日本最初のプラモデル マルサン製 原子力潜水艦ノーチラス号 製作日誌
はじめに・胸部

脚部・まとめ

完成した上半身です。パイルダー部分や胸の膨らみなど強調され、結構かっこいい!!○で囲んでいる部分は、ランナーから切り取ったゲートの跡が付いているが、このキットは、そんなに気にならない感じがする。

今回は、製作しませんでしたが、このキットの右腕には、ロケットパンチが装着できる仕様です。(遊び心、満載 超合金を思い出す。)

完成した右腕です。手は開いた状態のモノを使用しているが、閉じているパーツも有り選択できます。(合成ゴムパーツです。)

頭部と胸部が完成すると、腕の製作に入ります。腕は写真左のように、簡素なパーツで構成されています。青いパーツは、このキットの持ち味である。高比重の「特殊ABS樹脂」で出来ているパーツであり、重たいです。

胴体部分は内部メカを作成し、センターのシルバー部分を組付け(写真左)黒い胸部と下部をはめ込みます。黒い部分のパーツは弾力性(合成ゴムパーツ)が有り作業しやすいです。取り付けが完了したら、綺麗な塗装されているブレストファイヤー部分を装着します。

申し訳御座いません。いきなり完成写真ですが、パイルダーと頭部の組み立て写真をうっかり消去したので代替します。頭部の組み立ては、目の部分と鼻の青い部分のパーツが分かれており,組付けの際に密着性が悪く、どうしてでも隙間が空くので、瞬間接着剤にて圧着しました。また今回最大のポイントだが、(いきなりか?)目の部分です。この目のオレンジ部分はシールですが、若干形状がずれている。今回その修正は、カッターにて羽を折り、切れやすい状態でスジに合わせ慎重に、カットしたが。殆どミリ単位で緊張しました。また組付けた後に、何かイメージと違うと思い、箱の絵を良く見ると目のオレンジの部分の外枠が黒くふちどりされている事に気が付き、ガンダムマーカー極細にて、失敗を覚悟でふちどりをしました。口の部分のブレストハリケーンの出口も同様で、ガンダムマーカーにてスミ入れを施します。写真はスミ入れが終了した完成した頭部です。

ツールは、ニッパとカッターだけのつもりが、ガンダムマーカーと瞬間接着剤がプラスされる。(その後、追加されるツールはありません)

組み立ては、マスターグレードシリーズのガンプラに比べると格段にパーツ点数が少なく、作りやすいキットです。
組み立て説明書もこんな感じです。組み立ては簡単なキットだが、3・胴体の組み立てなど、要所はビス止め部分も有り、構造がしっかりしています。(素晴らしい)

このキットが手元に入り先ず感じた事は、非常に重たい事です。そして中を開けると、完全にメッキ塗装されたパーツが・・・・凄い!の一言です。製作は、素晴らしいキットなので素組で行けると思い、ニッパとカッター後は、胸内部にビス止があるので、プラスドライバーの3点で製作を開始します。

とりあえず今回のキット作成にあたりツールだが、ニッパとカッターです.
ガンダムVer2.0作成は、色プラでしたので、ランナからの切り取り後は、ペーパーで処理したが、このキットは塗装済みキットなので、切り取り後の処理は無しで行きます(ペーハーで擦ると、塗装も消えるので)
兎に角、丁寧に部品を取り出します。切り取った後は黒く跡が残りますが、今回は気にせずそのまま組付けてみます。
ランナからの部品の切り取り方法は
こちらへ

08年12月、オークションを見ていると、たまたまこのキット(エクストラヘビーバージョン・マジンガーZ)に出会い、何故か気に成なり、ハセガワ1/48航空機程度の金額で入札した所、、幸い落札され手元に入りました。

このキットは、腕やスネのパーツに成型段階でプラスチックに金属粒子を混ぜ合わせ高比重の「特殊ABS樹脂」を使用しており、重量感があります。また、外観はメッキコーティングされ金属感が再現されており、大変贅沢なキットです。まさに作る超合金です!
2001年発売 定価3675円

脚部・まとめ

プラモ作成日誌に戻る

パーツの状態です。綺麗にメタリック塗装されています。