富山の山 祖父岳・登山
はじめに・アクセス



夫婦山より祖父岳


富山の山 祖父岳・登山カテゴリー

 富山の山ホーム ①はじめに・アクセス ②掛原登山道
 サイトマップ ③祖父岳からの景観 ④谷折登山道





八尾町 祖父岳


白木峰から北へのびる尾根は、
徐々に高度を下げながら野積川へ
落ち込むが、最後にぐっと隆起してるのが
祖父岳

1000mに満たない低山の割には急峻な
山容の独立峰で、山の名前に「山」
ではなく、「岳」とついている。

ちなみに、八尾町周辺(婦負郡)では
この「岳」とつく山は、この山だけです。


祖父岳はその昔
瓶を逆さにしたような形をしてるところから

「瓶山」

とも呼ばれておりました。また

「蘇夫嶽」

とも呼ばれており。これが現名の
祖父岳となったものらしい

昔この山の周辺で「金」がでたが、
明治の時代になって
祖父岳と命名したため、
山神の怒りにふれ「金」がとれなくなったと
野積村誌」に記されております。


また、妖怪伝説・逸話が多い





今回の登山

この祖父岳・登山ルートは八尾町 谷折
竹原家 前からの急斜面のルートが有名であるが、

2013年富山の百山に選ばれ事もプラスして
2014年、谷折の反対側、掛原から
新ルート出来ておりました。


今回その新ルート
掛原登山道から祖父岳を目指します。

急斜面の谷折からのルートと違い
終盤に急斜面があるもの、比較的登りやすく

カップル・家族連れ・山ガール等
オススメの山と感じます。

健脚者は、夫婦山とセットで登るのも
面白い


最終ページに
谷折コースも掲載致します!

それでは、祖父岳・登山
スタートです。






 

山 名 祖父岳
場所 富山県八尾町 掛原 谷折
標高 最高峰 祖父岳(標高831.6m)、
ルート
祖父岳
掛原ルート

上り

高度差 約221m
(登山口→祖父岳)

 累積高度差+ 300m
 累積高度差- 79m
 
所要時間 
上り 40分
(ゆっくり1時間程度)




沿面距離 
上り 1,663m(登山口→祖父岳)
往復 3,326m(登山口→祖父岳→登山口)





掛原登山口・標高600m 6:50出発→祖父岳標高831m 7:30
登山時間40分 距離1663m 標高差 231m

登山 2014年06月01日  
天候  晴れ
登山
ルート


標高・
距離
グラフ



祖父岳 カシミール軌跡地図








登山ルート標高グラフ









登山口→祖父岳
標高グラフ


沿面距離 1,663m
累積標高差 +300m
累積標高差 -79m

所要時間 約40分






このデータはGARMIN eTrexを使用してます。
GPS設定は新旧比較 検証へ





カシミール3Dより祖父岳 新ルート

掛原ルート





登山道(ルート) 概要


掛原登山口より、
大きくジグザグに材木林道を登ります。

スタートしばらくしてベンチが
設置されている展望台が有り、
八尾町 野積川の景観を堪能する
事が出来ます。

材木林道より、途中
右側から、新に設置された
掛原ルートに入ります。

2014年6月15日に
岳友の岡本さんが登った際は
標識が設置されてましたので、
迷う事は無いと思いますが、
注意して下さい


コースはとても
歩きやすく
危険な地点には、
親切にロープが設置されてます。
コースは一旦下り
鞍部から
お隣 美しい夫婦山が望めます。


そして、ここからが、
祖父岳のご賛美
急勾配の始まりです!


流石に低山で有りながら
岳と呼ばれるだけあり
尖山 急勾配で有名な
夏椿コースより

斜度が有ると感じます


しかし、距離が短く
ゆっくり、一歩一歩登れば
確実に頂きを目指せます。

そして頂きからの景観は
夫婦山の上部に素晴
らしい立山連邦が一望
反対側は金剛堂山・
人形山なので山並が見え
絶景です!


従来の谷折ルートは、
最初から急勾配であるが、
新ルート 掛原ルートからの祖父岳は、
平坦な道から最後の急勾配
変化があり楽しい 距離も短く

ファミリー・カップル・
山ガール・トレイルラン練習

に最適と感じます!







掛原登山口まで
アクセス




八尾町より県道224号線
にて利賀 大長谷方面に
車を進めます。






山田村分岐をそのまま直進して
大長谷 利賀方面に車を進めます。






そして、大長谷・利賀方面
野積方面への
Y字路に到着

ここを野積方面(左側)
県道323号線に入ります。





県道323号線
野積方面に車を進めます。

間違えないように!





県道323号線より正面に
目指す祖父岳が見える。








道中、川倉不動寺大きな案内板が見えるが、
ここを左折すると、

冨山の滝37選の一つ



川倉不動滝に立ち寄れます。

無病息災パワースポット
夏はひんやり涼しく緑も多く
オススメです。

詳細は
こちらへ







川倉不動滝を過ぎ
しばらく、道なりに県道323号線を進むと東布谷で

道は野積川を通過します。







正面には、かつて
広畑小学校がありましたが、現在は廃校
跡地と成っております。




広畑小学校が存続していた頃の景観

 



橋より野積川の景観
緑が美しい




廃校になった
広畑小学校の跡地





学校が存続時代からある
二宮尊徳像があります










広畑小学校 跡地より
越中八尾おわらの町を訪ねるみち









再び
掛原登山口まで
アクセス紹介





野積川の橋より
正面 旧広畑小学校 跡地

橋に祖父岳・夫婦山
の案内板があります。

案内板に従い
橋を渡ると左折します。






しばらく細い道が続きます。






登山口の標識に従い
直進します。





登山口
案内板






しばらく進むと
富山の百山
祖父岳(掛原口)・夫婦山(松瀬口)

の大きな案内板が有ります。


夫婦山・登山の場合は
こちらへ




大きな案内板より
直ぐに写真の様なY字路に到着

ここを
(祖父岳線)に右折します。





Y字路より
祖父岳線の案内






ヤフー地図より
祖父岳線 入口Y字路の地点







祖父岳線は舗装されてますが
道幅が狭い道です。











しばらく、進むと

道路の傾斜14%
安全速度20


の標識が左側に
ある地点を通過








道路の傾斜14%標識を過ぎて
直ぐ、Y字路が有り

祖父岳は
このY字路を右折します。





2014.6.15には、このY字路の地点に

登山口・標識

が設置されてました。
(岳友・岡本さんより)






右折すると、道は
大きくカーブしており






カーブの終わり地点が
Y字路と成っており

このY字路の左側が登山道です。
従ってこのY字路が登山口と成ります。

車は、このY字路の右側を直進すると
広場があり、ここに駐車できそうです。





車 駐車ポイント
広場の様子






2014.6.15 登山口に
案内板が設置されてました。
(岳友 岡本さんより)






頂上まで1560mと有ります。

次ページでは
登山道の様子を紹介!










 ②掛原登山道


富山の山 祖父岳・登山カテゴリー

 富山の山ホーム ①はじめに・アクセス ②掛原登山道
 サイトマップ ③祖父岳からの景観 ④谷折登山道








































newpage398.htmlへのリンク

newpage400.htmlへのリンク

newpage426.htmlへのリンク