MG1/100マスターグレードモデル RX-78-2 ガンダム Ver2.0 製作日誌

はじめに・胸部の組立

頭部の組立


腕・脚の組立

完成・まとめ

めぐりあい宇宙 予告です。今見ても良い!!

アンテナを付け頭部は完成します。アンテナもシャープで完成度が高い!

上部カメラ部分とバルカン部分を付ける。バルカン部分は上下あるので注意です。

色プラパーツの赤い鼻部分や白い口部分を組付けます。写真は大きいが大変小さいパーツです。 口部分のセンター二ヶ所の窪みは、穴が空いており、とてもリアルである。

まずは、目の部分(クリアパーツ)にマーキングシールを貼ります。基本的にはシールを貼るのは好みで無いが、今回塗装無し企画なのでシールを貼る。貼る際は、位置(ズレ)を良く確認しながら貼り付けます。 マーキングシールはデカールのように水を使用しないドライシールで扱いやすい

スジ入れを終了した頭部を既に完成している胸部に付けた状態です。スジ入れは、ボデー全てすると、すっきり感がなくなると考え、今回は頭部のみとする。 デカールも付属されているが、今回はアニメと同様な状態を考えているので無しで行きます。尚この写真は完成後、つや消しトップコートをかけた後に撮影しました。

みに頭部は、腕が完成してから取付けと説明書には有るが、どんな感じになるか早く見たいので、我慢できず組付けた!!イメージ通りカッコイイ

今回、無塗装企画であるが、それも寂しいので、ガンダムマーカー極細・油性(ブラック)にてスミ入れ)を施しました。スミ入れは、スジに沿ってペンを入れます。ただぺんを入れた状態は写真左側の様に極細であるが、太く見えワザとらしいです。写真右側は、ペンを入れた上部を消しゴムでなぞり、余分な部分を消し去った状態である。これなら行ける!!

無塗装で素組みであるが、満足の行く頭部です。カッコイイ!!

内部メカ頭部に今作成したフロント部分を嵌め込みます。

頭部の組立

胸部組立に戻る

プラモ作成日誌に戻る

腕・脚の組立へ

胸部が完成すると、次の組立は頭部に入ります。基本的に説明書通り素直に組立ました。組立状態を順に沿って写真を撮る。

頭部のサイドカバーを付ける。サイドカバーの5つの窪みも貫通しており、大変リアルです。