ファインモールド
1/48 Xウィング・ファイター 製作日誌

翼デカール・汚し
 




 プラモデル製作
日誌
 @はじめに・
キット紹介
 A胴体・塗装  B翼の組立・塗装
 C翼デカール・汚し
 D仕上げ・スタンド   Eまとめ・ギャラリー




   

翼のウォッシングを終了すると、今度はデカールを貼ります。
デカールは赤い部分です。写真左の様に、一体物を余分な部分を除去する為にニ分割します。
貼る際は、位置に注意します。






デカールは、貼る位置に合わせから、綿棒などで、固定します。
貼り付け部分は胴体同様、凸モールド上に貼るので、
マークセッターでデカールを軟化させました。
写真はマーツセッターを塗っている所です。








デカールが、じわじわ軟化が始まった様子です。凸モールドが見えている。






綿棒などで押さえ、凸モールドにデカールを密着させますが、
若干、モールドの四隅にシワが残りました











写真は完成後に撮った物ですが、
四隅に残ったシワに再度マークセッターを付けてから、
水を若干つけティッシュにてシワの上からデカールを押さえ付け密着させました。
殆どシワは消えましたが、この方法は、ガイド本などに記載されていませんので、
注意して下さい!

マーツセッターを付けたデカールの上から乾燥したティッシュで押さえると、
ティッシュにデカールが付いてくる恐れが有りますので、必ず水を含ませて下さい!!







デカールの上から、ティッシュで押さえている様子です。
ティッシュは乾燥している様に見えますが、デカールに触れている部分は濡れています。









キットには、組立説明書以外に、デカール貼り付け説明書が有ります。
この説明書はカラーで大変見やすく、汚し部分まで表現されており、
ウォッシングやパステル汚しに重宝しました。









デカールの貼り付けが終了し、デカールが充分に乾燥してから胴体同様、パステルによる汚しに入ります。









デカールの貼り付け説明書を見ながら、
汚れの酷い部分にペーパーにて粉状にしたパステルを筆でこすり付けます。
特にエンジン部分は翼より汚しを入れてます。







パステルによる汚しが終了した翼後方より!! 
ウォッシングした表面は、べたべたして指紋が付きやすいので、充分に注意しました。








因みに、前ページより、ウォッシングが終了した翼です。
デカールの貼り付けとパステル汚しが終了した上の写真と見比べると、
パステル汚しの部分が良く分るかも知れません?








翼を十文字に開き、トップコート(つや消し)を塗り、
翼の塗装・デカール貼りが終了しました。










完成した翼のセンター部分を組付けます。この部分はビス止めである。
写真のように汚しは入れてませんが、大丈夫です!!胴体パーツに隠れます。








胴体下パーツに、完成した翼をビスにて固定します。
その際コックピットも付けます。
今回この機体は飛行状態で脚を閉じ飛行状態で製作しており、
基本的にパイロット(ルーク)を乗せますが、
個人的にパイロットを乗せるのが好みで無い為、キャノピーにスモールを塗装し、見えない状態を考えています。寄ってコックピットの計器類の塗装はせず、
ブラック一色で終わらせました。

コックピットの塗装は、何時かの機会にレシプロ大戦機で力を入れたいと思ってます!









胴体上パーツを取り付け、ようやくXウィングらしく成って来ました。















 プラモデル製作
日誌
 @はじめに・
キット紹介
 A胴体・塗装  B翼の組立・塗装
 C翼デカール・汚し
 D仕上げ・スタンド   Eまとめ・ギャラリー









大人のホビー&コレクション【ララビットマーケット】