富山の山 布勢の(布施)円山・登山



氷見市 布勢の円山 全容


布勢の円山 登山カテゴリー

 富山の山ホーム ①布勢の円山 
サイトマップ   



布勢の円山
(ふせのまるやま)

氷見市指定名勝
昭和55年10月25日指定



布施の円山とも書く
田園地帯に中にもり上がった半球状の山

氷見市南部 県道氷見惣領志雄線の
すぐ脇布施部落にある。

急な石階段を登った頂上には
布勢朝臣の租と伝える


大彦命

が祀る延喜式内社布勢神社や

大伴家持

を祀る御影社(みかげしゃ)がある。


この御影社は全国で最初に
大伴家持を祭った御影社であり
万葉関係の碑としては
富山県内最古のものです。
大伴家持を祀った全国に
数少ない社であることから
多くの万葉集ファンが
この地を訪れると言う


伝承によれば
この山に家持の館があり、
客人の接待の場をして
利用されたので多くの
歌人が訪れたのいう。


現在こそ田園地帯に
ある山であるが、
大伴家持の時代は、
海水に覆われた孤島

頂上に登った際
広々した田園地帯を
万葉時代の海を
連想するのも愉しい!






布勢の円山
入口より

布勢の円山について











カシミール3Dより布勢の円山の位置





布勢の円山

 布勢の円山は、水田の中に島のように
盛り上が っているので、
どこから見ても丸く見える。
周囲 約三百メートル、高さ約二十メートル

そこから の眺めはありし日の
布勢水海を思いめぐらすのに 最適

 祭神は、四道将軍の一人として
北陸道の鎮撫に あたったいう大彦命で、
布勢一族が祖先神をま
つったものと伝えられたいる。

 この社の後ろに境内社として
「御影社」があり 大伴家持を祀る

 布勢神社境内にある石碑は万葉にか
かわる碑とは、県内最古のものといわれる
享和二年(一八〇二) の
古碑(山本有香撰文)と明治三十三年、
大伴家 持の千百年祭が行われ、
地元の有志によって建て られた

大伴家持卿之碑
(重野安繹撰文)が向かい 合っている。





布勢の円山
現在と万葉時代




現在の円山
周辺には田園地帯が広がる






万葉時代 円山(合成写真)

今から約1300年前は、
ここから見える田 園一帯は
「布勢水海」と呼ばれる
大きな水 海でした。

大伴家持は、
746年かた751年 まで
越中の国守として越中国府
(現在の伏 木)に住んでいました。

大伴家持は、
布勢水海をこよなく愛し、
遠 く都から訪ねてきた友人らと舟遊びをし、
美しい風景を数多く歌に詠んでいます。

布勢の海の沖つ白波あり通ひ 
いや年のはに見つつ偲はむ


布勢の水海の沖に立ちさわぐ
白波の美しい景色を、
こうしていつも通ってきて、
毎年眺めることとしよう)












布勢の円山



布勢の円山
氷見市南部 
県道氷見惣領志雄線の
すぐ脇布施部落にあります。




ヤフー地図より
布勢の円山地点




 



 



布勢の円山入口

(第27代)内閣総理大臣 濱口雄幸 書
布勢神社の碑が有ります。







表参道
鳥居を潜り円山を目指します。







急勾配の階段を登ります。







階段を登ると

万葉の歌碑と御影社

につい大きなて案内板があります








隣には、
全国で最初に大伴家持を
祭った旧御影社があります。


家持のファンが多く訪れるそうです。






現在の御影社






御影社の隣には、
延喜式内の古社・布勢神社がある。

祭神は、崇神天皇10年(紀元前88年)
北陸道鎮撫将軍として派遣された
四道将軍の一人、大彦命です


















その境内左側の茂みに、
享和2年(1802)に建てられた
「大伴家持卿遊覧之地」
と刻まれた石碑があります。
裏面の撰文によると、
題字は正二位権大納言花山藤公。
万葉関係の碑としては
富山県内最古のものです。








円山より二上山が見える。
田園地帯を海に想像して
景観を愉しのも趣がある。








カシミール3Dにて大伴家持のお気に入り?
万葉時代の二上山・立山連峰



布勢の円山に訪れた際は、
布勢の海水の面影を残す

十二町潟水郷公園

に立ち寄るのも面白い













布勢の円山 登山カテゴリー

 富山の山ホーム ①布勢の円山 
サイトマップ   












 
氷見周辺の観光
氷見周辺の日帰り温泉