創楽・登山
souraku.jp

富山の山【大平山・濁谷山・登山】魚津市側より大平山経由で登る濁谷山ルートを紹介します。一等三角点の山より剱岳等の展望が素晴らしいです。「このページは登山概要・登山口アクセスの紹介です。」創楽・登山

富山の山 大平山・濁谷山
①はじめに・概要・ルート紹介

創楽TOP > 富山の山> 大平山・濁谷山(①はじめに・アクセス)

富山の山 大平山・濁谷山登山イメージ
松倉城より大平山・濁谷山


富山の山「大平山・濁谷山」・カテゴリー

①はじめに・概要・ルート紹介 ②登山口→大平山ルート紹介 ③大平山→濁谷山ルート紹介
④濁谷山からの景観・ドローン映像
関連【富山の滝37選 ドン滝】 関連【残雪期 大倉山・登山】 関連【松倉城跡】
関連【龍石・洞杉ハイキング】 関連【残雪期 毛勝山・登山】
関連 富山の山歩き 創楽・富山の魅力ホーム 創楽トップ



富山の山「大平山・濁谷山」
このページの目次
大平山・濁谷山の概要
大平山・濁谷山コースタイム
大平山・濁谷山コースマップ・概要
大平山・濁谷山コース標高グラフ
写真による
駐車場アクセスの紹介
このページのまとめ
大平山・濁谷山ルート
カテゴリ

富山の山「大平山・濁谷山」
概要


【大平山・おおだいら山】

片貝川左岸の山・反対側は角川の源流にな
る。尾根つづきで南へ濁谷山に連なり、北
へは大杉山につづく。山頂から西へ20mほ
ど外れて三角点があり、標高は1089.7m。
「点の記」(1907年)には字名を「松倉村
(現魚津市)大字大平」としているから、
山名は片貝側ではなく、角川側の呼び名。


山頂辺りの平坦な地形から出た名と思わ
れる。


【濁谷山・にごりだん山】
毛勝三山の猫又山から片貝川・早月川の分水
嶺として東芦見尾根が西へのびる。この長大
な尾根の後半にある一座・大倉山と大平山の
中間に位置する山。頂上には一等三角点があ
り点名も「濁谷山」である・

濁谷山は、別名「割谷の頭」とも呼ばれる。
また片貝谷では貸倉山とも呼んだ。山名の
由来は西面に食い込む濁谷「小早月川支流」
から。その名が示すように山の西面は崩落
が激しく、出水時には谷の水が濁る所からつ
けられている。

【桂書房 富山県山名録より】


大平山・濁谷山の位置
グーグルアースより
大平山・濁谷山の位置


魚津市観光ポスター
海と山しかないです!
「魚津市」観光ポスター
だから美味しい!!


「大平山・濁谷山」登山ルート


平沢池ノ原林道
片貝川ぞいの平沢地区から角川源流の池
ノ原へ通る峠越えの林道。2000年に完成

この峠の上から尾根上を行く造林用、また
昔炭焼きに使った道があったのだが、
1998年、チロル山の会他の有志によって
この道が修復、大平山の山頂までたどれる
様になった。そして近年この大平山から
濁谷山までの縦走路か完成した。

今回はこの平沢池ノ原林道の峠よりチロル
山の会が修復したルートより大平山を登り
そこから濁谷山を目指します。



尚 素人が制作した内容なので、参考程度
に読んで頂き、登山は自己責任にてよろし
くお願い致します。



濁谷山・山頂よりドローン
イメージ動画です。こちらへ





登山データ

     
山名 大平山・濁谷山 標高 大平山1084.7m・濁谷山1,238m
場所 富山県魚津市
ルート 登山ルート紹介
【大平山経由にて濁谷山コース】

高低差 451m
累積標高+588m
累積標高-137m

沿面距離 3701m

所要時間 約1時間40分
(標準約2時間30分)

コース時間等、詳細

【上り】
登山口 標高787m 8:30出発

大平山 標高1084m 9:10着
登山時間40分 距離1,320m 高低差300m

大平山 標高1084m 9:10出発

濁谷山 標高1,238m 10:10着
登山時間60分 距離2,381m 高低差154m(アップ・ダウンあり)
登山口より登山時間1時間40分 距離3,701m 高低差451m


【下山】
濁谷山(10:12)

大平山 (11:10)

登山口 (11:39)
登山 2020年11月01日
晴れ
登山ルート

登山ルートマップ


     

大平山・濁谷山軌跡マップ図
カシミール軌跡地図
「大平山・濁谷山ルート」


大平山・濁谷山ルート
概要

大平山登山口より片側が桧の植林地だが
すぐに雑木林となります。

赤土の滑り易いところを登るが、やがて
緩やかなブナ林となります。

ガイド本などには、この辺りは薪炭林と
して活用されていた林で、ところどころ
に窯跡とみられる窪地があるとの事です

が、ルートの周囲は藪が酷く発見するこ
とは出来ませんでした。

ルートはやがて急勾配となりT字地点に
到着する。右側に進むと直ぐ先に三角点
がある。再びT字地点(窪地)に戻り
左側に進むと大平山の山頂に到着しま
す。


大平山の山頂はその名のごとく大きな平
であり、杉が10本ほど生えている。
杉の間から剱岳・大明神山等の景観を楽
しむ事が出来ます。


大平山より濁谷山までのルートが新しく
開拓されたので、そのまま濁谷山を目指
します。山頂よりゆっくりした起伏の頂
上台地を南側へ進みます。ルートは藪が
茂り一部不明な箇所が有りました。GPS
を持参する事をオススメします。


台地が終わって尾根が細くなり最低鞍部
へ下る。この先のピークを超えると、道は
尾根から少し離れて西側寄りとなるが、一
部ルートは泥濘地帯があるので歩行は十分
注意して下さい。


やがて虎谷コースと合流し砦跡と呼ばれる
地点に着きます。ここから30分程度登れば
濁谷山の山頂に到着します。

一等三角点の濁谷山の山頂から素晴らし剱岳
や毛勝山等のパノラマを楽しむ事が出来ま
す。


登山ルート・カシミール標高グラフ

大平山・濁谷山ルート
標高グラフ


大平山・濁谷山標高グラフ
カシミール標高グラフより
【大平山】経由 【濁谷山】コース

沿面距離 3,701m

標高差 451m
累積標高差プラス +588m
累積標高差マイナス -137m

所要時間 1時間40分


登山道3Dイメージ


大平山・濁谷山ルートイメージ
カシミール3Dより大平山・濁谷山イメージ
周回ルートで山を楽しめます。


関連施設




【大平山・濁谷山】
登山口アクセス紹介


大平山・濁谷山登山口アクセスより小坂橋の様子
アクセスは県道132号線「三ヶ吉島線」
片貝川・小坂橋より紹介します。

小坂橋より正面に案内板が見えて来ます。
この案内板の地点を右側に進みます。




片貝川・小坂橋の位置
グーグルマップよりこちらへ


大平山・濁谷山登山口アクセスよりマップ図
案内番は「富山の滝37選」にも選ばれて
いる「沌滝 」や龍石・洞杉について
紹介されておりました。

ちなみに[大平山]の登山口は道のりとして
沌滝の先たあります。


大平山・濁谷山登山口アクセスより沌滝について
沌滝についての案内板です。

【沌滝はこちらのページで紹介してます。】
こちらへ


大平山・濁谷山登山口アクセス紹介1
案内板を右折してしばらく進むと
道は二手に分かれ【左側】に進みます。
【平沢池ノ原林道】に入ります。
この道は坪野まで繋がっています。


平沢池ノ原林道
片貝川ぞいの平沢地区から角川源流の池
ノ原へ通る峠越えの林道。2000年に完成
しました。


大平山・濁谷山登山口アクセスより沌滝の様子
しばらく進むと【沌滝】の入口に到着
します。大平山登山口はそのまま
道なりに進んで下さい。

【沌滝】から先
約9km地点が登山口です。
【平沢池ノ原林道】の最高地点です。
景観が素晴らしいです!!


大平山・濁谷山登山口アクセスより毛勝山の様子
しばらく進むと【毛勝山】【大明神山】
が綺麗に見えるポイントに到着します。
そのまま道なりに進んで下さい!


大平山・濁谷山登山口アクセスより藪の様子
秋に訪れましたが、道の状態は
周囲に雑木・草なのが茂り通行が困難な
状態となっておりました。

車が傷だらけになる恐れがあります。
十分注意して下さい!!

【自分の場合は車のサイドを養生して進みま
した。】


大平山・濁谷山登山口アクセスより登山口の様子1
更に進むと道の左側脇に【大平山 登山口】
があります。車はその先に駐車しました。


大平山・濁谷山登山口アクセスとり登山口プレート
登山口には立派な標識があります。
魚津市のイメージキャラクター
「ミラたん」も歓迎しております!!


大平山・濁谷山登山口アクセスマップ
小坂橋から沌滝を経由して登山口までの
ルートイメージです。



グーグルマップより大平山・濁谷山
登山口の位置です。こちらへ


大平山・濁谷山登山口からの景観1
登山口からは素晴らしい富山平野が一望出来ます!


大平山・濁谷山登山口からの景観2
岩瀬や新湊の周辺の拡大写真です。


大平山・濁谷山登山口からの景観3
遠くは白山まで見る事が出来ました!
登山口で素晴らしい景観を堪能して
登山開始です。

次のページへ!!


このページの「まとめ」


【1】
大平山・濁谷山の登山口は「平沢池ノ原林道」
より沌滝の先約9km地点にあります。


【2】
林道の脇は秋などはヤブが茂り車の塗装を傷め
ます。
養生シートなど対策する必要があります。

冬期は通行止めです。

【3】
登山ルートは一部ヤブが茂り不明な箇所が有りま
した。GPSを持参する事をオススメします。
道迷いになる恐れが有ります。






②登山口→大平山ルート紹介

富山の山 「大平山・濁谷山ルート」
カテゴリー

①はじめに・概要・ルート紹介 ②登山口→大平山ルート紹介 ③大平山→濁谷山ルート紹介
④濁谷山からの景観・ドローン映像
関連【富山の滝37選 ドン滝】 関連【残雪期 大倉山・登山】 関連【松倉城跡】
関連【龍石・洞杉ハイキング】 関連【残雪期 毛勝山・登山】
関連 富山の山歩き 創楽・富山の魅力ホーム 創楽トップ



創楽 富山の山
富山の山

創楽 富山の魅力
富山の魅了

創楽 登山
登山

山一覧(もくじ)
掲載山一覧

山と自然 安全のための知識と技術
山と自然 安全のための知識と技術

創楽トップ
創楽 -souraku.jp-


ページのトップへ戻る