top旧車への道凄人→ホンダZ GSS

サイトマップ

ホンダZ GSSのレストアに挑まれた端さんを紹介致します。

ガレージの奥には、カワサキ・マッハVが有りました。
委託で置いて有るそうで、残念ながら書類が無いそうです。残念
とても綺麗なバイクで、もったいないです。何とか成らないか!2スト カワサキ 何か男のロマンを感じさせます。

端さんが過去にエントリーされたクラツシックカーショーのゼッケンです。
素晴らしい

凄 人 トップへ

端さんのレストアはまだまだ終わりません。
応援しております。創楽

車体は、エンジン・内装・ガラス・モールなど全て取り除き、ドン柄状態で実施されております。非常に手が込んで降ります。写真はフェンダーからスカートなど板金を施し、ペーパー掛け、下地塗装までです。

エンジンは水冷タイプ、このEAエンジンは確か振動対策の為、バランサーが付いた最初のエンジンであり、当時には珍しいタイミングベルトを使用していると思います。ヘッドはGSSらしくポートが2つあります。ホンダエンジンはこの頃から進歩している!!現在のクラッシックカーレース360部門でも人気があるエンジンです。
端さんはエンジンも全て分解しオイルシールなど消耗品は全て新品をおごり、完璧にオーバーホールを施されました。ホントに凄いです!


チューニング関連はこちらへ

端さんはホンダZ以外にスカイラインGTを所有しておられます。この車はなんとノンレストアで有り、リアフェンダーも加工無しです。エンジンは単キャブからSUツインに変更されております。このタイプの(箱スカ)は良くGTR仕様が多い中、この様なキャブのみ変更の箱スカを見ると、とても新鮮でカッコイイです!!センスを感じます。

中日本クラシックカークラブに所属している端さんは、レストアに掛けてはベテランであり、過去にも数台レストアされております。私の所有するB110サニークーペも前オーナーは端さんが所有しており、レストアを施してありました。そんな瑞さんが今回レストアに挑んだ車は、ホンダZ GSSです。
ここにそのレストアの一部を紹介させて頂きます。

綺麗にエンジンルーム内まで塗装された車体に組み付けたEAエンジンを搭載する所です。もちろんミッションは5速です。