P.A.WORKS 15周年記念アニメーション作品
クロムクロ・舞台 聖地巡礼 (第7話)




第7話

東雲に

概要

大型ジオフレーム「イエロークラブ」から現れた
人型のパイロットは、ヒドゥと名乗り自爆して命を絶った。

咄嗟の機転でクロムクロへの被害は最小限に抑えられたが、
その様子はネット上でリアルタイム配信されており、
瞬く間に世界各国へと拡散され大きな波紋を呼んでいた。
パイロットがヒューマノイドであったことにショックを受けた由希奈は、

これ以上戦うことを拒否。意気消沈したまま登校する由希奈は、
カルロスから赤城と茅原が先日の戦いを
見に行ったまま戻らないことを聞かされる。







第7話
には、富山の舞台は
有りませんでした。






スーパータカハシ
は、ありそうですが、
由希奈 実家付近では
見つける事が出来ませんでした。

富山でも、由希奈の実家付近と関係ない
遠方(宇奈月や福光)などに点在するかも?





そこで、
自然は豊富な富山で収穫される
食材が販売されている


地場もん屋

を紹介致します。

地場もん屋
については
こちらへ


富山城からも近いので
立ち寄りも良いかも
富山の商店街にあります。











富山弁




ホセ・カルロスが、赤城と茅原が帰ってこない
話しをするシーンより

富山弁が多く見受けられる。

富山弁とは
緩くて
可愛いイメージがあります。



クロムクロより富山弁の紹介!


富山弁 二人を何で助けれてくれん だがよ
訳・二人を何で助けてくれないのですか



*お前のジオフレームだったら
助けられるだろうが




富山弁 赤城と茅原が帰ってこんがよ
訳・赤城と茅原が帰って来ないよ



富山弁 二人を探してくれんけ
訳・二人を探してください
又は、二人を探して



クロムクロでの富山弁は

言葉の最後に


「よ」

「け」

で終わるパターンをが多い


販売もされている
富山弁番付表より
かんたんに富山弁を紹介致します。


今回使用された


語尾に


「よ」


とは






「よ」をともなうことで

強意・詠嘆・念押しなど
を表してます。



ですから、
先程のクロムクロより


富山弁 赤城と茅原が帰ってこんがよ
訳・赤城と茅原が帰って来ないよ


この場合
同じ最後で「
」で終わるが、

意味が違って来ます。


富山弁の場合、

強意・念押しの気持ちが
こもってます。

(赤城と茅原の心配する気持ちが
こもってます。)




その他
語尾に

「ちゃ」

「られ」


が付く場合があるので
紹介致します。






番付表では、得意技として
紹介されてます。


クロムクロでも
この得意技が出る場合が有りますので
要チェック!


「ちゃ」
を使う場合


例 どうにもならないです
富山弁 とうにもならんちゃ



例 良かったね
富山弁 良かったちゃ


自分も無意識に使用していたが、
この


「ちゃ」

確認・念押し・詠嘆
の意味があります。



「られ」
と使う場合


例 気をつけてね
富山弁 気ぃつけられ


例 また来てね
富山弁 また来られ



親愛・優しさの意味が
あります。




その他、
自分が多好きな富山弁は


「まいけ」


例 帰りましょう
富山弁 帰らんまいけ


例 ゆっくり行きましょう
富山弁 ヤワヤワ行かんまいけ



緩い感じで好きです。


また、人は馬鹿にする


「アホ」

は富山弁だと

「だら」


他人にアホと呼ばれたら
腹が立つが

お前、だらか!

と呼ばれたら
何故か、腹が立たない
不思議な言葉です。







こんな
富山弁
番付け表より
人気の富山弁を紹介します。


番付表より





個人的だが、
横綱の
「ありがとう」

は、ありがとう
と言ってます。

「きのどくな」
はお年寄りが
多く使用している感じがします。


「だら」
は何時も
言われてます・・・・


「また、こられ」
は、家に遊びに来た
友達が帰る際、

お母さんが
よく言います。


番付表より
西




きときと

クロムクロでは
今は破壊されたが、

富山きときと空港

この
きときと
は生き生きと言った意味


富山は魚で有名
生き生きした(新鮮)な魚を
イメージしております。

例 新鮮です
富山弁 キトキトだちゃ









富山弁の話しは
クロムクロを通り過ぎて
マニアックに成りそうなので
この辺で


その他
富山番付け表が気になるかたは、







番付け表は
富山駅 正面
CICビル







物産センターにて
100円(2016年現在)
で販売されてます。

詳細は
こちらへ




富山弁について
ネット紹介は、
こちらへ









 クロムクロ
舞台・聖地巡礼ホーム