MG1/100マスターグレードモデル RX-78-2 ガンダム Ver2.0 製作日誌

はじめに・胸部の組立

頭部の組立


腕・脚の組立

完成・まとめ









2008年7月に究極のガンプラ(MG)マシターグレードシリーズによるRX-78-2ガンダムが発売された。子供の頃から好きであったガンプラを再度、最先端のキットで造って見ます。

MGシリーズでのRX-78-2は、(初期・Ver1.5・VerKa・パーフェクト・VerONE YEAR WAR0079)に続くもので第6番目と成り、かなり期待している。




ガンプラの歴史は1980年7月に最初のキットが発売され、1982年頃、1/144シリーズが300円の手頃な値段とアニメの人気から大ブレークします。私もデパートに並んだ記憶があります。その後、1994年頃から当時の最高の技術とプロモデラーMAX渡辺とその造型集団MAXファミリーの試作にて、検討された「究極のガンプラ」が、1995年7月(ガンプラ誕生15周年)に現在作成するMGマスターグレードシリーズの始まりである。第一弾は、今回作成するガンダムと同様のRX-78-2ガンダムでした。当サイト、ガンダム新旧比較では、第一弾ガンダムと第5弾のVer ONE YEAR WAR0079の比較したページがありますので、良かったら見て下さい ! こちらへ

今回のガンダムは、Vre ONE YEAR WAR0079後の最新キットなので、完成度が高いのは折り紙付きだ!









ガンプラの作品が一目で分かる動画有りました。





MGマスターグレードシリーズは、精密である事は当然だが、可動部分が素晴らしい!内部メカ・ギミックにより、人間に近い動きが可能である。また製作に至っては、接着剤が不要のスナップフィットで有り、いろプラなので未塗装で完成体が得らる作りやすいキットなので、その利点を生かし、ここでは、極力、最小限のツールで作成したいと思います。














製作の準備は、ニッパとカッターナイフの2点で製作可能です。(但し、良く切れるモノです。)

さすがに、それだけでは、ただ素組みに成りますので、つや消し剤トップコート ・ ハーレー製作で使用した残りMrコンパウンド細目3000番相当 ・ サンドペーパー400番 800番 1000番 ・ ガンダムマーカー ブラックの4点を追加し作成します。エアーブラシなどの使用による塗装は一切無しとします。




それでは前置きは、先置いて、製作に入ります。

このMGマスターグレードシリーズのキットは、前置きでも書きましたが、内部メカが有り、スケールの割にはパーツ点数が多く大きくランナーパーツでAパーツから始まりKパーツそれ以外の3パーツを合わせて14パーツで構成されております。製作にあたり組み立てる部品を探すだけでも大変です。ですから組立説明書では、親切に必要なパーツを予め記入してあるので、そのパーツのみを準備すると作業がしやすいです。















また組立には、記号が付きます。この記号が非常に重要になるので、良く確認して組立ます。




















  基本的なパーツの切り離し(自分の場合)


@ 必要なパーツを余白を持ってランナーごと切取る。


A ランナーから部品が付いている部分が
細く成っている部分をゲートと呼び、
部品からゲートが付いている部分、
約1mm程度残しニッパで切り取ります。
(ニッパで部品を痛めない事が目的です。)


B カッターでAで余った部分(ゲート)を慎重に切り取ります。
   良く切れるカッターを推奨します。



















大体、ランナから切取った後は、左写真の様に後が残ります。上手くカッターで切取れる場合もありますが、深追いをするとカッターで部品にキズを付ける場合もありますので注意です。自分の場合、ペーパーで磨き上げます。400番からスタートし800番→1000番→コンパウンド3000番といった具合です。写真右が仕上た感じです。

良く見て分かるように、完全には消えていません。雑誌などの紹介では消えています。どうしてか?と私なりに考えた結果、切れ味の悪い工具を使用すると、切る際にパーツにストレスが掛り、切った後に白く変色するのでは無いかと・・・

ですから、良く切れる工具と書かせて頂ました。兎に角手を切らないよう注意して下さい!!

この写真のパーツは、コアファイター上部の部品でこの写真をとった後に再度400番ペーパーを沢山かけ要約切り落としたランナ後が消えました!!













仕上たコアファイターです(飾り台付き)。コアファイターを製作過程は省略します。すみません (フル可動! もちろんガンダムの胴体に収まります)









胸部の組立










ガンダム本体は胸部からスタートします。まずは、内部メカ(肩の部分)の製作です。H29部品など向きに注意の記号や説明を良く確認して組上げます。









肩部分を仕上た写真です。○で囲んだ部分が向きに注意する所です。あきらかに向きが違いますので、逆さまに組まないよう注意です。












胸部ダクト部分も肩と同様に向きに注意する箇所が多い。また左右有るので、部品番号を良く確認して組み立てます。仕上がった状態が右写真です。なんとダクト部分が可動する仕組みです。結構凄い!!







ダクト部分を左右作成し土台に両方取り付け、先ほど仕上た肩部分と合体させます。







その後、胸部内部メカが完成したら、色プラ部分(表面の装甲)を組み立てます。もちろん外部装甲部分の部品の取外しは、ページ最初に書いた通り、慎重に切り取ります。








内部メカに色プラ(外部装甲部分)を組み付けた状態です。ガンダムの胸部らしく見えてきます。










内部メカ、(向きに注意して組んだ肩の部分)の腕の可動範囲が凄い前まで可動します。恐らく向きを間違えて組むと、この可動に支障が出ると思われます。







ランドセルの組立









ランドセルも胸部同様、内部メカを作成しカバーを被せる形に成ります。写真左側が内部メカで有り、右側が内部メカにビーム・サーベルを挿し込み、差し込んだ部分を開いた状態と、ランドセルカバーで有る。








内部メカにカバーを被せ、ランドセルが完成する。内部メカはバーニヤ部分がやや見える程度で、殆ど見えない状態に成ります。











はじめに・胸部の組立

頭部の組立


腕・脚の組立

完成・まとめ











大人のホビー&コレクション【ララビットマーケット】