創楽トップ
souraku.jp

『創楽 登山』
百万人の山と自然
安全のための知識と技術 公開講座より
④高度と酸素濃度について

百万人の山と自然
安全のための知識と技術(公開講座より)
④高度と酸素濃度


写真は、富山市内より夕焼け
に染まる剱岳です。

安全のための知識と技術
カテゴリ

   
①高度と気温 ②風速と体感温度 ③遭難の原因 軽登山でも必需品とは
④高度と酸素濃度 ⑤富士山の紀行 事故 
遭難エリア
ガーミンGPS新旧比較
富山の山 創楽・登山ホーム 創楽 山一覧表(サイトマップ)
   

高度と酸素濃度


前ページでは遭難の原因を紹介しましたが、
このページでは標高と酸素濃度を紹介致します。

高度が上がると
気圧や酸素濃度が低下する理由は
酸素や空気には重さがあり地球の
重力(引力)によって低いところに
集まります。


だから上空へ行くほど
空気の重さが軽くなり、
気圧や酸素も低下するのです。



高さと気圧・酸素量を示した表です。

標高1000m上昇すると酸素量は91%
標高2000m上昇すると酸素量は82%
標高3000m上昇すると酸素量は74%


酸素量は
高度1000m上昇すると
約10%低下する

また沸点は気圧の変化で影響します。


高度と沸点

高度差(m) 沸点(℃)
100
1000 97
2000 94
3000 92
この一覧より
沸点は高度1000m上昇すると
約3℃低下する。


まとめ


大凡だが、高度1000m上昇する毎に
沸点は3℃低下する。 気温約6℃低下
する但し平均であり最低気温は
更に低下する。5~10℃

酸素量は約10%低下する。

3・6・10と省略すると
覚え易いと思います。

大体3の倍数
3・6・9
の方がもっと簡単

体感温度は
風速1mに対して1℃低下します。






⑤富士山の紀行 事故 
遭難エリア


安全のための知識と技術
カテゴリ

   
①高度と気温 ②風速と体感温度 ③遭難の原因 軽登山でも必需品とは
④標高と酸素濃度 ⑤富士山の紀行 事故 
遭難エリア
ガーミンGPS新旧比較
富山の山 創楽・登山ホーム 創楽 山一覧表(サイトマップ)
   




  

創楽 登山

  

  

創楽 富山の山

山と自然 安全のための知識と技術

創楽トップ


ページのトップへ戻る