百万人の山と自然
安全のための知識と技術・公開講座より

(風速と体感温度)


安全のための知識と技術カテゴリー

 創楽・登山ホーム  @高度と気温  A風速と体感温度  B遭難の原因・軽登山
でも必需品
 サイトマップ  C標高と酸素濃度  D富士山の気候
事故・遭難エリア
 



前ページで標高が高くなると気温が下がる事を
理解した所で、このページでは風速と体感温度を紹介致します。



先ずは、どうして風に寄って体感温度が下がるのか?


これは、風がなければ身体の周りに体温で
暖められた空気の層ができて、
空気の断熱効果で寒さを緩和しているからです。

風が吹いてその断念効果をもたらした、
空気の層が吹き飛ばされると
体温が奪われ行くからです。


一般的には湿度に若干影響されるが

風速1mに付き1℃冷たく感じると言われます


詳細な体感温度を知りたい方は
体感温度・自動計算サイトへ


こちらへ







4月 西穂山荘付近より
(樹氷 4月でも真冬状態)



しかし
ここで大切なのが、

気温が氷点下の場合もっと寒く感じる事です。

(グラフ参照)




米国ナショナルウェザーサービスの風速と体感温度の関係グラフ



例グラフより

気温10℃の場合、風速10mだと 体感温度は


0℃

一般的な、風速1mに付き1℃下がる。



気温−10℃の場合 風速10mだと 体感温度は


−29℃

気温が氷点下になると、寒く感じます。











前ページ(標高と気温より)

例 8月平地30℃

標高3000mの立山では
標高1000m上昇すると6℃低下する事より
3000mでは、6℃×3=18℃低下する

30℃-18℃=


立山は12℃






しかし、これは平均気温であって
状況次第では、更に6℃は下がる

従って
12℃-6℃=

立山の気温状況に寄っては


平地30℃であっても6℃の
場合もある


まで紹介しましたが、


この6℃の状態に
風速10mをプラスすると

6℃は氷点下ではないので体感温度は
風速1m毎に1℃低下するので10℃低下より

先程の
6℃から10℃を引くと


-4℃


まとめ

8月
平地30℃

標高3000m級の立山は

平均温度12℃

場合に寄っては6℃となり

その状況で風速10mの風が吹くと

体感温度は

-4℃



真夏平地30℃であっても
3000m級の山の体感温度は氷点下になる場合があり

さらに雨天になると更に体温が奪われ
体感温度は低下します。


山に登る際は天気予報をよく確認して
十分な装備を携帯することをオススメします。


立山・室堂平の天気予報


こちら



体感温度
寒さによる影響

体感温度 寒さによる影響
4℃〜-6℃ 寒い・不快
-7℃〜-17℃ 大変寒い・大変不快
-18℃〜-28℃ ひどく寒い・露出した皮膚は5分以内に凍結する。
-29℃〜-56℃ 極端に寒い・露出した皮膚は1分以内に凍結する。
屋外行動は危険
-56℃以上 極端・露出した皮膚は30秒以内に凍結





4月のの西穂高・丸山付近より

4月でも真冬の様な寒さ
稜線は風速10m以上は吹いてます。

冬山装備が重要である。




また真冬でも
止むを得ず行動する場合



米国ナショナルウェザーサービスでは

防寒装備には

インナーウエアーは
軽くて保温性の高い衣料をゆったりと数層に重ね着します。
これにより各層に貯えられた空気層が保温します。


アウターシェルは防水、防風効果がありフードがあるものが必要
体温の1/2は頭部から失われるので帽子は必ず必要
極端な冷気から肺を守るために口を覆わなければなりません。

手袋はグローブよりもミトンの方がより有効です。
極寒環境でのポイントは常に乾燥を保ち、
防風に心掛ける事が重要とあります。










先ず風速とは


風速○mとは
1秒間に空気が移動したかを表します。

空気気圧の高いところから低いところへ流れます、これが風

気圧の高低差が大きくなれば流れが速くなり
低気圧の場所ができると周りから空気が流れ込んできます

気圧が低くなればなるほど空気の流れが速くなり
この空気の流れが地球の自転の影響で渦をまく



風速の目安

風速
(m/s)
予報用語 人への影響 屋外・樹木の様子
10〜15 やや強い風 風に向って歩きにくく
なる。傘がさせない。
樹木全体は揺れる。電線が
鳴る。
15〜20 強い風 風に向って歩けない。
転倒する人もでる。
小枝が折れる。
20〜25 非常に強い風
(暴風)
しっかと身体を確保しないと
転倒する。
25〜30 立っていられない。
屋外での行動は危険
樹木が根こそぎ倒れ
始める。
30〜 猛烈な風



これだけは、覚えておく!


瞬間風速は平均風速の1.5〜3倍以上になる。

風速15〜20m/s 強い風  風に向って歩けない  転倒する人もでる。

風速20〜30m/s 非常に強い風 立っていられない 屋外での行動は危険


目安

風速10m/sを越えると
風に向って歩きにくく

風速15m/sを越えると
風に向って歩けない 転倒する人もです





ここで資料より
北アルプス剱岳 稜線の風を紹介します





稜線は、冬期のみならず夏期も強風が吹く


最大風速46m/s(3月)
人間が簡単に吹き飛ばされる。


年平均風速 7〜8m/s
平野部の2〜3倍強い


辛い登り坂を終え
稜線に出ると安心感があるが、


汗で濡れた衣服に強い風
稜線に出たら体温調節に気を配る事が重要








次のページは
遭難の原因や軽登山でも必需品を紹介します。

B遭難の原因・軽登山でも必需品


安全のための知識と技術カテゴリー

 創楽・登山ホーム  @高度と気温  A風速と体感温度  B遭難の原因・軽登山
でも必需品
 サイトマップ  C標高と酸素濃度  D富士山の気候
事故・遭難エリア
 






























































newpage324html.htmlへのリンク