登山口 到着です!









写真の矢印より、いきなりの急登が始まります。





駐車スペースより登山口までのコースイメージです。






2011年7月に訪れた時は、工事用の橋が撤去されていしたが、


2012年10月には




工事用の橋が整備されてました。

橋の最新情報は

予め

ヤマレコで確認される事を
オススメします。



最新情報はこちらが便利です。



















富山の山 細蔵山・登山
(はじめに・アクセス) 

登山ホーム
登山道・頂きの景観
富山の山データー一覧

細蔵山は、知る人こそ知る剱岳の展望が素晴らしい山である。残念な事に登山道が整備されず冬の期間しか登れない山であった。しかしながら山の愛好グループ山凱会によって2009年登山道が完成した!
北日本新聞記事はこPDFこちらへ

早速、興味が出て いざ登山に行こうと車を走らせたが、
登山口が見当たらないのでは無いか!色々情報を集め要約実現できこのページにて報告致します。

登山は、11月05日天候は良かったが、紅葉が終わり登山道に落ち葉が散乱し標高1000m以上に成ると落ち葉に上に雪が積もり非常に足元が悪い環境であった。その上、登山開始直後から、標高1234mまでロープが整備されているが
殆ど直登であり体力が消費しました。その上、最後に再び直登の急坂が待っているのでペースを守り体力を温存して登ると良いと感じる。夏に笠ヶ岳や奥穂高を日帰りできた自信から水分も1L程度、何も準備せず登り、苦戦する登山であった。(やはり百名山は道が良い!全然違う)反省するしだいです・・・・・

登山道は、雪が積もり分らない箇所もあったが、
赤い印が木に巻きつけてあったので、何とか行けました。

剱岳の大展望台である中山につぎ、期待される剱岳の展望台である事は間違いないと思います。 創 楽







中山と細蔵山との位置関係をカシミール3Dにて描写します。
アクセス
山 名 細蔵山  (ほそぞのやま)
場所 富山県 上市町 馬場島
標高  1551m
ルート 登り 登山道
2009年 完成した登山道

下り 登山道
ピストン
 
高度差 約972m 

累積標高(+)1173m
累積標高(−)-201m

 
登山口より所要時間

 登り  2時間22分
 下り
  1時間55分
登山道

登山口→細蔵山
沿面距離(実際に歩いた距離)  4639m

往路 9278m

詳細
登り

登山口 標高559m8:30出発→・標高1234m地点 9:38
登山時間1:08分 距離2296m 標高差675m

標高1234m地点 9:38出発→標高1380mピーク地点 10:04
登山時間26分 距離1114m 標高差146m

標高1380mピーク地点 10:04出発→細蔵山・頂き1551m 10:48
登山時間44分 距離1229m 標高差171m



下山 細蔵山・頂き11:05 → 登山口 13;00
歩数 - 消費カロリー登り1477kCal 下り956kCal  登山全体2433KCal
心拍計・ランニングCPに付いては、こちらへ
登山 2009年11月05日 日帰り   単独
天候  曇り
登山ルート

標高・距離
グラフ



カシミール標高グラフより、登山開始直後から標高1234m地点まで一揆に登り、その後尾根を歩き標高1380m地点から
一旦下り、最後に再び一揆に細蔵山の頂きを目指します。

登山道3D
イメージ



カシミール3Dより、登山口から標高1234m地点まで尾根沿いに一揆に登っている様子が伺えると思います。

上市町より馬場島線にて剱岳・早月尾根 登山口である馬場島を目指します。馬場島線入口は中山・登山ページに紹介してあります。こちらへ

先ずは、剣センターを過ぎます!

石にしっかりと細蔵山と書かれてました。安心
素晴らしい光景です。正面に中山!その上には剱岳が顔を出します!!
やがて、写真のような石に赤いペンキで矢印が書かれてポイントに到着します。矢印通り進んで下さい!
工事用道路はやがて、先ほど車から見えた橋を渡りますが、渡ってから工事用道は左側に行ってますが、
右側に行って下さい!この地点がポイントです。
工事用道路の状態 かなり歩き易い!
歩き開始、工事用道に行きます。この看板より工事は2009.11月現在では終了してますが、フインキはまだのようだ
駐車した車から撮影した、お地蔵さま このお地蔵さまを通り越さないで下さい。
路肩は車が3台程度、駐車できそう!
橋が見えて直ぐに写真箇所に到着します。この写真より車は路肩に駐車しました。
しばらく行くとお地蔵さまが見えます。
二車線となり、わずかで写真の丸で囲んでいる箇所だが小さな橋が見えてきます。
この橋を渡って登山口に行くのだが、この橋はどうも工事の車両を通す為らしく、
やがては無くなる恐れがあります。注意!
やがて道は二車線となり、正面に中山が見えてきます!
道はやがて細くなります。すれ違い注意!
低山データー・一覧へ