模型の撮影・写真


 プラモデル
ホーム
 プラモデル製作日誌  ギャラリー  撮影方法





自分の模型・プラモレル撮影の注意点を簡単に紹介致します。特に広角系ズーム・露出・アングル・絞りボケに重点を置いています。ここでその重点を紹介致します。

先ずは、カメラ紹介  

一眼レフ コニカミノルタ α7DIGITAL レンズ SIGMA 50mmMACRO F2.8

コンパクトカメラ  Panasonic DMC-FX01

撮影は、簡単にミニテーブルの上に背景を置き、撮影目的の模型を置きます。(上写真参照)照明は部屋の照明+外の自然光です。現地点では、あまり気にしていません。ただ三脚は絶対必要とします。(フラッシュは使用しません)自然な感じに仕上がらないからです。


このページの撮影方法で撮影した写真の当サイトのギャラリーで掲載しております。よろしければ見て頂ければ幸いです。









広角系ズーム


28mm 35mm 50mm


一般に35mmフイルムレンズでは50mmレンズが標準とされます。その数値よりその数値より小さいと広角系(広い範囲が撮れる。焦点距離が短い)大きいと望遠系(狭い範囲だが、遠くの物が撮影出来る。焦点距離が長い)ものを言う。

広角系 ←  50mm → 望遠系  (35mmフイルレンズ)

ここでは広角系を紹介します。なぜならは、この広角系が、モデルなどのデフォルメ(遠近感が大げさに表現でき、よりスケール感を出せる。)からです。

50mmの標準より、28mmの方が前輪が大きく、リアが小さく表現され、遠近感があります。

この見本はコンパクトカメラのズームを使用してます。 一眼レフ・デジタルは最近の高級機種は大丈夫ですが、28mmのレンズを使用しても約42mm程度になり、広角に成りません。高価な17mm系・超広角レンズの使用で要約28mm程度です。








露 出


露出- アンダー 適正露出 露出+ オーバー


露出とは、その構図に必要な光の量です。単純に多ければ、明るく・少なければ、暗くなります。

一般に露出は自動ですが、コントラストが高い写真(風景など遠くの雪山に近くの岩場など、白色と黒色が構図に入ると、明るい白色に露出を合わせると、黒い部分の岩場の色が露出不足に成り、暗く成ります。下の写真はその例です。












弥陀ヶ原登山時にオートで撮影した簡易トイレです。露出が明るい空の明るさに合っているが、肝心のトイレの色が黒く潰れています。この様な事を防止する為に露出補正します。一般的には、この様な場合は、プラスに補正しますが、プラスしすぎるとオーバーと成り空の青色が飛びますので、補正は微調整で替えます。経験が付くと大体の目安が分るように成るらしいです。また必ずプラスに補正するとは限りません。マイナスの場合の方が良いかもしれません。そしたら露出を替えて沢山撮るとミスを防止出来ることに成ります。

しかしワンショットに何枚も撮るのは面倒です。それを考え最近のコンパクトカメラにも搭載した一回のショットで自動的に露出を変更して撮影するオートブラケットがあります。大変優れもので、フィルムではもったいないが、デジカメだと何枚でも撮れますので、納得が行くまで撮って、後の不要な写真は消去で済みます。模型撮影にも活用してます。

撮った写真はPCのコントラストでも変更が可能ですが、フィルムの場合アンダーだと現像で何とか修正できるが、オーバーだと修正が難しいと聞いてます。?








コンパクトカメラのオートブラケット変更画面
露出-1 適正露出 露出+1 の3露出を同時に撮ります。







SEKONIC製マニュアル露出計 撮影する方向に向けると適正な絞りとシャッタースピードが表示される。フィルム感度ISO対応 ・露出補正も表示する。これを使ってマニュアルで撮影するのも面白い!
名機ニコンFと一緒だと似合いそう?









アングル


下から見上げる 目線 上から見下ろす

同じい模型でも、その撮影する角度に寄っては、表情が違います。私的では、バイクの場合は目線よりズラした方が好きです。自分の好きなアングルを見つけるのも楽しみの一つではないでしょうか!









絞り・ボケ


ここで、絞りとシャッタースピードの関係を簡単に記載します。 ここで分りやすくコップに水を入れる事を例に取ると、蛇口の口径が絞り・コップに水が溜まる時間がシャッタースピードです。高価な明るいレンズはコップが小さいと過程して下さい。蛇口を開くと早く(絞りを開けるとシャッタースピードが速い)(絞りを絞るとシャッタースピードが遅い・手ぶれを発生させやすいです。)高価な明るいレンズは暗い所でもシャッタースピードが稼げるです。

絞りには、もう一つの効果が有ります。それはボケです。
絞りを開くと、ピントが合う部分が小さくボケが大きく成ります絞りを絞るとピントが合う部分が広くなり全体的に鮮明に撮れます。しかしシャッタースピードは遅いので(三脚必要)風景写真などは絞る写真が多いですが、模型など、写したい部分だけ鮮明にしたい場合は絞りを開きます。味の有る写真が撮れる。ボケは下の写真を参照して下さい。

ボケ具合は、レンズの特性でも、違いが出てきます。ここでは、あくまでも目安で見て頂きたい!





絞りF2.8  光量F5.6を1に例えると×4です。  絞り優先AEで撮影 レンズSIGMA f50mm MACRO 1:2.8

左側のウインカーレンズにピントが合っており、後は殆どボケている。







絞りF5.6 光量F5.6を1に例えると×1です。  絞り優先AEで撮影 レンズSIGMA f50mm MACRO 1:2.8

フロントフェンダー・ヘッドライトまでピントが合う リアがボケている。三脚必要







絞りF16 光量F5.6を1に例えると1/8です。  絞り優先AEで撮影 レンズSIGMA f50mm MACRO 1:2.8

ボケが殆ど無く鮮明に全体が写る。1/6模型とは思えない位の仕上がり!一眼レフならではのカットと思われる。 三脚必要





総括  今回はISOを触れて下りませんが、通常室内では400 ISO800など高感度になるとシャッタースピードは稼げるが、ノイズが出る。最近の高級カメラは出ないそうです。試す価値は有りそうです。

このページに紹介した、広角系ズーム ・ 露出 ・ アングル ・ 絞りボケ を自分のイメージに合った条件で撮影しております。まだまだ基本的で有り、条件を模索中です。殆ど独学です。間違い・良いアイデアがありましたらご一報頂ければ幸いです。













 プラモデル
ホーム
 プラモデル製作日誌  ギャラリー  撮影方法




大人のホビー&コレクション【ララビットマーケット】