バイクナビゲーション取付け

 

バイクホーム

 マフラー交換  電磁ポンプ取付け  ナビゲーション取付け
カスタムホーム  ハンドル調整  シート交換 ウェーバーキャブ交換 


ナビゲーションの機種選びは、
第1にポータブルである事
(バイクだけの使用ではもったいない多様出来ること)
第2に内臓バッテリーをもち12V電源でも行ける事
(内臓バッテリーのみでは長時間に対応出来ない)

第3に取付け方法が容易である事
(シンプルを重視、見栄えがごちゃごちゃしない物)を考えておりました。

これらに該当したのが、この迷WANナビBZN-200でした。
このナビには後オプションで防水カバーもありバイク乗りには魅力的だと思います。



作業フロー

1電源コード取り付け → 2ステの取り付け → 3ナビ本体の取り付け






電源コード取り付け

オプションパーツBZN205電源コードをホグランプの
反対側の予備スイッチに接続する。
コード端子はバンドにてハンドルに固定して有ります

結線はHarleyDavidsonTOYAMAに依頼しました。

国産バイクの場合ヒューズボックスのキーON・OFF
に電源が入るヒューズから電源を取ると良いと思われます。





今回ナビゲーション用になったスイッチです。





バイクステ取り付け

オプションパーツBZN203バイクステーを
ハンドルにしっかり付ける。

写真に写っているボールジョイントの
ネジは工具でしっかり付けないと、ツーリング中にぐらぐらになる恐れあり










ステのみ取り付けた状態です
非常にシンプルです。




ナビゲーション本体を付けた状態です。BZN215液晶パネルフード付いています。
これがないと、晴れた日は太陽の光で画面がほとんど見えません。
必需品だと思われます。

















 

バイクホーム

 マフラー交換  電磁ポンプ取付け  ナビゲーション取付け
カスタムホーム  ハンドル調整  シート交換 ウェーバーキャブ交換 











/