです。
下部には、昭和33年発売当時の金型で成型してありますので、多少のバリや合わせの不良は、御容赦ください。
と有ります。写真の通り、部品点数は少ないです。








部品類のアップです!写真○で囲んでいる部分がバリであるが、、バリがあって当然と考えば良い!!まだまだ許容範囲か?







船体パーツは、左右のハーツを凹凸部分で貼り合わせるタイプです。上下では無く左右とは、現代、人気がある1/350艦船と良く似ている。







早速船体を合わせ、仕上がりイメージを想像します。この時点が、もっとも楽しい時間でもあります。
結構、第一印象が船体のラインが美しく船尾の下がり方、私的には好きであります。
この船体の美しいラインが、寄り一層美しく再現出来る仕上がりを目指したいです。









船体艦橋部分はSSN−571の刻印と、窓らしき四角いスジが、数箇所描かれています。







艦底には、MADE IN JAPANとマルサンのマークが刻印されている。なにか昭和を感じさせられます。







さぁ いよいよ船体を接着しようと思って、貼り合わせを良く確認すると、船体中央と
、船尾の双方の凹凸部分がずれており、接着不能であった。!!何度慎重に付けても2〜3mm程度ズレ密着しましんでした。写真参照








考える末、パーツ双方の凹凸部分の凸部分をカットして貼り合わせる事にしました。
これ以外、付ける手段が思い付きませんでした。写真はカットしてからの凸部分です。(完全にカットした。)














不必要な凸部分を切り落としてから船体パーツの接着に入る。
接着は、通常通り、タミヤセメントを使用したが、今回、塗り面積が大きいのと、接着面が均一でないので、
接着貼り合わせ後、流し込みタイプの接着剤Mr・セメントSを合わせ目に流し込みました。この流し込み接着剤は、
有機溶剤100%でさらさらで乾燥が速いのが特長です。

今回はしませんでしたが、この接着剤もプラモの表面を溶かします。
合わせ目にそってマスキングしてから、この流し込みタイプ接着剤を塗った方が、良いかも知れません?









貼り合わせた船体をゴムで押さえ乾燥を待っている状態です。一晩寝かしました。(カラフルな色のゴムだが意味はありません)

















大人のホビー&コレクション【ララビットマーケット】