上高地・東鎌尾根から登る1泊2日槍ヶ岳登山
はじめに・アクセス



8月 ヒュッテ大槍より 槍ヶ岳


上高地・東鎌尾根カテゴリー

 創楽・登山ホーム  @はじめに
・アクセス
 A上高地→徳沢  B徳沢→槍沢  C槍沢→水俣乗越  D東鎌尾根
 サイトマップ  Eヒュッテ大槍
→槍ヶ岳
 F槍・穂先(詳細)  G槍ヶ岳 
頂からの景観
 H槍ヶ岳→
あかんだな
I上高地
トレッキング 




槍ヶ岳

標高3180m 本邦第5位の
高峰であり、その頂きは
その名の通り槍の穂先の
ような独特なフォルム

北アルプスでもランドマーク的存在と
して登山者にとっては憧れの山

また北アルプスを縦走するにも要衝の地でもあり
北・東・西の鎌尾根
穂高連邦へ通じる主稜線、槍沢、
飛騨沢の沢ルートと合わせれば
6本のルートが集結しており、
山登りの初級者から岩登りの
ベテランまで幅広く親しまれ
人気の山です。


今回の登山

今回、槍ヶ岳を目指すルートは
最も一般的な上高地から始まる

槍沢ルートですが、途中水俣分岐より
東鎌尾根を通り、ヒュッテ大槍で1泊します。
翌日は早朝より槍ヶ岳の山頂を目指し
下山は通常の槍沢から上高地に戻ります。

1泊で
登りで東鎌尾根を堪能
下りで槍ヶ岳の景観や高山植物が
素晴らしい槍沢を堪能する
贅沢プランを想定してましたが、

2日目の天候が雨天となり、
槍沢の景観を楽しむ所か、
槍ヶ岳の頂きを踏んで
弾丸で上高地に下山と成りました。

従ってこのページで紹介
する下山ルートタイムは
弾丸下山タイムです。通常は
更に延びると思われます。

今回登山は1泊2日ですが、
一般的には2泊3日のコースなので
注意して下さい。


またこの上高地から東鎌
尾根を経て槍ヶ岳ルートは
NHK 山プロジェクト「やっほー!
日本アルプス」4回シリーズの第3弾!

2泊3日

押切もえが挑む! “天空の頂”槍ヶ岳

に紹介されております。





山 名 槍ヶ岳 (飛騨山脈)
場所 長野県 松本市 大町市  岐阜県 高山市
標高 頂き 3180m
ルート
 上高地より上り(東鎌尾根) 下り(槍沢)ルート

上り

1日目
上高地→
東鎌尾根→ヒュッテ大槍(一泊)

2日目
ヒッッテ大槍→槍ヶ岳→
槍沢ルート→上高地


高度差 約1,656m 


上高地→東鎌尾根→槍ヶ岳
ヒュッテ大槍 泊(標高2910m)

 累積高度差+ 2412m(1日目 2062m 2日目 350m)
 累積高度差−  756m(1日目 -700m 2日目 -56m)
 


所要時間 1日目(東鎌ルート)
 上高地→ヒュッテ大槍  8時間05分


       2日目
 ヒュッテ大槍→槍ヶ岳  1時間07分

 下り(槍沢ルート)

 槍ヶ岳→上高地     6時間38分



沿面距離 
上り 21,816m 東鎌尾根(上高地→槍ヶ岳)
下り 21,866m
槍沢 (槍ヶ岳→上高地)

往復 43,682m(上高地→槍ヶ岳→上高地)

詳細

登り

1日目
上高地・標高1523m 6:50出発→
横尾標高1615m9:20
登山時間2:30分 距離10450m 標高差92m

横尾・標高1615m 9:30出発→槍沢ロッヂ標高1820m10:45
登山時間1:15分 距離4167m 標高差205m
上高地より時間 時間3:55 距離14617m 標高差297m

槍沢ロッヂ 標高1820m 10:50出発→
水俣乗越分岐・標高2090m11:50
登山時間60分 距離2418m 標高差270m  
上高地より時間 時間4:55 距離17035m 標高差567m


水俣乗越分岐 標高2090m 12:00出発→水俣乗越・標高2480m12:54
登山時間54分 距離1271m 標高差390m  
上高地より時間 時間6:04 距離18306m 標高差957m


水俣乗越 標高2480m 13:00出発→ヒュッテ大槍・標高2910m14:55
登山時間1:55分 距離2034m 標高差430m  
上高地より時間 時間8:05 距離20340m 標高差1387m


2日目
ヒュッテ大槍・標高2910m 6:00出発→
槍ヶ岳・標高3180m 7:07
登山時間1:07 距離1476m 標高差270m  


下り
槍ヶ岳7:15→ 上高地14:15  登山時間 7:00


登山 2013年08月04日〜05日 1泊2日  
天候  曇り
登山ルート

標高・距離
グラフ


上高地 槍ヶ岳ルート地図



今回の登山ルート
(軌跡データを基にしたカシミール地図より)

1日目 上高地スタート→水俣分岐より
東鎌尾根・ヒュッテ大槍にて1泊

2日目 ヒッッテ大槍より槍ヶ岳登頂
槍沢ルートにて下山




登山道 概要

上高地バスターミナルから梓川沿いの
遊歩道(梓川左岸)を槍ヶ岳方面に進む

遊歩道は横尾と呼ばれる地点まで続きます。
上高地から横尾までの距離は約11km

距離的には上高地→槍ヶ岳の
約半分を稼ぐ事が出来るが、
本格的な登山は後半なので、
横尾までは足慣らし程度と成ります。

遊歩道は途中
約1時間毎に明神や
徳沢に山小屋があるので
休憩の目安に丁度良い


横尾に到着すると
涸沢へ向う横尾大橋を見送り
梓川の流れに沿って進みます。

コースは蝶ヶ岳コース分岐を通過し
いよいよ本格的な登山の開始!


やがて道幅が狭くなり
樹林帯に入ります。

針葉樹林のなかを歩くと沢の音が大きくなり
河原沿いの道となりワサビ沢を
渡って槍見河原に出ると
槍沢の流れの奥、赤沢山からの
尾根上に槍の穂先が
はじめて見えてくる。
(今回は見えませんでしたが・・・・)

ほどなく
橋を渡ると一ノ俣の指導標が立つ
小広い休憩ポイントの到着

以前は一ノ俣を遡って常念小屋
に至るルートがあったが
現在は廃道である。

更に樹林帯を進み
堅牢な二ノ俣の橋を渡る。

尚も沢沿いの道を歩くと
徐々に傾斜がきつくなり
河原から離れる水流から30m
ほど上部につけらた道を登ると

槍沢ロッヂ

に到着します。

槍沢ロッジからは広いヘリポート
を通って槍ヶ岳をめざします。
樹林帯の坂を登りイタヤカエデ
やナナカマドなどに覆われた
なだらかな道を行くと樹林が
途切れペンキで表示された

槍見岩

に到着
右手の大岩の上から槍ヶ岳
の穂先が見えるそうだが、
(今回は見えませんでした・・)

普段は涸れている荒沢を丸木橋で渡ると

明るい赤沢に出ますU字谷を形成し
切り立った岩壁がそそり立つ迫力のある
登山道

しばらく進むと
左手の樹林になかに見える大岩が赤沢岩小屋

気づかず通り過ぎてしまうかもしれないが、
かのウェストンも宿泊したと言う岩小屋です。

赤沢岩小屋から
もうしばらく進むと石堤の残る

ババ平

に到着します。

ここは旧槍沢小屋跡地でキャンプ指定地と
なっており、上部の沢水が
ホースで引水され、簡易トイレ
も設置れてます。
ここから谷は大きく開け、
氷河地形である槍沢のU字谷の
姿がよく観察できる。

河原の右側に沿って道が延び
ゆるやかな道を歩き
乗越沢を渡って

水俣乗越分岐

に到着します。
この付近が、槍沢ルートの
大曲と呼ばれる地点です
コースはここから右に折れ
乗越沢沿いの
急勾配のコースをジグザグに登り
高度を稼ぎます。
下界には、先ほど通過した

ババ平が小さく見えてきます。
急勾配を息を切らし登るをやがて視界が開け

水俣乗越

に到着します。
登山した8月上旬はこの
区間は黄色に染まった
ニッコウキスゲ畑であり目
を楽しませてくれました!

水俣乗越より
コースは左に折れ
メインイベント東鎌尾根をに入ります。

因みに水俣分岐より
そのまま直進して
急な下り(アプローチ)を下りると
北鎌沢出合です。




水俣乗越より
東鎌尾根は
一段上がり天上沢側の回り
こんでハイマツの稜線に
上が第一展望台へ
そこから
少し下って石屑の痩せ
尾根伝い丸太の階段

辺りは、槍ヶ岳 北鎌尾根
表銀座の山並が見える
大展望台

気分が高まるが
左右が切れ落ちたハイマツ
の狭い尾根が続くので
慎重に進む

やがて

木製階段を下だり
三つ続く鉄製ハシゴ
(14段・18段・18段)

下ると



と呼ばれる鞍部に到着

ここから
鎖場を登り一段上がった
尾根が第二展望台


そこから
急勾配で丸太階段が整備
されているコースを登ると
第三展望台に到着します。

第三展望台からは
西岳の背後から常念岳
が見えて来ます!

ここまで来ると
東鎌尾根の核心部は終わり

やがて
ヒュッテ大槍まで後40分の
小さな案内板を目にします。

ここからカブリ岩を左手に過ぎると
雷鳥平と呼ばれる一角に建つ

本日の宿
ヒュッテ大槍

に到着します。


ヒュッテ大槍からは
ガレ場のコースから始まる
コースにはペイントが付けら
れているので迷う事は無い

やがて
殺生ヒュッテ分岐を通過
下にはヒュッテの赤い屋根が見え、
槍沢のジグザグに
付けられた登山道がよく見える。
(今回の登山では見えませんでした)

丸太の手すりがある鉄製のハシゴを登り
東鎌尾根最上部の岩場を槍沢側に巻いて行く。
穂先の基部のガレ場を回りこむと、
槍沢コースの道と槍の肩
直下で合流し、槍ヶ岳山荘へ到着します。

ここからは、軽身でクサリやハシゴが連続する
メインイベント
槍ヶ岳 穂先を目指します!

三点支持をしっかりと守れば安心です。





登山ルート標高グラフ



1日目 登山 

上高地→ヒッッテ大槍(東鎌尾根より)

沿面距離 20,340m

標高差 1362m
(累積標高差プラス2062m)
(累積標高差マイナス700m)

所要時間 8:05








2日目
ヒュッテ大槍→槍ヶ岳

沿面距離 1,476m

標高差 294m
(累積標高差プラス350m)
(累積標高差マイナス56m)

所要時間 1:07






上高地→槍ヶ岳(東鎌尾根)
標高グラフ

沿面距離 21,816m

標高差 1656m
(累積標高差プラス2412m)
(累積標高差マイナス756m)

所要時間 9:12




下山



槍ヶ岳山荘→上高地(槍沢ルート)

沿面距離 21,866m

標高差 マイナス1566m
(累積標高差プラス608m)
(累積標高差マイナス2174m)

所要時間 6:38

(このタイムは悪天候にて殆
ど休憩なしの弾丸下山です。)








このデータはGARMIN eTrexを使用してます。
GPS設定は
新旧比較 検証へ






カシミール3Dより上高地より槍ヶ岳













写真による
コース紹







登山スタート地点
上高地は、マイカーでは乗り入れが出来ないので
上高地に直行するシャトルバスを利用します。

富山からのアクセスなので
日本海側(平湯温泉側)のシャトルバス出発地点


あかんだな

に車を駐車します。

因みに松本側は


さわんど

がシャトルバスの出発地点です。

公式ページは
こちらへ








あかんだな駐車場を目指します。





グーグルマップより
あかんだな駐車場の位置







あかんだな駐車場は
第1〜第3駐車場まで完備されており
非常に大きい駐車場です。







駐車場の営業時間
この日は


4:00〜18:00







駐車場は有料です。
料金は後払いです


あかんだな駐車場

営業時間・料金等については
公式ページへ
こちらへ







5:20

駐車場の様子
早朝なので駐車場は空きスペースが有りました。









5:30

駐車場より
平湯バスターミナルまで
案内板ひ従い遊歩道を歩きます。

約3〜8分程度








遊歩道の様子







5:33

平湯バスターミナルに到着

上高地行
シャトルバスの運行時間と
往復料金が大きく表示されてました。






平湯バスターミナルの様子









乗車券は自動販売機で購入します。


シャトルバス運賃は
公式ページへ
こちらへ



(さわんど)からの公式ページは
こちらへ





今回は

上高地⇔平湯

往復券を購入しました。

(かえり)の乗車券を無くさない様
大切に保管して下さい!



平湯バスターミナル案内板より






クマの注意!
上高地はツキノワグマの生息地です!






マイカー規制前と規制後の比較

1970⇒2000年

規制前の混雑していた上高地の様子が伺えます。






マイカー規制と利用者の推移

安房トンネル開通から利用者が増えている様子が伺える














5:47

上高地行シャトルバスに乗車






時間を優先される方は
タクシーで上高地に行くのも
一つの方法です。







6:17

シャトルバス窓越より
焼岳





6:25

上高地に到着


次のページより
登山開始です!






A上高地→徳沢


上高地・東鎌尾根カテゴリー

 創楽・登山ホーム  @はじめに
・アクセス
 A上高地→徳沢  B徳沢→槍沢  C槍沢→水俣乗越  D東鎌尾根
 サイトマップ  Eヒュッテ大槍
→槍ヶ岳
 F槍・穂先(詳細)  G槍ヶ岳 
頂からの景観
 H槍ヶ岳→
あかんだな
 I上高地
トレッキング 













最新情報はこちらが便利です。


























newpage362html.htmlへのリンク