世界遺産・富士山
吉田口ルート御来光 渋滞


富士山カテゴリー

富士山ホーム  吉田ルート  須走ルート   御殿場ルート 富士宮ルート  ご来光 
 サイトマップ
もくじ
富士山
知っておく事 
 富士山
事故例
富士山を眺める
低山 
 富士山
やまつみ模型
 



8合目富士山ホテルより御来光渋滞の様子そして御来光・お鉢巡りギャラリー


須走ルートより 吉田ルートより

登山ホーム

各富士山コース紹介

須走口登山道・はじめに

長田山荘→見晴館

見晴館→剣ヶ峰・
御来光・お鉢巡り


2013版 御来光・お鉢巡

下山ルート・砂走り

朝霧高原・上空より富士山
百名山データー一覧


登山ホーム

はじめに・アクセル

五合目→安全指導センター

安全指導センター→鳥居荘

七合目鳥居荘→
八合目富士山ホテル


富士山ホテル→富士山
御来光


吉田下山ルート・まとめ

富士山ホーム







富士山ホテル
2013.7.19(金)到着

別館・宿泊施設の様子
寝袋がギッシリ並べられている


御来光に行かれる方は
早朝2時にお越しに来ます!

と案内あり

良かった目覚ましの準備をしなくともOKと
安心して眠れる思ったが、
他人のイビキがうるさく・・・・・・・

またトイレは
宿泊でも200円です。


そして7月20日
早朝1:30

もう御来光渋滞が始まってます!
御来光目的の方は
出発をオススメしますとの案内があり

慌てて準備を済ませ8合目
富士山ホテルを出発します!





注意!


夜間の富士山八合目付近は
常に風が酷く気温も
夏場であっても氷点下に近い気温です。

一般的なガイド本などでは
ヘッドランプを忘れない
よう書かれてますが、

ここでは、

ヘッドランプにプラスして
防寒手袋・ニット帽・ネック
アンダーにヒートテックなど防寒装備を
オススメします。

恐らく想像以上の
風の酷さに驚く
この環境での御来
光渋滞は体温が奪われ
危険な状態になると思われます。

そして
重たい荷物は小屋に預け
小さいザックに必要
最低限の荷物を入れ
軽装で登りました。










何とか1:50
出発











外は、もの凄い
渋滞


外気は風が吹き
真冬を感じさせられる寒さです
防寒対策は必須!





2:00

トモエ館に到着
ここからは須走口ルートと合流地点
ますます渋滞が酷くなる。








土曜日の早朝
弾丸登山は現在自粛なので
この渋滞の登山者達の殆どは
宿泊者と思われます。
そうなると、平日の金曜に入山

自分も混雑を避ける為、
有給を頂き平日(金)に
入山したのですが、
想定外の渋滞でした。

休日や8月の本シーズンに入る
更に渋滞が酷くなると考えられますので

富士山・御来光を目的とさせれる方は
十分注意して下さい。







御来光館
2:20分に通過







登山道
渋滞の様子






9合目を過ぎた辺りから
渋滞の進む速度が遅く成ります







この辺まで来ると
高山病・疲れ等で休んでいる方が増え
殆ど前へ進みません・・・・


前回の御来光は
渋滞にて9合目だったので今回こそ!
山頂で御来光!

思っていたのですが、
今回もダメか・・・・・
と諦めかけた瞬間

監視員の方が拡声器で

遅い方は左側に寄って
右側を開けて下さいとアナウンス

ラッキー
登山道の右側が開いてくる!!

もう、
スミマセン・スミマセンと
言いながら先を進め
(空気が薄く、かなり心臓が
バクバクしたいたが)



何とか
3:45に山頂に到着しました!
良かった







吉田口ルート

富士山ホテルより山頂までの
カシミール標高グラフ

所要時間2:03
(9合目より追い抜きを実施)

沿面距離 1,727m

累積標高差 +426m
累積標高差  -64m






カシミール地図より



シーズン中は
もっと時間が掛かると思われます



4:14
富士山の御来光を拝む最適な場所




大日岳(朝日岳)に到着

山頂八峰の紹介

剣ヶ峰3776m、白山岳(釈迦ヶ岳)3756m、
久須志岳(薬師ヶ岳)3740m
朝日岳(大日岳)3750m、伊豆ヶ岳(阿弥陀岳)3750m、
成就ヶ岳(勢至ヶ岳)3733m、
駒ヶ岳(浅間ヶ岳)3715m、
三島岳(文珠ヶ岳)3740







大日岳(朝日岳)周辺より

久須志神社や山口屋等の山小屋の景観
そして八ヶ岳



この地点で
御来光を待つが

とても寒い・・・・・
早く出て来いと願いながら、
寒さと格闘





下界一面が雲海
段々、空が赤くなり夜明けが近い!









気が付くと
周囲には、沢山の御来光を待つ
登山者達で賑わっている。








夜明けが近い
ドキドキ

皆さん立ち上がる






4:48
御来光


しかし
太陽は雲の向こう

残念

この地点で
周囲の元気な方は
万歳・万歳と叫んでいる!!




確かに万歳であるが



4:52

雲の隙間から
太陽が顔を出し





しばらくすると
眩しい輝きが!


美しい


今回は
少し御来光の時間が遅れましたが
最高の感動を頂きました


感謝



そして眼下には
雲海












御来光を堪能し
お鉢巡りを開始


先ずは成就岳(3733m)に登ります。
そこには

世界人類が平和でありますように

の標識がありました。




お針巡り




沿面距離 2.805km

累積標高プラス +175m
累積標高差マイナス -178m

所要時間(滞在) 1時間46分






成就岳(3733m)より
大内院
そして富士山・最高地点
剣が峰(3776m)を撮影

正に
大迫力である!







成就岳より
眼下の宝永山を撮影











しばらく
進み再度
宝永火口と宝永山を撮影





この日は好天候より
頂上浅間大社奥宮(剣ヶ峰)
コースは渋滞してました。






5:28

頂上浅間大社奥宮も沢山の参拝者で賑わい
列が出来てました。








参拝を済ませ
富士山の最高地点で
ある剣ヶ峰を目指す
最後の登り

「馬の背」

を登ります。
この登りが
また辛い!

頑張って登り



馬の背
場所を確認









6:02

馬の背を登り切るが、
もう少し先の剣ヶ峰の最高地点まで渋滞している

どうも
剣ヶ峰の石碑と撮影する方の渋滞らしい

自分は
記念撮影は余り興味がないので
渋滞を気にせず
剣ヶ峰へ





6:05

剣ヶ峰に到着

他人が写ってますが
剣ヶ峰の石碑です

沢山の方で賑わっているので
日本最高峰富士山剣ヶ峰の石碑の
単体や、石碑と一緒に写す
記念撮影は困難だと思われますが

時間と粘りが有れば
なんとか成ると思われます。









剣ヶ峰を過ぎてから、
残雪の影響など時期に応じて
お鉢巡りをせず、
引き返す事も有りますが、
幸い白山岳方面(お鉢巡りコース)の
除雪が済んでいたので、
そのまま、白山岳方面へ
お鉢巡りを続けました。






剣ヶ峰を過ぎてから、しばらく進んで後ろを振り向き
剣ヶ峰(富士山気象観測所)を撮影した物です。









道中 南アルプス方向には、とても綺麗な影富士が!





影富士と一緒に撮影した
南アルプスの山並
丸で囲んだ部分が撮影されてます。


影富士は
くっきり影が雲に描写
剣ヶ峰までも影として現れてます!







影富士、そして南アルプス・八ヶ岳を堪能する
お鉢巡りをする登山者達

最高の贅沢である。






そして、もう少し進むと

八ヶ岳
そして、金峰山や甲武信ヶ岳
などの奥秩父山塊が雲海から
顔を出す!





雲海から顔を出した地点を
丸か囲みました。



(吉田ルートより)
このページをご覧の方は

富士山お鉢巡りの詳細は
こちらへ







6:44

下山

ブル道(須走口下山道)から下山します。





登りは、急勾配だか
下山はジグザグ
緩やかな傾斜を下ります

但し
砂埃が舞い上がり
快適な環境とは言えない・・・・








砂走ルート
下山
吉田ルート
下山・まとめ


須走ルートより 吉田ルートより

登山ホーム

各富士山コース紹介

須走口登山道・はじめに

長田山荘→見晴館

見晴館→剣ヶ峰・
御来光・お鉢巡り


2013版 御来光・お鉢巡

下山ルート・砂走り

朝霧高原・上空より富士山
百名山データー一覧


登山ホーム

はじめに・アクセル

五合目→安全指導センター

安全指導センター→鳥居荘

七合目鳥居荘→
八合目富士山ホテル


富士山ホテル→富士山
御来光


吉田下山ルート・まとめ

富士山ホーム


富士山カテゴリー

富士山ホーム  吉田ルート  須走ルート   御殿場ルート 富士宮ルート  ご来光 
 サイトマップ
もくじ
富士山
知っておく事 
 富士山
事故例
富士山を眺める
低山 
 富士山
やまつみ模型
 







最新情報はこちらが便利です。























newpage360.htmlへのリンク